ここからサイトの主なメニューです

「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成26年版科学技術白書)について

平成26年6月20日

 本日、「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」、いわゆる科学技術白書が閣議決定されました。

概要

  1. 「平成25年度科学技術の振興に関する年次報告」は、科学技術基本法(平成7年法律第130号)第8条の規定に基づき、科学技術の振興に関して講じた施策について報告を行うものです。本年次報告は、本日閣議決定され、国会に報告されることになりました。
  2. 本年次報告は2部構成であり、第1部では科学技術に係る重要な施策の動向を取りあげ、第2部では平成25年度に科学技術の振興に関して講じられた施策について、第4期科学技術基本計画(平成23年8月19日閣議決定)に沿って記述しています。
  3. 第1部では、「可能性を最大限に引き出す人材システムの構築 ~ 『世界で最もイノベーションに適した国』へ ~ 」と題し、科学技術イノベーションの担い手である「人材」に着目し、国内外の社会経済の状況変化や人材に関する現状等を踏まえ、人材力強化の基本的方向性を示すとともに、その実現に向けて、現在の取組や課題を分析・整理し、今後の具体的取組の方向性を明らかにしています。
  4. また、冒頭特集として「科学技術を通じた東日本大震災からの復旧・復興の取組」及び「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年を目標とした科学技術に関する展開」について取りまとめています。

白書の詳細については、以下を御参照ください。

お問合せ先

科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(制度改革・調査担当)

(科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(制度改革・調査担当))

-- 登録:平成26年06月 --