ここからサイトの主なメニューです

「マルチサポート事業」ターゲット競技種目の追加指定

平成24年4月6日

 文部科学省は、マルチサポート事業において、新たに6競技8種目をターゲット競技種目として追加したことにより、ターゲット競技種目は19競技24種目となりました。
 本年7月に開幕する第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)でのメダル獲得に向けて集中的に支援していきます。

1 マルチサポート事業の概要

 本事業は、文部科学省が平成20年度から実施している委託事業であり、オリンピック競技大会において、我が国が世界の強豪国に競り勝ち、より確実にメダルを獲得するために、トップレベル競技者などのメダル獲得が期待される者に対して、多方面からの専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に行っています。

2 追加したターゲット競技種目

・ターゲットA

    夏季競技:サッカー

・ターゲットB

    夏季競技:テニス、バレーボール(バレーボール)、体操(新体操)、アーチェリー、バドミントン
    冬季競技:スキー(ジャンプ、ノルディック複合)

※ターゲット競技種目は別紙のとおり

3 その他

  • 冬季競技のターゲット競技種目は、今シーズンの現時点における競技成績等を踏まえて決定しており、今後、見直しを行う可能性もあります。
  • これまでの支援は可能な限り継続実施しますが、追加的支援についてはターゲットAを優先します。

参考資料

お問合せ先

スポーツ・青少年局競技スポーツ課

電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-2044(直通)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(スポーツ・青少年局競技スポーツ課)

-- 登録:平成24年04月 --