ここからサイトの主なメニューです

大学等における毒物及び劇物の適正な保管管理の徹底について(通知)

20文科高第537号
平成20年10月21日

各国公私立大学長 殿
各国公私立高等専門学校長 殿
大学を設置する各地方公共団体の長 殿
各公立大学法人の理事長 殿
独立行政法人国立高等専門学校機構理事長 殿
大学又は高等専門学校を設置する各学校法人の理事長 殿

文部科学省高等教育局長
とく永 保

(印影印刷)

 毒物及び劇物(以下「毒物劇物」という。)の取扱いについては、従来、「毒物及び劇物の保管管理について」(昭和52年3月26日付け薬発第313号厚生省薬務局長通知(別紙1(※厚生労働省ホームページへリンク)))、「毒物及び劇物の適正な保管管理等の徹底について」(平成10年7月28日付け医薬発第693号厚生省医薬安全局長通知(別紙2(※厚生労働省ホームページへリンク)))、「毒劇物及び向精神薬等の医薬品の適正な保管管理及び販売等の徹底について」(平成11年1月13日付け医薬発第34号厚生省医薬安全局長通知(別紙3(※厚生労働省ホームページへリンク)))等により、厚生労働省から都道府県知事等を通じて関係者に対して指導が行われてきたところです。
 また、文部科学省でも、「毒物及び劇物の適正な管理について」(平成10年7月31日付け文会用第135号文部省高等教育局長・学術国際局長・会計課長通知(別紙4(※準備中)))、「毒物及び劇物等の化学物質の管理徹底について」(平成15年3月20日付け14文科高第878号文部科学省高等教育局長・研究振興局長・研究開発局長通知(別紙5(※準備中)))等により、各大学長等に対し毒物劇物の保管管理の徹底等をお願いしてきたところです。
 しかしながら、今般、大学の附属農場において、毒物劇物の保管管理が適切になされていなかったこと、特定毒物であるパラチオンを都道府県知事の許可を得ずに所持していたこと及び毒物たる農薬の残液が不適切に廃棄されていたこと等の事実が明らかとなりました。
 毒物劇物に関し十分な知見を有すべき大学において、こうした事実が確認されたことは極めて遺憾であり、大学等において保管管理される毒物劇物について、より一層厳重な取扱いを行うことが必要です。
 このことについては、別添のとおり、厚生労働省医薬食品局長より通知がありました。
 ついては、各機関におかれては、別添及び別紙1〜5の通知記載事項について、関係教職員、学生等に周知徹底し、対応に遺漏のないよう、よろしくお願いいたします。

[お問い合わせ先]

■公私立大学・国公私立高等専門学校について
文部科学省高等教育局専門教育課
科学・技術教育係
電話:03-5253-4111(代表)(内線2504)
FAX:03-6734-3389

■国立大学について
文部科学省高等教育局国立大学法人支援課
支援第一係 電話:03-6734-3757
支援第二係 電話:03-6734-3766
支援第三係 電話:03-6734-3765
支援第四係 電話:03-6734-3754
FAX:03-6734-3388