ここからサイトの主なメニューです

別紙3

防災教育支援推進プログラム「防災教育支援モデル地域事業」採択機関概要

1.課題A 防災教育支援の高度化と普及

(1)岩手県釜石市(事業代表者:釜石市長 野田武則)(津波災害)

1概要

 三陸地域で常襲する津波に対して、これまで開発してきた『動く津波ハザードマップ』を改良する等により、個人属性を反映して擬似的に避難を容易に体験できるツールを開発し、釜石市における児童生徒への理解度を高め、“子供の安全”をキーワードとした地域住民による防災教育の実践を行う。

2個別テーマ

  • 個別テーマ1 防災科学技術教育関連教材等の作成
    責任者:国立大学法人群馬大学大学院教授 片田敏孝
  • 個別テーマ2 学校の教職員等を対象とした研修プログラムの開発・実施
    責任者:釜石市消防防災課長 末永正志
  • 個別テーマ3 実践的な防災教育プログラム等の開発・実施
    責任者:釜石市教育委員会教育長 河東真澄
  • 個別テーマ4 その他、地域の実情に応じた先進的な取組の実施
    責任者:釜石市津波防災担当課長 中村 薫

(2)防災教育開発機構(事業代表者:財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター副センター長 山本健一)(地震災害)

1概要

 大震災を体験した地域における豊富な蓄積を活かし、既存の防災教育教材やプログラムに関する情報整理を行い、防災科学技術を活用して新たな教材等を開発する。さらに、実際に神戸市内等の学校で実践することで、より効果的な教材等を完成させ、地域報告会で披露するとともに、地域を越えて様々な方法で成果普及に努める。

2個別テーマ

  • 個別テーマ1 防災科学技術教育関連教材等の作成
    責任者:神戸学院大学学際教育機構防災・社会貢献ユニット専任講師 舩木伸江
  • 個別テーマ2 学校の教職員等を対象とした研修プログラムの開発・実施
    責任者:兵庫県教育委員会事務局教育企画課長 三木忠一
  • 個別テーマ3 実践的な防災教育プログラム等の開発・実施
    責任者:神戸市教育委員会事務局指導部指導課長 林 弘伸
  • 個別テーマ4 その他、地域の実情に応じた先進的な取組の実施
    責任者:兵庫県立舞子高等学校環境防災科長・教諭 諏訪清二

(3)国立大学法人山口大学(事業代表者:国立大学法人山口大学農学部教授 山本晴彦)(風水害)

1概要

 山口県で特徴的な風水害(洪水・高潮災害など)について、地域特有の地形・地誌・災害の総合的な理解を促すための教材を作成する。また、教職員等が最新の防災研究を科学的に理解できるよう研修プログラムを開発・実践する。さらに、作成した教材を岩国市及び宇部市の小中学校を対象に活用し、実践的な防災教育を指導できる高度なプログラムを開発・実施するとともに、地域と連携したDIG(災害図上訓練)・避難所評価等を行う。

2個別テーマ

  • 個別テーマ1 防災科学技術教育関連教材等の作成
    責任者:国立大学法人山口大学農学部教授 山本晴彦
  • 個別テーマ2 学校の教職員等を対象とした研修プログラムの開発・実施
    責任者:国立大学法人山口大学農学部教授 山本晴彦
  • 個別テーマ3 実践的な防災教育プログラム等の開発・実施
    責任者:山口県教育庁学校安全・体育課・主査 増野淳一
  • 個別テーマ4 その他、地域の実情に応じた先進的な取組の実施
    責任者:山口県総務部防災危機管理課・主任 花田尚幸

2.課題B 防災教育支援の体制作りと実践

(1)国立大学法人愛媛大学(事業代表者:国立大学法人愛媛大学防災情報研究センター教授 矢田部龍一)(風水害)

1概要

 新居浜市で発生する自然災害(豪雨災害、地震災害)に関して、その特性に関する副読本の作成、教職員等を対象にした基礎から応用までを含む研修プログラムの開発、新居浜市にふさわしい地域連携を軸とした防災教育プログラムの構築を行う。

2個別テーマ

  • 個別テーマ1 防災科学技術教育関連教材等の作成
    責任者:国立大学法人愛媛大学防災情報研究センター教授 矢田部龍一
  • 個別テーマ2 学校の教職員等を対象とした研修プログラムの開発・実施
    責任者:新居浜市教育委員会指導主幹 秦 博文
  • 個別テーマ3 実践的な防災教育プログラム等の開発・実施
    責任者:新居浜市立多喜浜小学校教頭 日野優子
  • 個別テーマ4 その他、地域の実情に応じた先進的な取組の実施
    責任者:国立大学法人愛媛大学防災情報研究センター副センター長・教授 鳥居謙一

(2)国立大学法人東京大学(事業代表者:国立大学法人東京大学地震研究所アウトリーチ推進室准教授 辻 宏道)(地震災害)

1概要

 『首都直下地震防災・減災特別プロジェクト』(文部科学省委託事業)による研究成果を的確に防災教育につなげるため、板橋区小学校周辺をモデル地域に、地震の発生メカニズムと震災被害との関係を理解させるための身近な教材を作成し、専門家による出前授業や地域講演会の実施等と併せて、持続的・能動的な防災教育活動への実施基盤の構築を行う。

2個別テーマ

  • 個別テーマ1 防災科学技術教育関連教材等の作成
    責任者:国立大学法人東京大学地震研究所准教授 辻 宏道
  • 個別テーマ2 学校の教職員等を対象とした研修プログラムの開発・実施
    責任者:国立大学法人東京大学地震研究所助教 大木聖子
  • 個別テーマ3 実践的な防災教育プログラム等の開発・実施
    責任者:東京都板橋区立高島第一小学校校長 矢崎良明