ここからサイトの主なメニューです

「一家に1枚天体望遠鏡400年」の製作について

平成21年3月17日

この度、文部科学省では、科学技術週間にあわせて「一家に1枚 天体望遠鏡400年」を 製作しました。
今年はガリレオ・ガリレイが自作の望遠鏡で初めて天体観測を行って から400年の節目の年であり、「世界天文年」として様々な天文イベントが行われる予定です。
この「一家に1枚 天体望遠鏡400年」について、今後、科学技術週間での配布等を行います。

 

全国の小・中・高等学校や科学館などには、「Science Window」誌4月号(独立行政法人 科学技術振興機構 発行)と共に配布(約8万部)します。また、一般には、全国の配布協力科学館/博物館等を通じて、科学技術週間の始まる4月13日(月曜日)から配布(約15万部)する予定です。
この他、科学技術週間に実施する各種イベントでも配布予定です。


「一家に1枚」ポスターについては、今年度より国立大学附置研究所・センター、大学共同利用機関法人、文部科学省所管 研究開発系独立行政法人に企画応募を呼びかけました。提案のあった企画について、9月11日に行われた「一家に1枚」企画選考委員会での審議の結果、国立天文台の企画が選考されました。選考委員会のメンバーは以下の通りです。

(五十音順・敬称略)

北原和夫  国際基督教大学教養学部教授
北村文昭  財団法人つくば万博記念財団参事、元日本工業新聞編集局次長
冨中利治  文部科学省初等中等教育局教科書調査官
湯本博文  株式会社学習研究社学研科学創造研究所所長、板橋区立教育科学館名誉館長

 

「一家に1枚 天体望遠鏡」の制作にあたっては、下記の方々及び各機関のご協力をいただきました。

製作・著作: 文部科学省  (科学技術週間 ※科学技術週間ホームページへリンク
監修:社団法人日本天文学会天文教材委員会
企画:大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台
制作: 「一家に1枚天体望遠鏡400年」製作委員会
臼田-佐藤功美子、縣秀彦、川口雅也、青木和光、石田俊人、井上毅、臼田知史、江越航、阪本成一、 篠原秀雄、高橋淳、竹本理絵、塚田健、長田哲也、根来均、林左絵子、半田利弘、廣瀬匠、洞口俊博、矢治健太郎 協力:大石雅寿
編集:株式会社アストロアーツ

解説「一家に1枚天体望遠鏡」

一家に1枚天体望遠鏡400年 WEBサイト ※科学技術週間ホームページへリンク

お問合せ先

科学技術・学術政策局基盤政策課

池亀勝
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線3884),03-6734-4191(直通)

(科学技術・学術政策局基盤政策課)

-- 登録:平成21年以前 --