ここからサイトの主なメニューです

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」の改正について(平成26年2月18日)

平成26年2月18日

 文部科学省では、本日、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)の改正を行いましたので、お知らせします。

1.改正趣旨

 平成25年9月の「研究における不正行為・研究費の不正使用に関するタスクフォース」中間取りまとめの基本方針である
  1.不正を事前に防止するための取組
  2.組織としての管理責任の明確化
  3.国による監視と支援
や、昨今の研究不正の発生要因も考慮した、現行ガイドラインの具体化・明確化を含めた改正を行った。

2.ガイドラインの対象機関

 文部科学省又は文部科学省が所管する独立行政法人から配分される競争的資金を中心とした公募型の研究資金の配分を受ける機関

3.運用開始時期

 平成26年度から運用を開始し、間接経費の削減等の措置については、平成26年度当初予算以降(継続も含む)における競争的資金制度を対象とする。

※詳細(以下のリンクを御覧ください。)

お問合せ先

研究振興局振興企画課

-- 登録:平成26年02月 --