ここからサイトの主なメニューです

「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の推進について(建議)」について

平成20年7月17日

 科学技術・学術審議会(会長:野依 良治 理化学研究所理事長)では、地震及び火山噴火予知に関する観測研究の、平成21年度からの5年計画である「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の推進について」を取りまとめ、関係大臣へ建議いたしましたので、お知らせいたします。

1.背景

 地震及び火山噴火予知に関する観測研究は、科学技術・学術審議会が建議した「地震予知のための新たな観測研究計画(第2次)」及び「第7次火山噴火予知計画」により、平成16年度から5年計画で推進され、本年度をもって終了することになっております。
 本審議会では、昨年、地震予知のための観測研究計画及び火山噴火予知計画の進捗状況についてレビューを行いました。その結果を踏まえ、引き続き計画を推進することが必要と判断し、昨年6月から審議を行い、本日計画を取りまとめ、関係大臣へ建議いたしましたので、お知らせいたします。

2.二つの計画を統合した本計画のポイント

  • 現計画の成果を引き継ぎ、地震予知研究及び火山噴火予知研究を着実に推進するため、平成21年度から5年間を見据えた計画
  • 特に、これまでの基礎的な観測研究やモニタリングの成果に基づき、「予測システムの開発」をより明瞭に志向した研究を推進
  • 共通する地球科学的背景を持つ地震・火山現象を共同で理解するため、観測研究を推進
  • 稠密な地震・地殻変動の観測網などの研究資源を有効活用することにより、効率的で効果的な研究を実施

3.建議内容

別添資料参照

お問合せ先

研究開発局地震・防災研究課

地震・防災研究課長 増子 宏、地震火山専門官 溝上 勝也
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線4434)、03-6734-4137(直通)

(研究開発局地震・防災研究課)

-- 登録:平成21年以前 --