ここからサイトの主なメニューです

平成20年度「産学連携による実践型人材育成事業-ものづくり技術者育成-」の申請状況について

平成20年8月7日

 平成20年度「産学連携による実践型人材育成事業−ものづくり技術者育成−」について、6月25日付けで各大学・短期大学・高等専門学校を対象に公募を行いましたが、このたび、各大学等からの申請状況を別添のとおりとりまとめましたので、お知らせします。

1.事業の趣旨・目的

 「産学連携による実践型人材育成事業−ものづくり技術者育成−」は、地域や産業界と連携した実験・実習と講義の有機的な組み合わせによる教育プログラムの開発・実施を通じ、ものづくり分野を革新させる高度な知識及び確かな技術を併せ持ち、ものづくり過程の全体を見渡し、技術の目利きをすることのできるものづくり技術者を育成するための教育プログラムの開発を大学、短期大学、高等専門学校に委託するものです。

2.事業の概要

  • 採択件数:5件程度
  • 事業規模:1プロジェクトあたりの経費は年間1千5百万円程度を上限
  • 委託期間:3年間

3.申請状況と今後のスケジュール

 全53件(国立34件、公立1件、私立13件、共同5件)の申請がありました。
 今後、専門家・有識者等からなる選定委員会による審査(書類審査及び面接審査)を行い、10月上旬頃を目途に5件程度を選定する予定です。

平成20年度「産学連携による実践型人材育成事業−ものづくり技術者育成−」の申請状況

お問合せ先

高等教育局専門教育課

課長補佐 岡 公人(内線3348)、科学・技術教育係長 山内 勝(内線2504)
電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-2485(直通)

-- 登録:平成21年以前 --