ここからサイトの主なメニューです

11 衛生管理体制

1 衛生管理責任者

  • ア 学校給食調理場においては,栄養教諭等(栄養教諭等が現にいない調理場にあっては,調理師資格を有する学校給食調理員等)を衛生管理責任者として定めること。
  • イ 衛生管理責任者は,学校給食調理員の衛生,施設・設備の衛生,食品衛生の日常管理などに当たるとともに,特に調理過程における下処理,調理,配送などの作業工程を分析し,それぞれの工程において,清潔かつ迅速に加熱・冷却調理が適正に行われているかを確認し,その結果を記録すること。

2 関係職員等による衛生管理体制

  • ア 校長又は所長は,学校給食の衛生管理について常に注意を払うとともに,学校給食関係者に対し,衛生管理の徹底を図るよう注意を促し,学校給食の安全な実施に配慮すること。そのため,学校保健委員会等を活用するなどの方法により,校長,所長,学校医,学校歯科医,学校薬剤師,栄養教諭,学校栄養職員,保健主事,養護教諭等の教職員,保護者,関係保健所長等の専門家などが連携した学校給食の衛生管理を徹底するための体制を整備し,その適切な運用を図ること。
  • イ 校長又は所長は,食品の検収等の日常点検の結果,衛生管理責任者から異常の発生の報告を受けた場合,食品の返品,メニューの削除,調理済み食品の回収等必要な措置を講じること。
  • ウ 校長又は所長は,施設・設備等の日常点検の結果,改善に時間を要する事態が生じた場合,必要な応急処置を講じるとともに,計画的に改善を行うこと。
  • エ 校長又は所長は,栄養教諭等の指導・助言が円滑に実施されるよう,関係職員の意思疎通等に配慮すること。