ここからサイトの主なメニューです

平成20年度科学技術振興調整費新規採択課題一覧

「若手研究者の自立的研究環境整備促進」採択課題一覧

若手研究者が自立して研究できる環境の整備を促進するため、世界的研究拠点を目指す研究機関において、テニュア・トラック制(若手研究者が、任期付きの雇用形態で自立した研究者としての経験を積み、厳格な審査を経て安定的な職を得る仕組みをいう。)に基づき、若手研究者に競争的環境の中で自立性と活躍の機会を与える仕組みの導入を図る。

提案課題名 機関名 代表者名 採択理由
若手グローバル研究リーダー育成プログラム 静岡大学 興 直孝 詳細
「細胞と代謝」の基盤研究を担う若手育成 慶應義塾大学 安西 祐一郎 詳細
上級研究員センターの創設による人材養成 愛媛大学 小松 正幸 詳細
わが国の将来を担う国際共同人材育成機構 京都大学 尾池 和夫 詳細
自立若手教員による異分野融合領域の創出 岡山大学 千葉 喬三 詳細
亜熱帯島嶼科学研究拠点を担う若手研究者育成プログラム 琉球大学 岩政 輝男 詳細
生命科学研究独立アプレンティスプログラム 大阪大学 鷲田 清一 詳細
地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点 大阪府立大学 南 努 詳細
優れた若手研究型教員の人材育成システム 千葉大学 齋藤 康 詳細

「イノベーション創出若手研究人材養成」採択課題一覧

イノベーション創出の中核となる若手研究人材(博士後期課程の学生や博士号取得後5年間程度までの研究者)が、狭い学問分野の専門能力だけでなく、国際的な幅広い視野や産業界などの実社会のニーズを踏まえた発想を身に付けるシステムを機関として構築する取組に対し支援する。

提案課題名 機関名 代表者名 採択理由
先端技術グローバルリーダー養成プログラム 京都大学 尾池 和夫 詳細
PhD躍動メディカルサイエンス人材養成 慶應義塾大学 安西 祐一郎 詳細
キャリア目標に応じた人材養成の戦略的展開 北陸先端科学技術大学院大学 片山 卓也 詳細
社会貢献若手人材育成プログラム 名古屋大学 平野 眞一 詳細
実践的博士人材養成プログラム 早稲田大学 白井 克彦 詳細
革新的研究開発リーダー養成システムの構築 九州大学 梶山 千里 詳細
プロダクティブリーダー養成機構 東京工業大学 伊賀 健一 詳細
地域・産業牽引型高度人材育成プログラム 大阪府立大学 南 努 詳細
協働育成型イノベーション創出リーダー養成 大阪大学 鷲田 清一 詳細
アグロイノベーション研究高度人材養成事業 東京農工大学 小畑 秀文 詳細

「女性研究者支援モデル育成」採択課題一覧

女性研究者がその能力を最大限発揮できるようにするため、大学や公的研究機関を対象として、研究環境の整備や意識改革など、女性研究者が研究と出産・育児等を両立し、その能力を十分に発揮しつつ研究活動を行える仕組みを構築するモデルとなる優れた取組を支援する。

提案課題名 機関名 代表者名 採択理由
女性研究者への革新的支援 東京医科歯科大学 大山 喬史 詳細
理工系女性研究者プロモーションプログラム 東京工業大学 伊賀 健一 詳細
パールの輝きで、理系女性が三重を元気に 三重大学 豊田 長康 詳細
富山循環型女性研究者育成システムの構築 富山大学 西頭 徳三 詳細
地方から開く女性研究者の未来 in 島根 島根大学 本田 雄一 詳細
キャリアウェイ・ユニバーサル化日大モデル 日本大学 小嶋 勝衛 詳細
産学協働女性キャリア支援 東海大学モデル 東海大学 松前 達郎 詳細
逆風を順風に 宮崎大学女性研究者支援モデル 宮崎大学 住吉 昭信 詳細
ソーシャルキャピタルを育む女性研究者支援 慶應義塾大学 安西 祐一郎 詳細
世代連携・理文融合による女性研究者支援 津田塾大学 飯野 正子 詳細
キャンパスシッターによる育成・支援プラン 新潟大学 下條 文武 詳細
女性研究者と家族が輝くオンデマンド支援 静岡大学 興 直孝 詳細
やる気に応えます 金沢大学女性研究者支援 金沢大学 中村 信一 詳細

「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成」採択課題一覧

長期的な観点からイノベーションの創出のために特に重要と考えられる先端的な融合領域において、産学官の協働により、次世代を担う研究者・技術者の育成を図りつつ、将来的な実用化を見据えた基礎的段階からの研究開発を行う拠点を形成する。

提案課題名 機関名 総括責任者 協働機関 採択理由
翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点の形成 横浜市立大学 本多 常高 株式会社日立ハイテクノロジーズ、株式会社島津製作所、株式会社メディカル・プロテオスコープ、大鵬薬品工業株 詳細
光ネットワーク超低エネルギー化技術拠点 産業技術総合研究所 吉川 弘之 日本電信電話株式会社、株式会社富士通研究所、古河電気工業株、株式会社トリマティス 詳細
バイオプロダクション次世代農工連携拠点 神戸大学 野上 智行 旭化成ケミカルズ株式会社、株式会社カネカ、月桂冠株式会社、コスモ石油株式会社、ダイセル化学工業株式会社、帝人株式会社、長瀬産業株式会社、ハウスウェルネスフーズ株式会社、Bio-energy株式会社、フジッコ株式会社、丸善製薬株式会社、三井化学株式会社 詳細

「地域再生人材創出拠点の形成」採択課題一覧

大学等が有する個性・特色を活かし、将来的な地域産業の活性化や地域の社会ニーズの解決に向け、地元で活躍し、地域の活性化に貢献し得る人材の育成を行うため、地域の大学等(又は地域の大学等のネットワーク)が地元の自治体との連携により、科学技術を活用して地域に貢献する優秀な人材を輩出する「地域の知の拠点」を形成し、地方分散型の多様な人材を創出するシステムを構築する。

提案課題名 機関名 総括責任者 連携自治体 採択理由
制御系組込システムアーキテクト養成プログラム 静岡大学 興 直孝 浜松市 詳細
おかやま医療機器開発プロフェッショナル 岡山理科大学 波田 善夫 岡山県 詳細
PBLによる組込みシステム技術者の養成 宮城工業高等専門学校、仙台電波工業高等専門学校 宮城 光信 宮城県 詳細
社会基盤メンテナンスエキスパート養成 岐阜大学 森 秀樹 岐阜県 詳細
『世界俯瞰の匠』育成プログラム 山形大学 結城 章夫 山形県 詳細
21世紀源内ものづくり塾 香川大学 一井 眞比古 香川県 詳細
東三河IT食農先導士養成拠点の形成 豊橋技術科学大学 榊 佳之 愛知県、豊橋市、豊川市及び豊川宝飯地区農政企画協議会、蒲郡市、新城市、田原市 詳細
土佐フードビジネスクリエーター人材創出 高知大学 相良 祐輔 高知県南国市、高知県香美市、高知県香南市 詳細
山海空コラボレーションみかん島再生クルー 大島商船高等専門学校 久保 雅義 山口県大島郡周防大島町 詳細
観光ナガサキを支える“道守”養成ユニット 長崎大学 齋藤 寛 長崎県 詳細
あきたアーバンマイン技術者養成プログラム 秋田大学 吉村 昇 秋田県(および大館市、能代市、小坂町などエコタウンエリアの自治体) 詳細
「医用システム開発マイスター」養成塾 弘前大学 遠藤 正彦 青森県 詳細
戦略的発想能力を持った唐津焼産業人材養成 佐賀大学 長谷川 照 唐津市 詳細

「アジア・アフリカ科学技術協力の戦略的推進 1戦略的環境リーダー育成拠点形成」採択課題一覧

イノベーション25に掲げる「世界に開かれた大学づくり」と「世界の環境リーダーの育成」の一環として、また、「科学技術外交の強化」に掲げる「世界の環境リーダーの育成」を推進するため、途上国における環境問題の解決に向けたリーダーシップを発揮する人材(環境リーダー)を育成する拠点を形成する。

提案課題名 機関名 代表者名 採択理由
低炭素社会を設計する国際環境リーダー育成 広島大学 浅原 利正 詳細
環境マネジメント人材育成国際拠点 京都大学 尾池 和夫 詳細
名古屋大学国際環境人材育成拠点形成 名古屋大学 平野 眞一 詳細
デュアル対応国際環境リーダー育成 早稲田大学 白井 克彦 詳細
共鳴型アジア環境リーダー育成網の展開 東京大学 小宮山 宏 詳細

「アジア・アフリカ科学技術協力の戦略的推進 2国際共同研究の推進」採択課題一覧

(1)先端技術創出国際共同研究

科学技術外交の強化の一環として、我が国と中国、韓国、シンガポール等、アジア・アフリカ諸国における先端技術を有する国々との科学技術協力を強化するとともに、これら諸国の優れた研究機関との相互補完的な国際共同研究の実施等を支援する。

提案課題名 研究代表者 共同研究機関 採択理由
デング熱の発症と病態に関連する遺伝因子の同定 京都大学・教授
松田 文彦
タイ・マヒドン大学 詳細
大規模ゲノム解析による熱帯感染症制圧 北海道大学・教授
杉本 千尋
タイ・チェンマイ大学医学部、マレーシア・マレーシアゲノム研究所、インドネシア・サムラトランギ大学医学部、ザンビア・ザンビア大学獣医学部、ガンビア・国際トリパノソーマ抵抗性研究所 詳細
途上国が適用可能な下水処理技術の創成 東北大学・教授
原田 秀樹
インド・インド工科大学ルーキー校、タイ・アジア工科大学 詳細
高生産性エネルギー環境植物の分子育種 奈良先端科学技術大学院大学・教授
横田 明穂
ボツワナ・農務省農業研究部、インドネシア・ボゴール農業大学 生物資源・バイオテクノロジー研究センター 詳細
階層別分子動態可視化のための先端技術開発 早稲田大学・教授
石渡 信一
シンガポール・シンガポール国立大学、シンガポール・Duke-NUS 詳細
アジア人の癌体質と遺伝子治療共同臨床研究 岡山大学・教授
公文 裕巳
中国・北京大学、中国・浙江大学、韓国・Catholic University of Korea、シンガポール・シンガポール総合病院 詳細

(2)科学技術研究員派遣支援システム開発

途上国で共同研究等を行う研究者をODAにより派遣する新しい制度が独立行政法人(以下「JICA(ジャイカ)」という。)により創設されることとなっているが、当該制度を開発援助の観点のみならず、我が国の科学技術振興の観点からもより有効に機能させるため、派遣研究者選定に資するシステムを開発する。

提案課題名 代表者 採択理由
氏名 所属・役職
科学技術研究員派遣支援システム調査 小野 元之 独立行政法人 日本学術振興会・理事長 詳細

「重要課題課題への機動的対応の推進」採択課題一覧

科学技術推進の司令塔としての総合科学技術会議の機能の充実・強化を図るため、総合科学技術会議のイニシアティブにより重要政策課題を臨機応変に設定し調査研究を実施する。

(課題1)iPS細胞研究を含む再生医療研究推進・支援体制整備に向けた国際動向調査研究

提案課題名 研究代表者 参画機関 採択理由
新iPS細胞とiPS細胞活用の調査研究 多田 高 京都大学再生医科学研究所 詳細

(課題2)ライフサイエンスの先端科学技術が社会に与える影響の調査研究

提案課題名 研究代表者 参画機関 採択理由
遺伝子組換え技術の国民的理解に関する調査研究 鎌田 博 筑波大学 詳細