ここからサイトの主なメニューです

「平成24年度科学技術の振興に関する年次報告」(平成25年版科学技術白書)について

平成25年6月25日

 本日、「平成24年度科学技術の振興に関する年次報告」、いわゆる科学技術白書が閣議決定されました。

<概要>

  1. 「平成24年度科学技術の振興に関する年次報告」は、科学技術基本法(平成7年法律130号)第8条に基づき、政府が科学技術の振興に関して講じた施策について報告を行うものです。本年次報告は、本日閣議決定され、国会に報告されることになりました。
  2. 全体は2部構成であり、第1部は「イノベーションの基盤となる科学技術」と題し特集を組み、第2部は、平成24年度に政府が講じた施策を、第4期科学技術基本計画の枠組みに沿って取りまとめております。
  3. 新政権では、金融政策・財政政策・成長戦略という三本の矢を掲げて、「強い日本」に向けて改革が進んでおります。この三本の矢の一つである成長戦略の重要な柱がイノベーションであり、「世界で最もイノベーションに適した国」を創り上げることを目標に掲げています。このためには、科学技術の成果を基盤に新たな価値を創造し、新産業や雇用機会を創出するイノベーションの実現を図っていくことが重要です。
     こうした状況を踏まえて、第1部においては、我が国の科学技術政策を取り巻く動向を概観し、我が国の科学技術に関する課題を指摘し、我が国の科学技術政策の改革の方向性について示しています。

白書の詳細については、以下を御参照ください。

お問合せ先

科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(調査・評価担当)

(科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付(調査・評価担当))

-- 登録:平成25年06月 --