ここからサイトの主なメニューです

国際物理オリンピック参加生徒の成績について

平成26年7月20日

 文部科学省では、独立行政法人科学技術振興機構を通じて、国際的な科学技術コンテストに参加する若者を支援する事業を実施しておりますが、このたび、カザフスタン(アスタナ)で開催された「第45回国際物理オリンピック」に参加した生徒が、銀メダル等を獲得したとの連絡を受けましたので、報告いたします。
(共同発表:特定非営利活動法人物理オリンピック日本委員会)

1.受賞状況

銀メダル4名、銅メダル1名

2.参加者

5名の高校生

3.受賞者詳細

 親川 晃一(おやかわ こういち)さん

 大阪星光学院高等学校(大阪府)3年(18歳)

 銀メダル

 杉浦 康仁(すぎうら やすひと)さん

 開成高等学校(東京都)3年(17歳)

 銀メダル

 濱田 一樹(はまだ かずき)さん

 灘高等学校(兵庫県)2年(16歳)

 銅メダル

 林 達也(はやし たつや)さん

 岐阜県立岐阜北高等学校(岐阜県)3年(17歳)

 銀メダル

 丸山 義輝(まるやま よしき)さん

 宮崎県立宮崎西高等学校(宮崎県)3年(17歳)

 銀メダル

(氏名の50音順にて掲載)
(年齢は本大会終了日時点のもの)

4.参加国数/人数

85か国・地域/383名

5.場所/期間

カザフスタン(アスタナ)/平成26年7月13日(日曜日)~21日(月曜日)

6.派遣機関

特定非営利活動法人物理オリンピック日本委員会

<参考資料>

◆大会概要

  • 国際物理オリンピックは1967年にポーランドにて第1回大会が開催された。
  • 2014年のカザフスタン大会は、45回目。
  • 日本は、2006年から参加を開始し、毎年5名の生徒を派遣。本年は9回目の参加。
  • 昨年のデンマーク大会は、81か国・地域、374名の生徒が参加し、日本の成績は銀メダル2名、銅メダル3名であった。
  • 本年のカザフスタン大会には、85か国・地域から383名の生徒が参加。日本は銀メダル4名、銅メダル1名であった。
  • 来年(2015年)はインドで7月5日~12日に開催されることが決定。また、2022年には、第53回国際物理オリンピックが日本で開催される予定。

◆日本代表選手の日程

 7月12日(土曜日)

 成田出発

 7月13日(日曜日)

 カザフスタン(アスタナ)到着、大会登録

 7月14日(月曜日)

 開会式

 7月15日(火曜日)

 理論問題試験

 7月16日(水曜日)

 エクスカーション

 7月17日(木曜日)

 実験問題試験

 7月18日(金曜日)

 エクスカーション

 7月19日(土曜日)

 エクスカーション

 7月20日(日曜日)

 閉会式

 7月21日(月曜日)

 カザフスタン(アスタナ)出発

 7月22日(火曜日)

 成田到着

◆参加生徒とその居住地

 

 居住地

 親川 晃一(おやかわ こういち)さん

 大阪星光学院高等学校(大阪府)3年(18歳)

 銀メダル

 大阪府

 杉浦 康仁(すぎうら やすひと)さん

 開成高等学校(東京都)3年(17歳)

 銀メダル

 茨城県

 濱田 一樹(はまだ かずき)さん

 灘高等学校(兵庫県)2年(16歳)

 銅メダル

 兵庫県

 林 達也(はやし たつや)さん

 岐阜県立岐阜北高等学校(岐阜県)3年(17歳)

 銀メダル

 岐阜県

 丸山 義輝(まるやま よしき)さん

 宮崎県立宮崎西高等学校(宮崎県)3年(17歳)

 銀メダル

 宮崎県

(「居住地」は保護者宅の所在地)

 

 

◆国際物理オリンピックにおける過去3年間の日本代表の成績

2011年(第42回)タイ大会
 金メダル3名、銀メダル2名
 (参加規模:85か国・地域、393名)

2012年(第43回)エストニア大会
 金メダル2名、銀メダル3名
 (参加規模:81か国・地域、378名)

2013年(第44回)デンマーク大会
 銀メダル2名、銅メダル3名
 (参加規模:81か国・地域、374名)

◆「国際物理オリンピック(International Physics Olympiad)」について

 国際物理オリンピックは、1967年にポーランドのワルシャワで第1回大会が開催された物理の国際的なコンテスト。参加資格は、20歳未満でかつ大学などの高等教育を受けていないこととされている。各国から高校生等が参加し、物理学に対する興味関心と能力を高め合うとともに、国際的な交流を通じて参加国における物理教育を一層発展させることを目的としている。科学・技術のあらゆる分野において増大する物理学の重要性、また次代を担う青少年の一般的教養としての物理学の有用性を鑑み、開催国を持ち回りとして毎年開催されている。成績優秀者には金メダル(参加者の約8%)、銀メダル(同17%)、銅メダル(同25%)が与えられる。
 各国内で選抜された最大5名の代表選手たちが、リーダーやオブザーバーからなる引率役員とともに参加する。九日間という長い会期の間、選手は理論問題・実験問題にそれぞれ5時間をかけて挑戦するほか、開催国の文化に触れる様々なイベントに参加することを通じて、他の国々からの参加者や主催者と国際的な交流を深める。引率役員は、試験問題についての討論会に参加し、自国語への翻訳作業や試験結果についての調整などを担う。各国の引率役員が理科教育推進のための国際的なネットワークを形成し、自国の理科教育を国際標準に照らして見直す良い機会ともなっている。

◆全国物理コンテスト「物理チャレンジ」について

 「物理チャレンジ」は、大学等に入学する前の青少年を対象として物理の持つ面白さと楽しさを体験してもらうことを目的とする全国規模のコンテストで、国際物理オリンピック日本代表選考を兼ねている。
 「物理チャレンジ」は、二つの段階から構成されており、一段階目の「第1チャレンジ」は、「理論問題コンテスト」と「実験課題レポート」からなる。理論問題コンテストは全国各地の会場で実施され、また実験課題レポートは参加者が自宅や学校で課題実験に取り組み、そのレポートを郵送で提出するものである。二段階目の「第2チャレンジ」は、第1チャレンジの総合成績により選抜された約100名が、夏休みに一堂に会する3泊4日の合宿形式のコンテストである。理論問題と実験問題についてそれぞれ5時間の試験を実施する。ここでは成績上位6名に金賞、続く12名に銀賞、続く12名に銅賞、更に続く約20名に優良賞等を授与する。
 第2チャレンジで優秀な成績をおさめた参加者から、翌年の国際物理オリンピックへの参加資格を持つ日本代表候補者を10名程度選出し、7か月間にわたる通信添削、実験実習、冬休み及び春休みの合宿研修等の教育研修を実施したのち、最終選考を行い5名の日本代表を決定する。
 なお、第2チャレンジは、国際物理オリンピックを模した合宿形式のメリットを生かし、コンテストばかりでなく第一線の研究者との対話や先端研究施設の見学を実施し、参加者同士並びに参加者と実行委員(物理学研究者)との交流を深める機会を設け、物理に興味を持つ若者にとって充実した四日間となる構成としている。今年は8月19日から岡山県で開催される。

◆参考資料に関するお問合せ先◆  

特定非営利活動法人物理オリンピック日本委員会 事務局 菊池 祥子
電話番号:03-5228-7406
物理オリンピック日本委員会ホームページ(※物理オリンピック日本委員会ウェブサイトへリンク)

お問合せ先

文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課

助川、三瓶、小野
電話番号:03-6734-4191

(文部科学省科学技術・学術政策局人材政策課)

-- 登録:平成26年07月 --