ここからサイトの主なメニューです

平成22年度「子ども見学デー」文部科学省プログラム概要

平成22年8月5日

8月18日(水曜日)、19日(木曜日)に実施する「子ども見学デー」における文部科学省のプログラム概要がまとまりましたので、お知らせします。
※プログラムは、都合により変更になる可能性があります。

1.事前申込みが必要なプログラム

(1)「大臣室をのぞいてみよう」(事前申込み終了) 

  • 日時 8月18日(水曜日)の午前中1時間程度
  • 内容 大臣室を探検したり、記念撮影を行います。
  • 人数 60人程度

(2)「文部科学省ロボコン!」(事前申込み終了) 

  • 日時 8月18日(水曜日)、19日(木曜日)の午前中、各1回、1.5時間程度
  • 内容 30分程度でつくれるロボットを製作し、最後にコンテストを実施します。
  • 人数 30人程度

2.自由に参加体験が可能なプログラム

(1)『放課後子ども教室体験コーナー』

  • 内容 エッキーの実験教室(液状化現象の実験)、子ども茶道教室、原子炉模型のペーパークラフト、南極展(南極氷山の氷の展示等)、金魚やメダカの観察、ちぎり絵体験、子ども手品教室 等

(2)『情報ひろば~子ども見学デー特別イベント~』

  • 内容 歴代大臣の使用した椅子への試座、ICTを活用した“新しい学び”体験、早寝早起き朝ごはんの紙芝居、GTF浮世絵展2010 等

(3)特別企画
映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」山崎貴監督×小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクト國中均教授との宇宙対談

  • 日時 8月18日(水曜日) 11時~11時30分
  • 場所 旧文部省庁舎1階 情報ひろば(ラウンジ)
  • 人数 50人程度(先着順)
  • 内容 映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」の山崎監督と小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチームの國仲教授が、宇宙や映画のことについて語ります。子供たちからの質問は、ウェブサイト(http://www.mext.go.jp/yamato/)から募集します。

 ※なお、対談の様子は、インターネット上の動画共有サイト『You Tube』の文部科学省チャンネルに掲載いたします。また、当日はマスコミによる取材がございます。あらかじめ御了承ください。

(4)共催企画
「コミュニケーション教育・フェスタ」

  • 日時 8月18日(水曜日) 13時~16時30分
  • 場所 文部科学省東館3階 講堂
  • 内容 「子どものための優れた舞台芸術体験事業(児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験)」を実施する開催校による実践報告、パネルディスカッション、ポスターセッションなど
     http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/commu/1296752.htm

3.取材について

取材を希望する方は、取材日前日の16時までに、別紙「報道関係者登録票」により、お知らせください。

お問合せ先

生涯学習政策局生涯学習推進課

課長 藤野 公之、民間教育事業振興室長 根本 幸枝、民間教育事業第2係長 船木 茂人
電話番号:03-5253-4111(代表) 03-6734-2092(直通)
ファクシミリ番号:03-6734-3281

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

Word Viewer 2003のダウンロード(外部サイト)

Word形式のファイルを御覧いただく場合には、Microsoft Wordが必要です。
Microsoft Wordをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(生涯学習政策局生涯学習推進課)

-- 登録:平成22年08月 --