ここからサイトの主なメニューです

インテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)参加生徒の成績について

平成25年5月18日

 文部科学省では、独立行政法人科学技術振興機構を通じて、国際的な科学技術コンテストに参加する若者を支援する事業を実施しておりますが、このたび、アメリカ合衆国(アリゾナ州フェニックス)で開催された「インテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF)2013」に参加した生徒が、部門最優秀賞等を獲得したとの連絡を受けましたので、報告いたします。

1.受賞状況

優秀賞1等及び部門最優秀賞1組、特別賞(米国物理探査学会賞及び米国音響学会賞佳作)1組

2.参加者

6組8名の高校生等

3.受賞者詳細

 【個人研究】

 田中 堯(たなか ぎょう)さん

 千葉県立千葉高等学校(千葉県)2年(16歳)

 千葉県

   テーマ:「微小貝は古環境指標として有用か」

   受賞内容:地球惑星科学部門 優秀賞1等及び同部門最優秀賞(※)

 ※部門最優秀賞受賞は日本人初

 【チーム研究】

 佐藤 友彦(さとう ともひこ)さん

 広島県立府中高等学校(広島県)3年(17歳)

 広島県

 四茂野 貴大(よもの たかひろ)さん

 筑波大学(茨城県)1年(18歳)

 広島県

   テーマ:「動く棒が水面に描く波模様の研究」

   受賞内容:物理学・天文学部門 米国物理探査学会賞及び米国音響学会賞佳作

 (氏名の50音順にて掲載)
(年齢は本大会終了時点のもの)

4.参加国数/人数

70以上の国・地域/約1,600名

5.場所/期間

アメリカ合衆国 (アリゾナ州フェニックス)/
2013年5月12日(日曜日)~17日(金曜日)(米現地時間)

6.派遣機関

朝日新聞社、読売新聞社

<参考資料>

◆大会概括

  • インテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF=Intel International Science and Engineering Fair)は1950年に米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにて第1回大会が開催された。以降、米国で毎年開催されており、2013年は64回目。
  • 日本は、1958年から参加を開始し、本年は55回目の参加。
  • 昨年のペンシルベニア州ピッツバーグ大会は、68か国・地域、1,549名の生徒が参加し、日本の成績は特別賞佳作1組であった。
  • 本年は、70以上の国・地域から約1,600名の生徒が参加。日本からは6組8名の生徒が参加し、優秀賞1等及び部門最優秀賞1組1名、特別賞(米国物理探査学会賞及び米国音響学会賞佳作)1組2名であった。

◆日本代表団の日程(日本時間)

 2013年5月12日(日曜日)

 成田出発

 2013年5月13日(月曜日)

 フェニックス到着、ピンバッジ交換会

 2013年5月14日(火曜日)

 展示ブース検査、オープニングセレモニー

 2013年5月15日(水曜日)

 ノーベル賞受賞者パネルディスカッション

 2013年5月16日(木曜日)

 ポスター発表形式による審査会

 2013年5月17日(金曜日)

 会場一般公開、特別賞表彰式

 2013年5月18日(土曜日)

 優秀賞表彰式

 2013年5月19日(日曜日)

 フェニックス出発、成田到着

 

◆インテル国際学生科学技術フェアにおける過去3年間の日本代表の成績

2010年(第61回 カリフォルニア州サンノゼ大会)
 3等1組、4等2組(参加規模:59か国・地域、1,611人)

2011年(第62回 カリフォルニア州ロサンゼルス大会)
 3等1組、4等1組(参加規模:65か国・地域、1,546人)

2012年(第63回 ペンシルべニア州ピッツバーグ大会)
 特別賞佳作1組(参加規模:68か国・地域、1,549人)

◆インテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF=Intel International Science and Engineering Fair)について

(1)沿革

  • インテル国際学生科学技術フェア(Intel ISEF=インテル アイセフ)は1950年に米国ペンシルベニア州フィラデルフィアで第1回大会を開催。以降、米国で毎年開催。2013年5月12日~17日に開催したフェニックス大会は64回目となる。
  • 日本は、1958年から国際大会に参加。2013年大会は55回目。

(2)試験方法

  • 自由研究の成果をまとめた展示パネルを使用し、審査員の口頭試問を受ける。審査は研究の課題設定、計画と手法、実施、創造性、プレゼンテーションを基準に行われる。

(3)各賞

  • 研究分野別に設定された17の部門それぞれに、1等賞(First Award)から4等賞(Fourth Award)までの優秀賞(Grand Award)が選出される。優秀賞配分率は、1等3%、2等6%、3等9%、4等11%となっている。
  • 優秀賞以外にも、約70の企業、学会、政府団体などが様々な特別賞(Special Award)を設けている。

(4)参加資格・参加枠

  • 研究実施当時高校生又は同等の学校・学年に在籍する者。
  • 主催者が指定する地域大会(※)ごとに参加枠が定められている。
     ※日本において指定された大会は、「高校生科学技術チャレンジ(JSEC)」(主催:朝日新聞社、テレビ朝日)及び「日本学生科学賞」(主催:読売新聞社)の2大会で、各3組6名(個人又はチーム構成)までが参加枠となっている。

◆高校生科学技術チャレンジ(JSEC=Japan Science & Engineering Challenge)について

 高校生科学技術チャレンジ(JSEC=ジェイセック)は、高校生と3年生までの高等専門学校生を対象に全国から直接、科学自由研究を募集し、大学教授を中心とする専門家による審査を行うコンテスト。朝日新聞社が2003年に創設した。中等教育における理科教育の増進に資することで我が国の科学技術水準向上を目指し、また、自発的に考えて課題を解決する力を、若い世代に身につけてもらうことを目的としている。加えて、国際競争力のある人材を育成するために、上位入賞者を米国で開催される国際大会「Intel ISEF」に派遣し、世界に視野を広げた活躍を促進していく。
 今年度は高校生科学技術チャレンジから以下の生徒を選抜し、Intel ISEFに派遣。

 【個人研究】

 橘 智子(たちばな ともこ)さん

 津山工業高等専門学校(岡山県)4年(18歳)

 兵庫県

   テーマ:「複素ピタゴラス数の構造について」

   部門:数学

 矢倉 大夢(やくら ひろむ)さん

 灘高等学校(兵庫県)2年(16歳)

 大阪府

   テーマ:「Androidにおける機械学習を用いた新たなマルウェア検知システム」

   部門:コンピューター科学


 【チーム研究】

 田中 千聡(たなか ちさと)さん

 長崎県立長崎西高等学校(長崎県)3年(18歳)

 長崎県

 村上 大祐(むらかみ だいすけ)さん

 長崎県立長崎西高等学校(長崎県)3年(17歳)

 長崎県

   テーマ:「ゾウミジンコの走性に関する研究」

   部門:動物科学

 (「居住地」は保護者宅の所在地)
(氏名の50音順にて掲載)
(年齢は本大会終了時点のもの)


 

◆日本学生科学賞について

 1957年にスタートした日本学生科学賞は、読売新聞社が半世紀を超えて主催してきた日本で最も伝統のある科学コンクール。日本の中学・高校の理科教育を草の根で支え、戦後の復興を担う若者の科学水準を向上させるのが目的で、多くの科学者や研究者を輩出してきた。物理、化学、生物、地学、広領域、情報科学の各分野で研究作品を募集し、最も優れた作品には内閣総理大臣賞が授与される。世界の流れや時代の流れも常に意識し、ISEFには賞発足翌年の1958年から代表を派遣し続けており、過去の受賞数も多い。身の回りの小さな疑問から、教科書に書かれている学説への疑問に至るまで、「科学する心」で解明しようと試みる研究作品を期待している。
 今年度は日本学生科学賞から以下の生徒を選抜し、Intel ISEFに派遣。


 【個人研究】

 高成 壯磨(たかなり そうま)さん

 北海道旭川東高等学校(北海道)3年(17歳)

 北海道

   テーマ:「NaCl型ボルタ電池の正極反応」

   部門:化学

 田中 尭(たなか ぎょう)さん

 千葉県立千葉高等学校(千葉県)2年(16歳)

 千葉県

   テーマ:「微小貝は古環境指標として有用か」

   部門:地球惑星科学


 【チーム研究】

 佐藤 友彦(さとう ともひこ)さん

 広島県立府中高等学校(広島県)3年(17歳)

 広島県

 四茂野 貴大(よもの たかひろ)さん(※)

 筑波大学(茨城県)1年(18歳)

 広島県

   テーマ:「動く棒が水面に描く波模様の研究」

   部門:物理学・天文学

 ※日本学生科学賞受賞当時は広島県立府中高等学校3年

 (「居住地」は保護者宅の所在地)
(氏名の50音順にて掲載)
(年齢は本大会終了時点のもの)


◆参考資料に関するお問合せ先

インテル株式会社/広報室 中村
電話番号:03-5223-9100
インテル株式会社ホームページ(※インテル教育支援のウェブサイトへリンク)

朝日新聞社/ブランド推進本部 宮田、金井
電話番号:03-5540-7903/FAX:03-3541-8999
朝日新聞社ホームページ(※高校生科学技術チャレンジのウェブサイトへリンク)

読売新聞社/事業開発部 山本、古賀、小野、大西
電話番号:03-5159-5886/FAX:03-5159-5878
読売新聞社ホームページ(※日本学生科学賞のウェブサイトへリンク)

お問合せ先

文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課

電話番号:03-6734-4191(直通)/03-5253-4111(内線3884、4193、4191)

(文部科学省科学技術・学術政策局基盤政策課)

-- 登録:平成25年05月 --