ここからサイトの主なメニューです

希少元素を用いない革新的な代替材料の創製を行う「元素戦略プロジェクト」の採択拠点決定

平成24年6月29日

 文部科学省において、今年度から開始する「元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>」について、採択拠点を決定しましたので、お知らせします。
 また、事業発足に伴い、7月23日(月曜日)に元素戦略シンポジウムを開催します。詳細及び参加申込み方法等につきましては、下記を御参照の上、御参加ください。

1.事業概要

(1)目的
 「元素戦略プロジェクト」では、我が国の資源制約を克服し産業競争力を強化するため、レアアースやレアメタル等を用いない、革新的な希少元素代替材料の創製を行います。

(2)推進体制
 本事業では、我が国の産業競争力に直結する4つの材料領域(磁石材料、触媒・電池材料、電子材料、構造材料)を対象に、それぞれ卓越した物質観を持った代表研究者の強力なリーダーシップの下、物質の機能を支配する元素の役割の理論的な解明から新材料の創製、特性評価までを、拠点を中核として形成する共同研究組織の密接な連携・協働によって一体的に推進します。

2.選定方法

 公募期間中(平成24年2月6日~3月26日)に応募があった提案に対し、審査検討会による書面審査及び面接審査の結果を踏まえ、文部科学省において採択拠点を決定しました。

3.採択拠点

(1)磁石材料
 磁石の性能に与える元素の役割を基礎物理に遡って解明することにより、ハイブリッド自動車の駆動モーター等に用いられている現在の最高性能を有する希土類(レアアース)永久磁石※と同等の性能を有する磁石を、希少元素を用いることなく作成することを目指します。
※ハイブリッド自動車のモーターに用いられるネオジム(Nd)磁石には、高温下においても磁石性能を維持するため、ジスプロシウム(Dy)が添加されているが、我が国はそのほぼ全量を中国から輸入。

  拠点設置機関:物質・材料研究機構
  代表研究者:広沢 哲(物質・材料研究機構 磁性材料ユニット 特別研究員)

(2)触媒・電池材料
 今日の環境産業やエネルギー産業に欠かせない触媒及び二次電池の部材について、固体及び気体/液体との間での元素の複雑系反応を基礎科学と実験化学の緊密な連携を通じて解明することにより、触媒及び二次電池に対する元素の機能を予測し、貴金属や希少元素※を用いない代替材料の開発を目指します。
※パソコン、携帯電話等のバッテリーに用いられるリチウム(Li)イオン電池や、自動車の排ガス浄化装置に用いられる白金(Pt)触媒は、我が国が輸入に頼る希少元素が不可欠。

  拠点設置機関:京都大学
  代表研究者:田中 庸裕(京都大学 工学研究科 分子工学専攻 教授)

(3)電子材料
 エレクトロニクス産業を支える電子部材(半導体、透明電極・伝導体、誘電体等)を中心として、幅広い材料分野に有効な新しい材料科学を、基礎物理、計算科学、先端解析技術の協働により構築して、希少元素や環境負荷の高い元素※を用いない代替材料の開発を目指します。
※液晶ディスプレイの透明電極にはインジウム(In)、半導体にはガリウム(Ga)、ヒ素(As)等が使用されている。

  拠点設置機関:東京工業大学
  代表研究者:細野 秀雄(東京工業大学 フロンティア研究機構 教授(応用セラミックス研究所兼任))

(4)構造材料
 材料の「強度」(変形への抵抗)と「靱性」(破壊への抵抗)といった相反する性質を基礎科学の段階から解明することで、社会基盤を支え、安心・安全に不可欠な構造材料において、現在大量に使用されている希少元素※を抜本的に削減した代替材料の開発を目指します。
※高強度材に用いられるニオブ(Nb)、耐熱鋼に用いられるモリブデン(Mo)、耐食めっきに用いられる亜鉛(Zn)などは、その消費量の9割以上が構造材料である。

  拠点設置機関:京都大学
  代表研究者:田中 功(京都大学 工学研究科 材料工学専攻 教授)

4.元素戦略シンポジウム

 事業発足に伴い、元素戦略シンポジウムを以下のとおり開催します。参加の申込みは、7月18日(水曜日)までに下記の専用ウェブページから申込みをお願いいたします。なお、参加が多数になった場合は会場の都合上、参加申込みを事前に終了させていただく場合がありますので、御了承下さい。

  日時:平成24年7月23日(月曜日)13時開場(12時受付開始)
  場所:学士会館 210会議室
      〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28
               (http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html)
     URL:http://www.jst.go.jp/keytech/eventh24-1.html 

お問合せ先

研究振興局基盤研究課ナノテクノロジー・材料開発推進室

電話番号:03-6734-4100

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究振興局基盤研究課ナノテクノロジー・材料開発推進室)

-- 登録:平成24年06月 --