ここからサイトの主なメニューです

平成26年「宇宙の日」全国小・中学生作文絵画コンテストの結果について

平成26年9月12日

9月12日は「宇宙の日」です。この「宇宙の日」の記念行事として実施している、全国小・中学生作文絵画コンテストの結果についてお知らせします。

1.概要

 「宇宙の日」の記念行事として、“宇宙開発”の普及啓発を行うとともに、好奇心・創造力を育成することを目的として、例年、全国の小・中学生作文絵画コンテストを実施しています。
 本年は「宇宙たんけん」をテーマとして、全国各地の科学館・博物館(71館)において、作文・絵画を募集しました。応募期間、応募総数は以下のとおりです。

応募期間

平成26年4月25日~平成26年7月31日

応募総数

作文の部

小学生部門 805点
中学生部門 498点

絵画の部

小学生部門 15,443点
中学生部門 1,885点

 各科学館・博物館における最優秀作品を候補として審査を行い、文部科学大臣賞をはじめとした各主催者賞、特別賞、宇宙政策担当大臣賞を決定しました。詳細につきましては、別紙1をご参照ください。

2.表彰式

 平成26年9月14日(日曜日)に、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターにて、作文・絵画入選作品の表彰式を開催します。また、平成26年9月13日(土曜日)~12月28日(日曜日)の間、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センタープラネットキューブにて、受賞作品の展示会を開催します。詳細につきましては、別紙2をご参照ください。

(参考)「宇宙の日」

 1992年9月12日、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙へ飛び立ちました。この年は国際宇宙年(ISY)で、世界中が協力して宇宙のことを考え、地球環境について考えた年でもありました。日本でも、この国際宇宙年をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行おうと考え、一般の方々から「宇宙の日」を公募しました。その結果、毛利衛宇宙飛行士の飛び立った日が選ばれ、以後、9月12日は「宇宙の日」として定着しました。ちなみに92年の読み方と9月12日の読み方は同じ九十二で、日本語の語呂合わせにもなっています。

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課宇宙利用推進室

電話番号:03-6734-4156

(研究開発局宇宙開発利用課宇宙利用推進室)

-- 登録:平成26年09月 --