ここからサイトの主なメニューです

平成21年度都市エリア産学官連携促進事業(一般型)の地域選定について

平成21年4月9日

この度、平成21年度において「都市エリア産学官連携促進事業(一般型)」を新たに実施することとなる6地域を採択しましたので、お知らせします。

1.都市エリア産学官連携促進事業(一般型)の概要<別添1: 都市エリア産学官連携促進事業概要参照>

地域の主体性のもと、大学等の「知恵」を活用して新技術シーズを生み出し、自立的かつ継続的な産学官連携基盤を構築することにより、新規事業の創出、研究開発型の地域産業の育成等を図ることを目的とします。(事業規模及び期間:1地域1年度あたり1億円程度×3年間)

 

2.地域選定の方法<審査委員会について別添2: 審査委員・専門評価員一覧(参考: 審査基準)参照>

各提案地域(7地域)から企画申請書等の提出を受け、事業内容について、外部有識者で構成される審査委員会において審査・選定を行いました。

 

3.選定された提案<提案の概要について別添3: 採択地域一覧、審査結果について別添4: 評価結果総評参照>

○山形県・鶴岡市【鶴岡庄内エリア】(ライフサイエンス)
「機能評価システムの構築と地域農産物を活用した高機能食産業クラスターの形成」

○石川県【石川県央・北部エリア】(ライフサイエンス、製造技術)
「地域伝統発酵食品に学ぶ先進的発酵システム構築と新規高機能食品開発」

○和歌山県【和歌山県紀北紀中エリア】(ライフサイエンス)
「和歌山の特産果実と独自技術を活用した新機能性食品・素材の開発」

○島根県【宍道湖・中海エリア】(ナノテク・材料)
「環境にやさしい材料を用いた次世代照明デバイス・新エネルギー関連技術による新産業の創出」

○愛媛県【愛媛県南予エリア】(ライフサイエンス)
「持続可能な“えひめ発”日本型養殖モデルの創出」

○福岡県・福岡市【ふくおか筑紫エリア】(ナノテク・材料、環境、エネルギー)
「ナノ構造制御材料を活用した自動車分野における高機能部品開発拠点の形成」

平成21年度都市エリア産学官連携促進事業(一般型)の地域選定について

お問合せ先

科学技術・学術政策局

科学技術・学術戦略官(地域科学技術担当) 柳 孝
電話番号:03-5253-4111(内線3892)

科学技術・学術戦略官付(地域科学技術担当)戦略官補佐 西村 文彦
電話番号:03-5253-4111(内線3893)

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

(科学技術・学術政策局 科学技術・学術戦略官付(地域科学技術担当))

-- 登録:平成21年以前 --