ここからサイトの主なメニューです

「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」学生ボランティアの採用について

平成26年9月9日

 このたび、文部科学省は、平成26年11月に我が国で開催される「持続可能な開発のための教育(ESD※)に関するユネスコ世界会議」(国連教育科学文化機関(ユネスコ)と日本政府の共催)の運営を補助する学生ボランティアを募集し、採用者を決定したのでお知らせします。
 
※ ESDとは、Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)の略称

1.本ボランティアの目的

 各国の代表団が集う閣僚級会合及び全体取りまとめ会合(愛知県名古屋市)に出席する各代表団に対して学生ボランティアを随行させ、国際会議に携わる機会を提供することにより、国際的人材の育成に寄与するとともに、若い世代へのESDの普及・促進を図る。

2.募集・選考状況

(1)募集状況
平成26年5月20日(火曜日)から月6月30日(月曜日)にかけて募集を行ったところ、定員200名のところ576名の応募があった。

(2)選考状況
平成26年8月に全国各地で面談会を実施し、高い英語力、異文化間での協調性、コミュニケーション能力、ホスピタリティーマインドを持つ等、グローバルな環境において十分に活躍できる者の選考を行い、200名の採用を決定した。

【参考】
 1 地域別採用人数
  ・東北   5名 ・関東  78名 ・北陸      6名
  ・東海   86名  ・近畿    18名 ・中国・四国    3名
  ・九州     3名  ・国外      3名
 2 男女比
  ・男性 55名( 27%) ・女性 147名( 73%)

3.今後の予定

 学生ボランティアは10月に活動内容や接遇マナー等について研修を受ける。会議期間中は各国代表団と英語でコミュニケーションをとりながら会議スケジュールや会議場内の案内、代表団からのリクエストの伝達等のアテンド活動を行う予定。

お問合せ先

国際統括官付 ESDユネスコ世界会議準備室

担当:吉澤、二村
電話番号:03-6734-4962

-- 登録:平成26年09月 --