ここからサイトの主なメニューです

平成20年度「ナショナルバイオリソースプロジェクト」に関する「ゲノム情報等整備プログラム」の課題の選定について

平成20年4月30日

 文部科学省では、ライフサイエンス研究の基礎・基盤となるバイオリソース(動物、植物等)について収集・保存提供を行うとともに、バイオリソースの質の向上を目指した技術開発等を行うことを目的として、平成19年度からナショナルバイオリソースプロジェクト(以下「NBRP」という。)を実施しております。
 本年2月、本プロジェクトのうち「ゲノム情報等整備プログラム」の課題の公募を行い、この度、課題選考委員会の審査を経て、平成20年度に実施する課題として3件を採択しましたので、お知らせいたします。

1.公募概要

 NBRPでは、ライフサイエンス研究の基礎・基盤となるバイオリソース(動物、植物等)について収集・保存提供を行うとともに、バイオリソースの質の向上を目指した技術開発等を行うことを目的としています。NBRPでは、上記の目的のために、「中核的拠点整備プログラム」、「情報センター整備プログラム」、「ゲノム情報等整備プログラム」、「基盤技術整備プログラム」の4つのプログラムを設け、各プログラムが連携を図りつつ実施することとしています。平成19年度には「中核的拠点整備プログラム」では28生物種等(理化学研究所が整備する5生物種等含む)、「情報センター整備プログラム」では1件、「ゲノム情報等整備プログラム」では4件、「基盤技術整備プログラム」では5件を採択しました。このうち、「ゲノム情報等整備プログラム」については、単年度の実施となっております。
 今回、平成20年度に実施する「ゲノム情報等整備プログラム」の課題の公募を行い、16件の申請課題について課題選考委員会において書面審査及びヒアリング審査を行い、採択課題を決定しました。
 なお、「ゲノム情報等整備プログラム」は、NBRPで実施する生物種等を公募の対象としました。

2.採択した課題

 平成20年度に実施する課題として今回採択した課題は、次の3件です。

生物種等名 申請課題名 代表機関 申請代表者
メダカ メダカ完全長cDNAリソースの整備 自然科学研究機構 成瀬 清
ラット ラットLE/StmのBACエンドシークエンス 京都大学 芹川 忠夫
トマト マイクロトム完全長cDNA配列解読によるトマトリソース高付加価値化 かずさディー・エヌ・エー研究所 青木 考

3.ナショナルバイオリソースプロジェクト課題選考委員会委員名簿

別紙)のとおり。

お問合せ先

研究振興局ライフサイエンス課

植物研究係 竹内 佑介(内線4366)
電話番号:生命科学研究係長 西嶋 基輝(内線4366)
ファクシミリ番号:電話:03-5253-4111(代表)、03-6734-4366(直通)

(研究振興局ライフサイエンス課)

-- 登録:平成21年以前 --