ここからサイトの主なメニューです

実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議(第1回)の開催について

平成26年9月30日

 教育再生実行会議「今後の学制等の在り方について(第五次提言)」(平成26年7月3日)を踏まえ、社会・経済の変化に伴う人材需要に即応した質の高い職業人を育成するとともに、専門高校卒業者の進学機会や社会人の学び直しの機会の拡大に資するため、実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に向けて検討を行う有識者会議を以下のとおり開催することとなりましたので、お知らせします。

1.日時

平成26年10月7日(火曜日) 10時00分~12時00分

2.場所 ※報道発表後に、場所を変更いたしました(平成26年9月30日)。

中央合同庁舎第4号館 1階 全省庁共用108会議室

3.議題

(1) 実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化について
(2) その他

4.傍聴

・ 本会議の冒頭は人事に係る案件のため非公開とし、傍聴者は10時10分頃以降に入場が可能となる予定です。
・ 傍聴を希望される方は、10月3日(金曜日)18時までに、右記メールアドレス「syokugyo@mext.go.jp」まで登録をお願いします。その際、件名に「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の制度化に関する有識者会議(第1回)傍聴希望」と明記の上、名前(ふりがな)、所属(原則として1団体につき1名)、連絡先(電話番号)を記入してください。
・ 受付期間を超えて届いたものは、登録できませんので御留意ください。
・ 席に限りがございますので、傍聴を希望される方が多数の場合には、傍聴を制限する場合があります。あらかじめ御了承ください。なお、傍聴できない方に対しては、御連絡をさせていただきます。
・ また、会議の撮影、録画又は録音を希望される方は、傍聴の登録の際に、撮影等の希望及び報道等の撮影等の目的を併せて記載してください。
・ 特にカメラ撮りを希望される場合には、頭撮りのみか議事の撮影を希望するかについても記載してください。

 

(留意事項)
・ 会議の傍聴に当たっては、次の留意事項を遵守してください。これらをお守りいただけない場合は、退場していただくことがあります。
 (1)建物内では、会議場等以外の関係のない場所に立ち入ることはできません。
 (2)携帯電話、PHS等の電源は、必ず切って傍聴してください。
 (3)座長が許可した場合を除き、会議開始後に入室、撮影、録画及び録音をすることはできません。
 (4)静粛を旨とし、審議の妨害になるような行為は慎んでください。
 (5)会場における言論に対して賛否を表明し、又は拍手をすることはできません。
 (6)会議の開会前後を問わず、会場内において、会議関係者等に対する陳情、要請等はお断りいたします。
 (7)飲食、喫煙又は新聞若しくは書籍等の閲読は御遠慮ください。
 (8)傍聴中の入退室は、やむを得ない場合を除き慎んでください。
 (9)その他、秩序を乱す恐れがあると認められる方の傍聴はお断りいたします。
 (10)司会及び事務局職員の指示に従うようお願いいたします。

5.その他

※議題・進行順序については変更する可能性があります。

お問合せ先

生涯学習政策局参事官(連携推進・地域政策担当)付企画係

電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3406)

高等教育局高等教育企画課法規係

電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3341)

(生涯学習政策局参事官(連携推進・地域政策担当)付、高等教育局高等教育企画課)

-- 登録:平成26年09月 --