ここからサイトの主なメニューです

(参考2) 国立大学法人等職員と国家公務員等との比較方法(指数算出方法)

1.比較職種

○同種の職種間で給与水準を比較

1.全ての国立大学法人及び共同利用機関法人(以下「国立大学法人等」という。)

(a)国家公務員との比較

 法人の「事務・技術職員」と国の「行政職俸給表(一)適用職員」を比較

(b)全国立大学法人等との比較

 法人の「事務・技術職員」と他の国立大学法人等の「事務・技術職員」を比較

2.病院部門を有する国立大学法人等

(a)国家公務員との比較

 法人の「医療職員(看護師)」と国の「医療職俸給表(三)適用職員」を比較

(b)全国立大学法人等との比較

 法人の「医療職員(看護師)」と他の国立大学法人等の「医療職員(看護師)」を比較

○教育職種(大学教員)に係る比較指標(参考)

 法人化前の国の教育職(一)と行政職(一)の年収比率を基礎に、平成21年度の教育職員(大学教員)と国の行政職(一)の年収比率を比較

2.比較する給与

年間給与額についての比較

(注)年間給与額とは、公表を行う年度の前年度に支給された給与額(月例給、賞与等の合計額)から、超過勤務手当、特殊勤務手当等の勤務実績に応じて支給される給与及び通勤手当を除いた額。

3.比較方法(指数の算出方法)

 比較対象法人の年齢別人員構成をウエイトに用い、法人に国の給与水準を持ち込んだ場合の給与水準を100として算出(法人基準年齢階層ラスパイレス指数)

(考え方)

 比較方法(指数の算出方法)

比較指標の具体的算出例(事務・技術職員を国家公務員と比較する場合)

  年齢階層(歳) 国(行政職俸給表(一)適用職員) 国立大学法人等(事務・技術職員)
平均年間給与額(a) 人員(b) 平均年間給与額(c)
1 20〜23 3,000千円 1人 2,601千円
2 24〜27 3,700千円 5人 3,208千円
3 28〜31 4,500千円 5人 3,902千円
4 32〜35 5,400千円 5人 4,682千円
5 36〜39 6,300千円 5人 5,462千円
6 40〜43 7,200千円 5人 6,242千円
7 44〜47 8,200千円 4人 7,109千円
8 48〜51 8,700千円 4人 7,543千円
9 52〜55 8,900千円 3人 7,716千円
10 56〜59 9,000千円 3人 7,803千円

(注)「平均年間給与額」等の数値は、算出例を示すために作成したサンプルデータである。

○国立大学法人等が現に支給している給与水準

{(b1×c1)+(b2×c2)+(b3×c3)+(b4×c4)+(b5×c5)+(b6×c6)+(b7×c7)+(b8×c8)+(b9×c9)+(b10×c10)}÷(b1+b2+b3+b4+b5+b6+b7+b8+b9+b10)
=225,246÷40
=5,631.15

○国の水準で支給した場合の給与水準

{(b1×a1)+(b2×a2)+(b3×a3)+(b4×a4)+(b5×a5)+(b6×a6)+(b7×a7)+(b8×a8)+(b9×a9)+(b10×a10)}÷(b1+b2+b3+b4+b5+b6+b7+b8+b9+b10)
=259,800÷40
=6,495

○対国家公務員指数(法人基準年齢階層ラスパイレス指数)

5,631.15÷6,495×100=86.699・・・=86.7

 医療職員(病院看護師)の比較の場合は、国の医療職俸給表(三)適用職員の年齢別平均給与額を用いて算出する。教育職員(大学教員)の場合は、参考として法人化前の国の教育職(一)と行政職(一)の年収比率を基礎に、平成21年度の教育職員(大学教員)と国の行政職(一)の年収比率を比較して算出する。
 他の国立大学法人等との比較の場合は、全ての国立大学法人等の事務・技術職員(、医療職員(病院看護師)又は教育職員(大学教員))の年齢別平均年間給与額を上記例の「国の年齢別平均年間給与額」に置き換えて算出する。

お問合せ先

大臣官房人事課給与班

給与班主査 大場(内線2136)/給与調整係長 小林(内線2934)
電話番号:03-6734-2137(直通)/03-5253-4111(代表)

-- 登録:平成22年08月 --