ここからサイトの主なメニューです

文部科学省「再生医療の実現化ハイウェイ」第1回公開シンポジウム~ここから始まる 難病治療の明日~の開催について

平成24年2月22日

 文部科学省では、厚生労働省との協働により、再生医療のいち早い実現化を目指して、「再生医療の実現化ハイウェイ」を実施しています。本事業における研究成果・活動を当該領域の企業や研究者等に広く発信することを目的として、公開報告会を開催しますので、お知らせします。

1.日時

平成24年3月4日(日曜日)14時~17時(予定)

2.場所

東京国際フォーラム D-7ホール(東京都千代田区丸の内2-5-1)

3.主催

文部科学省

4.定員

350名程度

5.プログラム(案)(※プログラムは今後変更することがあります)

<第1部>

(1)「培養ヒト骨髄細胞を用いた低侵襲肝臓再生療法の開発」

 山口大学 坂井田功 教授

(2)「培養ヒト角膜内皮細胞移植による角膜内皮再生医療の実現化」

 京都府立医科大学 羽室淳爾 特任教授

(3)「滑膜幹細胞による半月板再生」

 東京医科歯科大学 関矢一郎 教授

<第2部>

(4)「iPS細胞を用いた再生心筋細胞移植による重症心不全治療法の確立1」

 慶應義塾大学 福田恵一 教授

 「iPS細胞を用いた再生心筋細胞移植による重症心不全治療法の確立2」

 大阪大学 澤芳樹 教授

(5)「iPS細胞を用いた角膜再生治療法の開発1」

 大阪大学 西田幸二 教授

 「iPS細胞を用いた角膜再生治療法の開発2」

 慶應義塾大学 榛村重人准教授

(6)「パーキンソン病に対する幹細胞移植治療の実現化」

 京都大学 再生医科学研究所/iPS細胞研究所 高橋淳 准教授

(7)「重症高アンモニア血症を生じる先天性代謝異常症に対するヒト胚性幹(ES)細胞製剤に関する臨床研」

 国立成育医療研究センター 梅澤明弘 再生医療センター長

<第3部>

(8)「iPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)細胞移植による加齢黄斑変性治療の開発」

 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 高橋政代 チームリーダー

6.参加申し込み方法

参加を希望される方は、3月2日(金曜日)17時までに、再生医療の実現化ハイウェイプログラム第一回公開シンポジウムホームページ(※外部のウェブサイトへリンク)より参加申し込み登録をお願い致します。

希望者数によっては、出席者数を調整させていただきます。

お問合せ先

研究振興局ライフサイエンス課

彦惣・飯塚・西内
電話番号:03-6734-4104(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-4109
メールアドレス:life@mext.go.jp

(研究振興局ライフサイエンス課)

-- 登録:平成24年02月 --