ここからサイトの主なメニューです

第1回サイエンス・インカレ表彰者の決定について

平成24年2月20日

文部科学省は、第1回サイエンス・インカレを、日本科学未来館及び東京国際交流館プラザ平成において2日間(平成24年2月18日(土曜日)、19日(日曜日))の日程で開催しました。本研究発表会において、発表を行った126組(口頭発表40組、ポスター発表86組)の中から東京大学王青陽さんに平野文部科学大臣から文部科学大臣表彰を授与するなど、計16組に表彰を行いましたので、報告いたします。

1.表彰の内訳

○文部科学大臣表彰(1組)

 ・発表番号2 東京大学 王青陽(おうせいよう)さん
   「二光子共鳴レーザー誘起蛍光法を用いた水素分子の遷移寿命の回転依存性及びその同位体効果」

○独立行政法人科学技術振興機構理事長賞(1組)

・発表番号8 米子工業高等専門学校 村尾彰郁(むらおあきふみ)さん
 「新しいポリマーを正極活物質としたリチウム二次電池の作成と電池特性」

○サイエンス・インカレ奨励表彰(14組)(発表番号順)

(口頭発表部門)

・発表番号13 東洋大学 鈴木友也(すずきともや)さん(代表者)、杉田杏奈(すぎたあんな)さん、松本浩乃(まつもとひろの)さん
 「魚の尾ひれの形と推力の関係~人魚になるために~」

・発表番号17 東海大学 川村祐太郎(かわむらゆうたろう)さん(代表者)、迫泰介(さこたいすけ)さん
 「トンボ非定常時における揚力・推力発生メカニズムの実験的検討」

・発表番号23 筑波大学 返町洋祐(そりまちようすけ)さん
 「黒鉛粉末-菌体間の相互作用による微生物燃料電池の高出力化」

・発表番号29 筑波大学 景山達斗(かげやまたつと)さん
 「血管網を備えた三次元臓器作製のためのハイドロゲルの開発」

・発表番号33 近畿大学 中嶋研人(なかじまけんと)さん(代表者)、筑波大学 西田惇(にしだじゅん)さん
 「リアルタイム共有システム構築のためのプラットフォームの開発とその応用」

・発表番号36 法政大学 小泉悠馬(こいずみゆうま)さん
 「発送伝達関数と物理パラメータを用いた擦弦楽器の合成音への表現力付与」

(ポスター発表部門)

・発表番号118 信州大学 佐藤永太郎(さとうえいたろう)さん
 「鉱物の構造色(輝石の例)」

・発表番号125 島根大学 梅田知幸(うめだともゆき)さん
 「三郡帯超マフィック岩体周辺における砕屑性クロムスピネルの化学組成」

・発表番号139 福岡大学 松尾典映(まつおのりえ)さん(代表者)、髙野晶子(たかのあきこ)さん
  「知っていますか?今必要とされるゴミの居場所!!~ニュートンに挑戦!重い物は早く沈むとは限らない~」

・発表番号149 東海大学 池田雄介(いけだゆうすけ)さん(代表者)、大関秀平(おおぜきしゅうへい)さん、望月基成(もちづきもとなり)さん
 「流体軸受を用いた小型スピンドルモータの揺動応答実験」

・発表番号158 奈良県立医科大学 稲田賢(いなだけん)さん(代表者)、佐藤玄基(さとうげんき)さん
  「心血管系の形態形成・機能維持におけるBMPシグナルと新規下流因子の作用メカニズムの解明」

・発表番号172 岡山大学 来福七央人(きふくなおと)さん(代表者)、坂田知葉(さかたちは)さん
 「ショウジョウバエ dve 遺伝子による高次機能制御 -体液調節と本能行動-」

・発表番号179 千葉大学 安田知理(やすだちさと)さん
 「都市計画の変容プロセスに関する研究~東京都練馬区の都市計画決定を事例として~」

・発表番号185 慶應義塾大学 松井綾花(まついあやか)さん
 「情報結合のダイナミクスに基づいた知覚メディア表現」

2.本発表会の目的

 全国の自然科学分野を学ぶ学部生等に自主研究を発表し、競い合う場を提供することにより、学生の能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探求能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的としています。

3.主催等

○主催:文部科学省(事務局:株式会社朝日広告社)
○特別協力:東京エレクトロン株式会社
○後援:独立行政法人科学技術振興機構

4.対象者

○自然科学系の全分野(人文・社会科学との融合領域を含む。)
(1)数物・化学系、(2)工学系、(3)生物系、(4)情報・融合領域系
 ※審査は、上記の分野ごとに、更に「卒業研究に関連しない研究」と「卒業研究に関連する研究」とに分けて実施。
○大学1~4年次又は高等専門学校4~5年次の学生(チームの場合、最大3名まで)

5.各賞の選考方法

<文部科学大臣表彰、独立行政法人科学技術振興機構理事長賞>

(1)書類審査を通過した全国の大学又は高等専門学校の学生が、8つの分科会に分かれて口頭発表を行い(参考1参照)、審査により各分科会の代表の学生が選出されました(2月18日(土曜日))。

(2)(1)で選出された代表学生が、全体会にて研究発表を行い、審査により「卒業研究に関連しない研究」のうち、最も優秀な研究発表を行った学生に文部科学大臣表彰が授与され、「卒業研究に関連する研究」のうち、最も優秀な研究発表を行った学生に独立行政法人科学技術振興機構理事長賞が授与されました(2月19日(日曜日))。

<サイエンス・インカレ奨励表彰>

(3)口頭発表部門
(1)で選出された代表学生のうち、(2)を受賞した学生以外の者にサイエンス・インカレ奨励表彰が授与されました(2月19日(日曜日))。

(4)ポスター発表部門
書類審査を通過した全国の大学又は高等専門学校の学生が、2月18日(土曜日)にポスター発表を行い(参考2参照)、審査により8組にサイエンス・インカレ奨励表彰が授与されました(2月19日(日曜日))。

 なお、表彰式において、東京エレクトロン株式会社から東京エレクトロン賞が3組に授与されるとともに、交流会においてサイエンス・インカレに協力いただいた企業から賞の授与が行われました(参考3参照)。

参考資料

お問合せ先

科学技術・学術政策局基盤政策課

根橋、伊東
電話番号:03-6734-4191

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局基盤政策課)

-- 登録:平成24年02月 --