ここからサイトの主なメニューです

大学等におけるジャーナル環境の整備と我が国のジャーナルの発信力強化の在り方について~ジャーナル問題に関する検討会報告書~

平成26年8月26日

 文部科学省では、研究振興局長のもとに、平成26年3月よりジャーナル問題に関する検討会(主査:浅島誠 独立行政法人日本学術振興会理事)を設置し、論文発表の場である学術雑誌(ジャーナル)に関して、我が国が直面している課題等についての検討を行い、このたび報告書を取りまとめましたので、お知らせいたします。

1. 背景

  • 学術研究の成果が論文として掲載される学術雑誌(ジャーナル)は、研究の推進や成果の社会での応用を実現する上で、必要不可欠な情報資源です。
  • 我が国では、学協会がジャーナル刊行・流通を海外の有力出版社に依存しているケースが多く、また、研究者は評価を得るために、論文を海外中心の国際的なジャーナルに投稿せざるを得ないという問題があります。そのため、日本のジャーナル強化と海外ジャーナルの国内利用環境の整備は重要な政策的課題になっています。
  • 特に、今般、ジャーナルは、購読価格の継続的な上昇、為替変動(円安)の影響に加えて、消費税課税の可能性が高まり、大学等ではアクセス環境を予算的に維持することが難しくなってきており、ジャーナルの長期的な維持及び発展について本質的に考え直す必要があるとの判断から検討を行うこととしました。

2. 報告書の内容

本検討会では、直面する問題として、1)大学等のジャーナル価格上昇への対応、2)世界的に進むオープンアクセスへの取組、3)日本の競争力強化のためのジャーナル強化に関し、現状及び今後の課題と対応の方向性についてまとめています。

お問合せ先

研究振興局参事官(情報担当)付学術基盤整備室

小野、清水
電話番号:03-6734-4079
ファクシミリ番号:03-6734-4077
メールアドレス:jyogaku@mext.go.jp(コピーして利用する際は全角@マークを半角@マークに変えて御利用ください)

(研究振興局参事官(情報担当)付学術基盤整備室)

-- 登録:平成26年08月 --