ここからサイトの主なメニューです

「第14回全国障害者スポーツ大会」の開催について

平成26年10月31日

文部科学省、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、長崎県、開催地市町等は、平成26年11月1日(土曜日)~3日(月曜日・祝日)の3日間にわたり、長崎県内各地で「第14回全国障害者スポーツ大会」を開催しますのでお知らせいたします。

1.目的

 全国障害者スポーツ大会は、障害のある選手が競技を通してスポーツの楽しさを体験するとともに、国民の障害に対する理解を深め、障害者の社会参加の推進に寄与することを目的とした障害者スポーツの全国的な祭典です。
 本大会は、本年度から、厚生労働省に替わり文部科学省に移管され、移管後初めて主催する大会となります。

2.会期

平成26年11月1日(土曜日)~3日(月曜日・祝日)

3.主催

 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、文部科学省、長崎県、長崎市、佐世保市、島原市、諫早市、大村市、長与町、時津町、社会福祉法人長崎県社会福祉協議会、一般社団法人長崎県身体障害者福祉協会連合会、一般社団法人長崎県手をつなぐ育成会、一般社団法人長崎県知的障がい者福祉協会、長崎県精神障害者団体連合会、長崎県精神障害者家族連合会、長崎県障害者スポーツ協会、公益財団法人長崎県体育協会

4.愛称

 「長崎がんばらんば大会」
 全国から集まる選手も観客も、そしてスタッフもお互いがんばろうという、応援する言葉で表現しています。

5.スローガン

 第69回国民体育大会と同様、「君の夢 はばたけ今 ながさきから」で、選手の夢、スタッフの夢、みんなの夢が、平和の象徴である鳩のように空高く羽ばたいて実現するように、との願いを込めています。

6.実施競技

(1)個人競技(6競技)
  陸上競技、水泳、アーチェリー、卓球(サウンドテーブルテニスを含む)、フライングディスク、ボウリング
(2)団体競技(7競技)
  バスケットボール、車椅子バスケットボール、ソフトボール、グランドソフトボール、フットベースボール、バレーボール、サッカー
(3)オープン競技(2競技)
  視覚障害者ボウリング、ふうせんバレーボール

 

 ※ 実施競技の概要については、以下のサイトを御覧ください。
  実施競技-2014長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会(※長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会公式ウェブサイトへリンク)

7.式典

 開会式 11月1日(土曜日)

 閉会式 11月3日(月曜日・祝日)

 会場  長崎県立総合運動公園陸上競技場


 開会式には皇太子殿下、閉会式には高円宮妃殿下が御臨席されます。

 また、丹羽文部科学副大臣が開会式に出席します。

お問合せ先

スポーツ・青少年局スポーツ振興課障害者スポーツ振興室

(スポーツ・青少年局スポーツ振興課障害者スポーツ振興室)

-- 登録:平成26年10月 --