ここからサイトの主なメニューです

平成20年度「大学院教育改革支援プログラム」の申請状況について

平成20年5月30日

文部科学省

 平成20年度「大学院教育改革支援プログラム」について、去る平成20年3月27日、大学院を置く各国公私立大学長(株式会社立大学を除く)あてに公募を行ったところですが、このたび、各大学からの申請状況を別添のとおりとりまとめましたので、お知らせいたします。

1.事業の目的

 「大学院教育改革支援プログラム」は、「新時代の大学院教育」(平成17年9月5日中央教育審議会答申)、「大学院教育振興施策要綱」(平成18年3月30日文部科学省)等を踏まえ、社会の様々な分野で幅広く活躍する高度な人材を育成する大学院博士課程、修士課程を対象として、優れた組織的・体系的な教育取組に対して重点的な支援を行うことにより、大学院教育の実質化を推進することを目的として、平成19年度から実施しています。

2.申請状況の概要

 すべての学問分野を対象とし、「人社系」、「理工農系」、「医療系」の区分で公募を行い、別添のとおり、161大学から273件の申請を受け付けました。

3.審査スケジュール

 今後は、独立行政法人日本学術振興会において運営される「大学院教育改革支援プログラム委員会」(委員長:石 弘光 放送大学長)にて審査を行い、8月下旬を目途に採択結果を公表する予定です。(全体で60件程度を採択する予定)

  • 平成20年5月21日〜22日:公募受付
  • 6月上旬〜8月中旬:審査
  • 8月下旬:結果公表・開示(予定)

(高等教育局大学振興課大学改革推進室)

-- 登録:平成21年以前 --