ここからサイトの主なメニューです

平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について

平成22年4月5日

 文部科学省では、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的とする科学技術分野の文部科学大臣表彰を定めておりますが、この度、平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が決定しましたので、お知らせいたします。

1.表彰内容

 文部科学大臣は、我が国の科学技術分野において

  • 顕著な功績をあげた者を対象とした科学技術賞
  • 高度な研究開発能力を有する若手研究者を対象とした若手科学者賞
  • 優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献した者を対象とした創意工夫功労者賞
  • 児童・生徒の創意工夫の育成に顕著な成果をあげた小・中学校を対象とした創意工夫育成功労学校賞の各種表彰を行っている。

2.表彰式等

 科学技術賞及び若手科学者賞の表彰式は次のとおり行う。

 日時:平成22年4月13日(火曜日)12時から
 場所:京王プラザホテル南館5階「エミネンスホール」
 (新宿区西新宿2-2-1 TEL 3344-0111)

 なお、創意工夫功労者賞、創意工夫育成功労学校賞の受賞者(校)に対しては、文部科学省への推薦機関である各省庁又は都道府県において、科学技術週間の行事の一環として科学技術週間中に伝達することとしている。

3.平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰

(1)科学技術賞

 1)開発部門(32件)

 本部門は、我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発若しくは発明を行った者を対象とし、今年度は「超高速ディジタル映像信号処理技術の開発育成」を行った 青山 友紀 (あおやま とものり)氏(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授)他31件の授賞を決定した。

 2)研究部門(43件)

 本部門は、我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は開発を行った者を対象とし、今年度は「弾塑性力学に基づく地盤の静的・動的応答解明の体系的研究」を行った 淺岡 顯 (あさおか あきら)氏(名古屋大学 名誉教授)他42件の授賞を決定した。 

 3)科学技術振興部門(3件)

 本部門は、科学技術の振興に寄与する活動を行った者を対象とし、今年度は「新掘削方式を用いた科学掘削船開発による科学掘削技術の振興」を行った 磯﨑 芳男 (いそざき よしお)氏(独立行政法人海洋研究開発機構 海洋工学センター センター長)他2件の授賞を決定した。

 4)技術部門(18件)

 本部門は、中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した者を対象とし、今年度は「印刷技術を応用した食品用包装容器への抗菌加工技術の開発」を行った 市村 光利 (いちむら みつとし)氏(株式会社丸善 企画部長)他17件の授賞を決定した。

 5)理解増進部門(17件)

 本部門は、青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及啓発等に寄与する活動を行った者を対象とし、今年度は「NetCommonsによる学校および教育におけるICT普及啓発」を行った 新井 紀子 (あらい のりこ)氏(大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所情報社会相関研究系 教授)他16件の授賞を決定した。

(2)若手科学者賞(85名)

 本賞は、萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者を対象とし、今年度は「有機材料を用いた撮像デバイス用光導電膜の研究」を行った 相原 聡 (あいはら さとし)氏(日本放送協会 放送技術研究所撮像・記録デバイス研究部 専任研究員)他84名の授賞を決定した。 

(3)創意工夫功労者賞(984名)

 本賞は、優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献した者を対象とし、今年度は各省庁及び都道府県から推薦のあった者の中から、984名の授賞を決定した。 

(4)創意工夫育成功労学校賞(11校)

 創意工夫育成功労学校賞は、児童・生徒の創意工夫の育成に顕著な成果をあげた小・中学校を対象とし、今年度は各都道府県から推薦のあった小・中学校の中から、11校の授賞を決定した。

4.平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰審査委員会委員名簿

 歌田 勝弘

味の素株式会社 特別顧問

 小野 元之

独立行政法人日本学術振興会 理事長

 金澤 一郎

日本学術会議 会長

 北澤 宏一

独立行政法人科学技術振興機構 理事長

 工藤 和美

東洋大学 教授

 桑原 洋

日立マクセル株式会社 相談役

 郷 通子

大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 理事

◎末松 安晴

東京工業大学 名誉教授

 長尾 真

国立国会図書館 館長

 中村 雅美

元株式会社日本経済新聞社 編集委員

 野依 良治

独立行政法人理化学研究所 理事長

 美馬 のゆり

公立はこだて未来大学 教授

 矢川 元基

東洋大学 計算力学研究センター長

注)◎は委員長

(五十音順 敬称略)

(平成22年2月末現在)

5.科学技術分野の文部科学大臣表彰の英文名称

科学技術分野の文部科学大臣表彰

The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology

(1)科学技術賞

Prizes for Science and Technology

 1)開発部門 Development Category

 2)研究部門 Research Category

 3)科学技術振興部門 Science and Technology Promotion Category

 4)技術部門 Technology Category

 5)理解増進部門 Public Understanding Promotion Category

(2)若手科学者賞   

The Young Scientists’ Prize

(3)創意工夫功労者賞

The Prize for Creativity

(4)創意工夫育成功労学校賞

The Prize to Schools for Nurturing Creativity

平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰

お問合せ先

研究振興局振興企画課奨励室

新保、海老沼
電話番号:03-6734-4071(直通) 03-5253-4111(内線4231,4230)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(研究振興局振興企画課奨励室)

-- 登録:平成22年04月 --