ここからサイトの主なメニューです

文部科学省広報企画イベントの実施について 「子どもたちの心の音-被災地 陸前高田・石巻・仙台より-」展示会

平成24年8月24日

 文部科学省では、東日本大震災に対する様々な復興支援に関する取組を進め、被災地での復興に向けた活動への支援や啓発等に取り組んでいます。
 このたび、“書で心を開く”被災地支援に取り組む「無敵プロジェクト」による被災地の子どもたちの書の展示を文部科学省広報スペースにおいて行いますので、お知らせします。

1 趣旨

 文部科学省では、文部科学行政に対して広く国民に理解いただくことを目的に、広報スペースを活用した展示や企画イベントを実施しており、その取組の一環として、今回は東日本大震災からの復興支援について取り上げるもの。

2 テーマ・概要

 「子どもたちの心の音-被災地 陸前高田・石巻・仙台より-」展示会

3 開催期間

 平成24年8月27日(月曜日)午前11時~9月21日(金曜日)午後5時
 ※9月4日(火曜日)、11日(火曜日)、18日(火曜日)に書の入れ替えを予定しています。

4 開催場所

 東京都千代田区霞が関3-2-2
 ○文部科学省(東館)2階エントランス広報スペース
 ※原則、月曜日~木曜日の開催。文部科学省に用務のため入館する方々が見学可能です。
 ○文部科学省(東館)庁舎前2階共用ロビー
 ※原則、金曜日の開催。どなたでも自由に見学いただけます。

5 開催体制

 ○主催:文部科学省
 ○協力:無敵プロジェクト
 「無敵プロジェクト」代表の矢野きよ実氏は、東日本大震災直後に日本赤十字社愛知県代表として被災地を視察、その際、全国の硯の生産シェア約90パーセントを誇る宮城県石巻市雄勝町を訪れたことを機に同プロジェクトを発足、被災地の小中学校を巡り、子どもたちや先生と一緒に書をかきながら、“心の声”を聞く活動を行っている。

6 展示内容

○展示作品数:被災地の子どもたちの書 約30作品
○展示方法:展示パネルを使用。開催期間中に書を入れ替えます。

7 取材等について

 展示風景の撮影及び内容等における取材を希望される方は、下記担当まで電話又はメールにてお知らせください。
 なお、本展示は、都合により、急遽、日程・内容・プログラム等を中止または変更する場合がありますので御了承ください。

<担当>
文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課
 課長補佐 山内 克也(内線3457)
 Tel.03-6734-3457(直通)Fax.03-6734-3281

文部科学省生涯学習政策局政策課
 専門職 林 大介(内線3406)
 Tel.03-6734-3464(直通)Fax.03-6734-3711

文部科学省大臣官房総務課広報室
 事業第二係長 荒井 寛(内線2170) 
 Tel.03-6734-2170(直通)Fax.03-3593-7163

 

展示会場1

展示会場2

展示会場3

展示会場4

 

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成24年08月 --