ここからサイトの主なメニューです

「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」中間評価について

平成24年3月9日

大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業について、中間評価結果を決定し ましたので、お知らせします。

1.事業の概要

 「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」は、平成21年度から「国際化拠点整備事業(グローバル30)」として、質の高い教育の提供と、海外の学生が我が国に留学しやすい環境を提供する取組のうち、英語による授業のみで学位が取得できるコースの設置や、留学生受け入れに関する体制の整備等、我が国を代表する国際化拠点の形成を支援することを目的として開始され、平成22年11月の行政刷新会議による事業仕分けの結果を受け、平成23年度からは、さらに産業界との連携、拠点大学間のネットワーク化を通じて、資源や成果の共有化を図り、国際化に積極的な大学を含め我が国の大学の国際化を推進することを目的としています。 

2.中間評価について

 「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業」の取組状況等を評価するとともに、同事業の目的が十分達成されるよう適切な助言を行うことで、事業の適切かつ効果的な実施を促すことを目的に、事業開始2年経過後に中間評価を実施しました。
 このたび、平成21年度に採択された13拠点について、大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業プログラム委員会(委員長:黒田壽二 学校法人金沢工業大学学園長・総長)により、別添のとおり評価結果をとりまとめました。
 なお、評価の実施にあたっては、大学から提出のあった中間評価調書に基づく書面評価において、設定された項目※ごとの項目別評価と、これを踏まえた事業全体の総括評価を行い、現地調査において、質疑による詳細の確認を行うとともに、教職員及び学生からのヒアリング、教育現場の視察等を通じて、当該拠点の現状等の確認を行い、最終的な評価結果や助言等を合議により取りまとめました。

 ※詳細は、別添5「中間評価要項」を参照のこと。

3.添付資料

お問合せ先

文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室

坂下・佐藤・藤田
電話番号:03-6734-2625(直通)

(高等教育局高等教育企画課国際企画室調整係)

-- 登録:平成24年03月 --