ここからサイトの主なメニューです

「熟議に基づく教育政策形成シンポジウム」の開催について ~副大臣・大臣政務官と教育関係者の直接対話~

平成22年4月5日

 文部科学省では、教育政策を形成する上で、現場対話とインターネット活用等による「熟議」によって国民の意見を収集する方策の検討を進めてきました。その実践の第一弾として、教育関係者と副大臣・大臣政務官等が同じテーブルで教育政策を議論する「熟議に基づく教育政策形成シンポジウム」を開催いたします。

趣旨・日時・会場

趣旨:学校・地域等の当事者に「熟議」を実践していただくとともに、「熟議」の理解を深めていただくことを目的として開催。
日時:平成22年4月17日(土曜日)13時00分~16時50分
会場:文部科学省講堂(東館3階)(千代田区霞が関3-2-1)

内容

(別添1参照)

定員・参加費

参加の定員は120名、傍聴の定員は特段設けない。参加・傍聴費は無料。

申込方法

 参加・傍聴をご希望の方は、平成22年4月14日(水曜日)まで(締切を延長しました)に、氏名、所属(職業)、連絡先、参加か傍聴かを明記の上、文部科学省生涯学習政策局政策課(syoseisk@mext.go.jp)へ電子メールでお申し込みください。(件名を「シンポジウム申し込み」としてください。)折り返し電子メールで入場証をお送りいたします。
 なお、参加申込者数が定員を超えた場合には所属等を考慮の上、抽選とさせていただきますので、予めご了承ください。

 

取材について

(別添2参照)

別添

お問合せ先

生涯学習政策局政策課

久芳、池田(3279)

-- 登録:平成22年04月 --