ここからサイトの主なメニューです

廃校施設活用状況実態調査の結果について

平成26年11月13日

 文部科学省では、廃校の発生数とその活用状況を把握するため、「廃校施設活用状況実態調査」を実施しています。このたび、平成26年5月1日現在の状況を取りまとめましたので、公表します。

1.調査の概要

 1)調査対象:全国の公立の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校

 2)調査項目:廃校の数、活用の状況、活用に向けた検討の状況

 3)調査時点:平成26年5月1日現在 ※前回調査は平成24年5月1日現在

2.結果の概要

 1)廃校発生数【資料1・2】

   ・平成24年度  598校
   ・平成25年度  482校

 2)廃校の活用状況【資料3・4】

   ・平成14年度から平成25年度に発生した廃校の数  5,801校

施設が現存している廃校の数

5,100校

 

 

活用されているもの

3,587校

70.3%

活用されていないもの

1,513校

(29.7%)

 

活用の用途が決まっている

302校

(5.9%)

活用の用途が決まっていない

1,081校

21.2%

取壊しを予定

130校

(2.6%)

    (活用の例)
      地域の体育館、公民館、体験交流施設、老人ホーム、保育所、工場やオフィス

    (活用の用途が決まっていない主な理由)
      地域等からの要望がない(47.4%)、施設が老朽化している(35.4%)

発表資料

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設助成課

振興地域係
電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-2464(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(大臣官房文教施設企画部施設助成課)

-- 登録:平成26年11月 --