ここからサイトの主なメニューです

核融合の将来への幅広いアプローチに関する第3回運営委員会-日・欧共同プレスリリース-

平成20年5月15日

≪青森県政記者会、三沢市政記者会、茨城県政記者クラブ同時配付≫

 5月15日(木曜日)に開催された、第3回核融合の将来への幅広いアプローチに関する運営委員会の日・欧共同プレスリリースについて、別添のとおりお知らせします。

1.概要

 核融合の将来への幅広いアプローチは、イーター計画と並行して補完的に日欧協力の下、原型炉に向けた研究開発を実施するプロジェクトです。
 本委員会は、「幅広いアプローチ協定(注)」に基づき設立された、日欧の代表からなる組織であり、幅広いアプローチの実施に関する全般的な指導及び監督について責任を負うものです。原則として年2回、日欧において交互に開催することとされています。
 今回の委員会では、「幅広いアプローチ協定」に基づく各事業の進捗状況の確認及び事業計画の承認が行われるとともに、他のイーター協定加盟極の幅広いアプローチの事業への参加ガイドラインが承認されました。また、第4回運営委員会は平成20年12月10日にドイツのカールスルーエで開催されることが決定いたしました。

  • (注)正式名称
    核融合エネルギーの研究分野におけるより広範な取組を通じた活動の共同による実施に関する日本国政府と欧州原子力共同体との間の協定

2.開催場所

六ヶ所村文化交流プラザ・スワニー(青森県六ヶ所村)

3.出席者

(日本側)

林 幸秀 文部科学省 文部科学審議官 ほか

(欧州側)

Octavi Quintana Trias 欧州委員会研究総局エネルギー局長 ほか

4.添付資料

共同プレスリリース(英文仮訳

お問合せ先

研究開発局 研究開発戦略官付

専門官 三木 清香(内線4553)
電話番号:03-5253-4111(代表)、03-6734-4559(直通)

(研究開発局研究開発戦略官付)

-- 登録:平成21年以前 --