ここからサイトの主なメニューです

文部科学省における大学・研究機関等との共同企画広報について~文部科学省ミュージアム「情報ひろば」国立大学企画展示【北見工業大学】~

平成24年4月11日

文部科学省では、省内に設置される広報スペース等を活用した大学・研究機関等との共同企画広報を平成23年度より進めており、「企画展示」や「企画イベント」等の実施を通して文部科学行政の取組を広く国民にお知らせしています。この度、平成24年4月11日(水曜日)より、北見工業大学の協力を得て、文部科学省ミュージアム「情報ひろば」において、同大学との共同企画展示を実施しますのでお知らせします。(同時発表:北見工業大学)

1 趣旨

 我が国において世界的な研究成果を追求するとともに、地域に根ざした様々な取組を進め、国民生活の向上に寄与する大学・研究機関等の優れた取組を広く国民に広報することにより、文部科学行政への一層の理解増進を図るもの。

2 企画展名

 北見工業大学:『寒冷地工学から地球規模の環境観測』

3 展示期間

 平成24年4月11日(水曜日)~ 6月末  ※開館は午前10時~午後6時

4 展示場所

文部科学省 情報ひろば | ご利用・交通案内(※情報ひろばウェブサイトへリンク)
(東京都千代田区霞が関3-2-2 旧文部省庁舎3階)

5 展示概要

 北見工業大学では、寒冷地工学を積極的に展開しており、北海道東部ならではの自然環境を活かした研究活動を推進しています。その例として、地球規模の大気汚染評価や、地球の気候変動機構の解明に貢献する研究開発があげられます。
この度の企画展示では、世界最高水準の透明度を誇る摩周湖の水質調査による大気汚染モニタリングの研究成果と、南極氷床深層掘削で採取した氷の分析による地球の気候変動機構の解明に貢献した掘削機の研究開発及び海氷観測に威力を発揮する氷厚計の研究開発等について、展示物、映像、パネル展示を通して分かりやすく紹介します。

○展示1:「国内でここだけ 大気の汚れを知って地球環境の変化を監視」

1)摩周湖の採水状況の記録映像をモニターで紹介
2)採水器展示
3)透明度を計測する透明板展示
4)摩周湖の特長を水位変動動画で紹介
5)各技術内容のパネル展示  等

 採水器

 摩周湖の採水状況

○展示2:「寒冷地域の特色を活かした地球の気候変動を探るための研究」

1)海氷厚計測のフィールド実験記録映像をモニターで紹介
2)南極氷床の深層掘削機開発過程における掘削機の展示
3)船舶搭載型電磁誘導式氷厚計の展示
4)研究拠点として調査を行うアラスカ氷河パネル、
5)各技術内容のパネル展示  等

 南極氷床の深層掘削機開発過程における掘削機

 船舶搭載型電磁誘導式氷厚計

6 文部科学省広報スペース(「情報ひろば」「ラウンジ」等)における企画展示・企画イベント等の情報について

 ⇒ 文部科学省「情報ひろば」ホームページ(※情報ひろばウェブサイトへリンク)では、開催される企画展示や企画イベントをはじめ、様々な情報を随時掲載しています。

7 取材等について

 展示風景の撮影及び内容等における取材を希望される方は、下記担当まで電話又はメールにて、お知らせください。

お問合せ先

大臣官房総務課広報室

事業第二係長 荒井 寛(内線2170),係員 宮本 大輔(内線3045)
電話番号:03-6734-2170(直通)
ファクシミリ番号:03-3593-7163
メールアドレス:hiroba@mext.go.jp

-- 登録:平成24年04月 --