ここからサイトの主なメニューです

平成20年度科学研究費補助金の配分について(速報値)

平成20年4月25日

 このたび、平成20年度科学研究費補助金(科研費)として、応募のあった約12万3千件の研究課題のうち、ピア・レビュー(専門分野の近い複数の研究者による審査)による厳正な審査を経て、約4万9千件を採択し、総額約1,398億4千万円(直接経費)を交付することを内定しました。このうち、新規採択課題の交付内定は、約9万3千件の応募に対し、約1万9千件を採択し、総額約511億1千万円(直接経費)(採択率20.7パーセント)でした。
 なお、本資料は、現在審査中の一部研究種目を除き、4月25日時点の配分状況を公表するものです。

1.科学研究費補助金制度の概要

 科研費は、人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる独創的・先駆的な「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を対象とする「競争的資金」であり、科学技術・学術審議会科学研究費補助金審査部会及び独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会の審査を経て、その配分を決定するものです。
 平成20年度は、1,932億円(対前年度19億円、1.0パーセント増)の予算を計上しております。

2.今回交付内定を行った研究種目

  • 科学研究費
    • 特別推進研究、特定領域研究、基盤研究、萌芽研究、若手研究、奨励研究
      • 特別推進研究、基盤研究(S)、若手研究(S)及び若手研究(スタートアップ)の新規課題を除く
  • 研究成果公開促進費
  • 学術創成研究費

3.今後の予定

 今回交付内定を行った研究課題は、交付申請書の提出を受け、20年5月下旬から6月中旬にかけ交付決定を行います。
 また、現在審査中の特別推進研究、基盤研究(S)、若手研究(S)及び現在公募中の新学術領域研究、若手研究(スタートアップ)、特別研究促進費(年複数回応募の試行)の新規採択課題等の配分も含めた、科学研究費補助金全体の採択・配分状況については、20年11月頃に公表する予定です。

4.資料

資料1−1
  平成20年度科学研究費補助金 配分状況一覧(新規採択プラス継続分)(PDF:49KB)
資料1−2
  平成20年度科学研究費補助金 配分状況一覧(新規採択分)(PDF:44KB)
資料2
  平成20年度科学研究費補助金 機関別採択件数・配分額一覧(新規採択プラス継続分)(PDF:334KB)

お問合せ先

研究振興局学術研究助成課

学術研究助成課長 磯谷、課長補佐 石田、科学研究費第三係 吉田
電話番号:03-6734-4094(直通)、03-5253-4111(代表)(内線4317)

-- 登録:平成21年以前 --