ここからサイトの主なメニューです

平成一五年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰候補者の推薦について

14初参事第三二号

平成一四年一二月一九日
各都道府県教育委員会指導事務主管課長あて
文部科学省初等中等教育局参事官依頼

平成一五年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰候補者の推薦について

標記について、別添のとおり林野庁から推薦の依頼がありました。

ついては、学校環境緑化活動において顕著な功績をあげている小学校、中学校又は高等学校を緑化推進運動功労団体として推薦することとしましたので、候補となる学校を左記により推薦願います。推薦に当たっては、知事部局関係部課と連絡の上、よろしくお取り計らいください。

推薦のあった中から文部科学省において数校を選定し、林野庁へ推薦する予定です。

なお、該当する学校がない場合でもEメール等で、その旨御回答願います。

一 対象

これまでに全日本学校関係緑化コンクールの学校環境緑化コンクールの部((社)国土緑化推進機構主催(参考資料三参照))において、学校環境緑化活動が優秀と認められ、文部大臣賞(文部科学大臣賞)を受賞した小学校、中学校又は高等学校で、受賞後も相当期間緑化の推進に努めている学校とする。(参考資料四参照)

なお、上記に該当しない学校林等活動コンクールの部の受賞校は、文部科学省からの推薦の対象に含まれないので注意すること。

二 推薦手続

都道府県教育委員会は、域内の対象校のうち、候補となる学校を一校選定した上、次の書類を提出すること。

(一) 文部大臣賞等を受賞した当時の活動状況を示すもの

学校環境緑化実施状況調書等

(二) 文部大臣賞等を受賞した後から現在までの活動状況を示すもの

新聞・雑誌等の記事、写真等

(三) 学校環境緑化活動の功績を示す推薦書及び功績調書

(別紙様式一―二、二―二、注意事項及び記入例を参照)

(四) 学校環境緑化活動関係で受賞した賞の表彰状のコピー

(推薦書、功績調書に記載した賞)

(五) 学校案内、学校要覧等 五部

三 推薦締切

平成一五年一月一四日(火)までに初等中等教育局参事官あて提出すること。(厳守)

担当:文部科学省初等中等教育局

参事官付産業教育係

TEL 〇三―五二五三―四一一一 内線二九〇四

E―mail sankyou@mext.go.jp

別添

事務連絡

平成一四年一二月一七日

各省庁担当官 殿

林野庁森林整備部森林保全課

平成一五年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰の候補者の推薦について

標記について、別添「緑化推進運動功労者表彰候補者推薦書の提出に当たっての注意事項」をご了知のうえ、左記の書類等を平成一五年一月二四日(金)までに提出願います。

なお、作成に当っては、別添事例を参考にしてください。

一 推薦書(別紙様式一)

二 功績調書(別紙様式二)

三 参考資料

連絡先

林野庁整備部森林保全課

電話:代表〇三―三五〇二―八一一一 内線六三二三

直通〇三―三五〇一―三八四三

FAX: 〇三―三五〇二―二一〇四

別添

緑化推進運動功労者表彰候補者推薦書等の提出に当たっての注意事項

一 推薦書(様式一)の記載について

(一) 個人、団体を通じ各省庁ごとに推薦の順位を付すること。

(二) 功績の概要の欄については、「功績調書(様式二)」の「功績の概要」を参考に緑化活動の推進、緑化活動の普及啓発の功績内容を簡潔に分かり易くまとめて記載(二三字×二〇行程度)すること。(別添事例参考)

記載に当たっては、[cir1 ]顕著な功績の内容について、数字で表わせるものは数字で表現すること。[cir2 ]事業名など名称だけではその内容が一般の方には分かりにくいものについては短い文書で説明を加えること。[cir3 ]「年度」は「年」、「樹木」、「草花」の名称はカタカナ、「広さ」、「長さ」などの単位はアルファベット表示にすること。

なお、推薦書は公表用(冊子)の原稿として利用します。

二 功績調書(様式二)の記載について

(一) 人名、団体名、地名等の文字は間違いのないよう十分注意し、正しいふりがなを付けること。(当用漢字以外の文字は、特に注意)

(二) 職業については、「林業」、「○○(株)社長」、「○○町助役」、「会社員」等具体的に記入すること。

また、団体の代表者肩書氏名欄には、「会長」、「委員長」等代表の肩書のほか、必要に応じて代表者の個人としての職業(公職、会社役員等の場合)も( )書で記入すること。

(三) 一候補についての功績調書は、A四版用紙二枚程度にまとめて記述すること。(別添事例参考)

三 参考資料について

(一) 候補者の事実行為の裏付けのための資料として新聞、雑誌の記事、写真等を添付(一時借用でも構わない)すること。

(二) 団体にあっては、その団体の沿革及び構成等(会員数、会則、規約等)が分かる資料を添付すること。

(三) 自省庁の緑化関係表彰事業の表彰規程等(根拠法、実施要領、選考基準等)を添付すること。

(四) 推薦要領一(一)を証明する各大臣等表彰状の写しを添付すること。

(五) その他、選考の参考となる資料があれば添付すること。

四 その他

推薦書、功績調書及び参考資料は、各二部提出すること。(但し、写真等一時借用したものについては一部で可)

(様式1―2)

(様式1―2)

(様式2―2)

(様式2―2)

参考資料1

緑化推進運動功労者表彰要領

(昭和58年12月27日)

(緑化推進連絡会議)

「緑化推進運動の実施方針」(昭和58年4月14日緑化推進連絡会議)に基づく、緑化推進運動功労者の表彰は、この要領に基づいて行うものとする。

1 表彰の範囲

緑化の推進に関し、次の各号の一に該当する個人又は団体とする。

(1) 緑化活動の推進について顕著な功績のあったもの

(2) 緑化思想の普及啓発について顕著な功績のあったもの

2 表彰実施者

内閣総理大臣

3 表彰の方法

表彰状及び記念品

4 表彰の時期

原則として、毎年緑化にふさわしい適当な時期を選定して行う。

5 表彰の手続き

各省庁から推薦されたもののうちから、緑化推進連絡会議議長が選考し、内閣総理大臣が定める。

6 その他

上記のほか、この表彰の実施に関し必要な事項は、緑化推進連絡会議議長が別に定める。

参考資料2

緑化推進運動功労者表彰候補者推薦要領

(昭和58年12月27日)

(昭和61年4月23日改正)

(緑化推進連絡会議議長)

緑化推進運動功労者の内閣総理大臣表彰の範囲及び選定の手続き等については、「緑化推進運動功労者表彰要領」(昭和58年12月27日緑化推進連絡会議)に定めるところによるほか、下記により行う。

1 推薦の範囲

(1) 「緑化推進運動功労者表彰要領」の「表彰の範囲」の項に定める各号の一に該当する個人又は団体で、原則として関係大臣若しくは、これに準ずる者等から表彰を受けたことのあるもので、当該表彰を受けた後も、相当期間緑化の推進に努めているものとする。

(2) 緑化の推進に関し、褒章を受けた者、勲章を受けた者及び当該年度に叙勲の候補者又は、褒章の候補者になり得る者は除くこととする。

(3) 緑化の推進に関し、内閣総理大臣の表彰を受けたものは、推薦の対象としないこととする。ただし、そのものが、まさに表彰を受けた事由以外の事由による場合にあっては、この限りではない。

2 推薦の手続

(1) 「緑化推進運動功労者表彰要領」の「表彰の手続」の項による関係各省庁は、同要領の「表彰の範囲」に掲げる事項に関し、監督又は指導を行っている省庁とする。ただし、緑化推進運動に顕著な功績があったもので、表彰に適するものがある場合においては、各省庁の所管の範囲を超えて推薦して差し支えないものとする。

(2) 関係各省庁は、緑化推進連絡会議議長からの推薦依頼に基づき、候補者の推薦を行うものとし、特に、地域住民に密着した緑化推進運動を行うものの中から推薦するよう配慮することとする。

(3) 推薦の時期は、毎年2月28日までとし、当日が日曜日に当たるときは翌日までとする。

(4) 推薦に際しては、推薦されるものの経歴、表彰の理由となる功績を具体的に明記し、個人、団体を通じ順位を付するものとする。

3 表彰数

個人及び団体を通じて、20ないし25とする。

参考資料3

全日本学校関係緑化コンクール実施要領

社団法人 国土緑化推進機構

第1 趣旨

学校を中心とする緑化活動は、次の世代を担う青少年の緑化思想の高揚はもとより、国土緑化運動の推進のためにも、きわめて重要な意義をもつものである。よって、青少年の緑化活動および学校における緑化教育の一層の推進を図るため、学校関係緑化コンクールを実施する。

併せて、学校関係緑化の協力者を表彰する。

第2 主催 社団法人 国土緑化推進機構

第3 後援申請(予定) 文部科学省、農林水産省、日本放送協会

第4 コンクールの種類

(1) 学校林等活動の部

(2) 学校環境緑化の部

第5 参加の資格および条件

1 学校

(1) 学校林等活動の部

小学校、中学校、高等学校で、広く森林(当該林と学校とのかかわりについては、それが所有権によるものか使用・貸借契約によるものか等のいかんを問わない。ただし、高等学校における林学科のみを対象とする演習林を除く。以下学校林等という。)を計画的、組織的に活用して、児童・生徒の緑化に関する教育、勤労生産学習、体験学習等に顕著な教育効果をあげた学校(昨年度に特選、準特選になった学校を除く。)

(2) 学校環境緑化の部

小学校、中学校、高等学校で、児童・生徒等による計画的、組織的な環境緑化を進め、優秀な環境緑化の実績をあげるとともに、児童・生徒の緑化教育等の面でも顕著な教育効果をあげた学校(昨年度に特選、準特選になった学校を除く。)

2 協力者

学校関係緑化に特に功績のあった団体または個人(原則として公職者を除く。)であって、都道府県知事の推せんするものをいう。

第6 参加申込

参加を希望する学校は、学校林等活動状況調書(様式1)または学校環境緑化実施状況調書(様式2)を都道府県知事に提出するものとする。

第7 審査および推せん

1 都道府県知事の審査および推せん

(1) 学校

都道府県知事は、学校林等活動状況調書または、学校環境緑化実施状況調書を審査し、学校林等活動の部、学校環境緑化の部のそれぞれについて、小学校、中学校、高等学校別に、原則として優秀校1校を選定し、推せん理由を付して、その調書を国土緑化推進機構に提出する。この場合、コンクールの種類別に小学校、中学校、高等学校別の参加校を付記する。

(2) 協力者

都道府県知事は、学校関係緑化に特に功績の認められる団体または個人(原則として公職者を除く。)について、その業績を学校関係緑化協力状況調書(様式3)に記載のうえ、国土緑化推進機構へ推せんする。

2 中央審査会および審査

(1) 中央審査会の審査員は、国土緑化推進機構理事長が特に委嘱する。

(2) 学校林等活動の部

中央審査会は、都道府県知事が推せんした学校について審査し、必要に応じて現地調査を行い、小学校、中学校、高等学校別に、特選校1点、準特選校2点、入選校若干を選定する。

(3) 学校環境緑化の部

中央審査会は、都道府県知事が推せんした学校について審査し、必要に応じて現地調査を行い、小学校、中学校、高等学校別に、特選校1点、準特選校2~4点、入選校若干を選定する。

(4) 協力者の選定

中央審査会は、都道府県知事が推せんした団体および個人について審査のうえ、優秀なもの若干を選定する。

第8 表彰の種類

1 学校林等活動の部

小学校、中学校、高等学校別に次の賞を授与するとともに、特選小学校に日本放送協会会長賞をあわせて授与する。

特選 農林水産大臣賞

準特選 国土緑化推進機構会長賞

入選 国土緑化推進機構理事長賞

2 学校環境緑化の部

小学校、中学校、高等学校別に次の賞を授与するとともに、特選小学校に日本放送協会会長賞をあわせて授与する。

特選 文部科学大臣賞

準特選 国土緑化推進機構会長賞

入選 国土緑化推進機構理事長賞

3 協力者

協力者に次の賞を授与するとともに、特に顕著な功績があった団体または個人にノースロップ賞をあわせて授与する。

協力賞 国土緑化推進機構理事長賞

第9 その他

1 参加の特例

盲学校、ろう学校等の参加については、第5~第8に準じて取り扱う。

2 推せん書の提出

(1) 提出先

(〒102―0093) 東京都千代田区平河町2―7―5 砂防会館内

社団法人 国土緑化推進機構

(2) 提出期限

9月末日(厳守のこと)

(3) 表彰式

翌春開催予定の全国植樹祭において行う。

参考資料4

学校環境緑化コンクール特選校(文部科学大臣賞)一覧


 

小学校

中学校

高等学校

35

青森県十和田市北園小学校(H10)

宮城県歌津町伊里前小学校

山口県宇部市東岐波小学校

山口県田布施町田布施中学校

福岡県小倉市曽根中学校

栃木県立宇都宮中央女子高等学校(S60)

36

栃木県氏家町押上小学校

山口県南陽町富田東小学校

香川県豊浜町豊浜東小学校

愛知県岡崎市南中学校(S59)

山口県徳地町堀中学校

 

37

宮城県花山村花山小学校

愛知県岡崎市矢作南小学校

香川県山本町辻小学校(H3)

栃木県塩原町塩原中学校

福島県平市第一中学校

 

38

宮城県塩釜市月見ケ丘小学校

栃木県桑絹町羽川小学校

山口県下松市豊井小学校

栃木県二宮町物部中学校

山口県久賀町久賀中学校

 

39

福島県須賀川市須賀川第三小学校

山口県田布施町田布施西小学校

宮城県南郷町南郷中学校

愛知県岡崎市葵中学校

山口県山口市鴻南中学校

 

40

山口県萩市三見小学校

香川県観音寺市観音寺南小学校

福島県浪江町苅野中学校(H元)

山口県宇部市西岐波中学校

 

41

栃木県氏家町氏家小学校

山口県阿知須町井関小学校

香川県高松市二番丁小学校

岩手県紫波町紫波第二中学校

埼玉県加須市西中学校

熊本県大津町大津中学校

 

42

山口県徳山市遠石小学校(S59)

北海道旭川市東町小学校

埼玉県日高町高麗川小学校

宮城県涌谷町涌谷中学校

新潟県長岡市東北中学校

茨城県明野町大鳥中学校

 

43

群馬県高崎市新高尾小学校

広島県阿部町大林小学校

山口県鹿野町鹿野小学校

北海道静内町御園中学校

宮城県村田町村田第二中学校

岡山県倉敷市味野中学校

和歌山県田辺工業高等学校

44

山形県河北町谷地中部小学校

山口県平生町平生小学校(H10)

徳島県板野町板野東小学校

滋賀県栗東町栗東中学校

福島県いわき市湯本第三中学校

徳島県土成町土成中学校

岡山県興陽高等学校

45

茨城県石岡市東小学校

山口県萩市椿西小学校

栃木県宇都宮市清原中学校

茨城県結城郡八千代村八千代第一中学校

岡山県倉敷中央高等学校

大分県佐伯農業高等学校

46

福島県双葉郡富岡町富岡第二小学校

愛知県渥美郡田原町神戸小学校

新潟県北蒲原郡紫雲寺町紫雲寺中学校

鹿児島県鹿児島市谷山北中学校

 

47

秋田県大館市城西小学校

宮城県小林市南小学校

栃木県真岡市中村中学校

愛知県岡崎市城北中学校(S63)

 

48

栃木県上三川町坂上小学校

愛知県岡崎市井田小学校

秋田県雄物川町雄物川中学校(S63)

 

49

山口県豊浦町誠意小学校(H14)

宮崎県山田町山田小学校(H9)

愛知県岡崎市竜海中学校

香川県白鳥町白鳥中学校(H12)

秋田県鷹巣農林高等学校

50

福島県浪江町苅野小学校(H元)

山口県徳山市周陽小学校

栃木県今市市落合中学校

愛知県岡崎市甲山中学校

 

51

栃木県河内町白沢小学校

愛知県岡崎市連尺小学校

秋田県能代市能代第二中学校(H元)

愛知県春日井市中部中学校

 

52

愛知県岡崎市愛宕小学校

山口県秋穂町秋穂小学校

栃木県真岡市山前中学校

宮城県農業高等学校(H4)

愛知県東郷高等学校

宮崎県小林工業高等学校

53

山口県徳山市遠石小学校(S59)

福島県大熊町熊町小学校(H8)

愛知県岡崎市三島小学校

茨城県那珂町第三中学校(S62)

愛知県岡崎市福岡中学校

愛知県加茂丘高等学校

宮崎県都城商業高等学校

54

宮城県亘埋町亘埋小学校

山口県徳山市秋月小学校

鹿児島県知覧町知覧小学校(H5)

栃木県馬頭町馬頭中学校

愛知県蒲郡市西浦中学校

宮崎県高鍋農業高等学校(S61)

55

栃木県黒磯市稲村小学校

愛知県知多市旭北小学校

宮崎県小林市東方小学校

茨城県美野里町美野里中学校(S61)

栃木県田沼町西中学校(H6)

宮崎県中田町中田中学校(H2)

栃木県真岡農業高等学校(S63)

56

栃木県氏家町南小学校

愛知県岡崎市根石小学校

香川県山本町辻小学校(H3)

栃木県宇都宮市国本中学校

愛知県岡崎市美川中学校

青森県名久井農業高等学校(S60)

栃木県宇都宮中央女子高等学校

57

愛知県岡崎市男川小学校

栃木県高根沢町東小学校(H元)

栃木県真岡町真岡中学校

愛知県安城農林高等学校

58

栃木県今市市大室小学校(H2)

愛知県瀬戸市陶原小学校

埼玉県川口市小谷場中学校(H4)

愛知県豊橋南高等学校

鹿児島県加世田農業高等学校(H10)

59

愛知県岡崎市奄美丘小学校

熊本県熊本市託麻原小学校(S62)

栃木県塩谷町大宮中学校

愛知県安城東高等学校

60

栃木県市貝町立小貝中央小学校

愛知県岡崎市立常盤小学校

大阪府堺市立陵南中学校

栃木県立宇都宮農業高等学校

61

愛知県岡崎市立広幡小学校

栃木県鳥山町立鳥山中学校(H5)

愛知県立時習館高等学校

62

愛知県刈谷市立富士松北小学校

栃木県二宮町立長沼中学校

栃木県立栃木農業高等学校

63

栃木県佐野市立出流原小学校

愛知県岡崎市立常盤中学校

栃木県立鹿沼農業高等学校

愛知県岡崎市立大門小学校

栃木県矢板市立片岡中学校

栃木県立真岡高等学校

2

宮城県歌津町立名足小学校(H7)

栃木県佐野市立赤見中学校(H11)

秋田県立平鹿高等学校

3

愛知県岡崎市立矢作西小学校

秋田県千畑町立千畑中学校(H7)

 

4

愛知県刈谷市立かりがね小学校(H11)

栃木県二宮町立久下田中学校

 

5

栃木県佐野市立石塚小学校

愛知県岡崎市立東海中学校

沖縄県立浦添工業高等学校(H8)

6

栃木県那須町立大島小学校(H13)

愛知県知多市立知多中学校

宮城県伊具高等学校

7

栃木県氏家町立押上小学校

愛知県刈谷市立雁が音中学校

 

8

栃木県小山市立羽川西小学校

愛知県岡崎市立新香山中学校

宮城県柴田農林高等学校

9

愛知県常滑市立三和小学校

秋田県増田町立増田中学校(H12)

宮城県柴田農林高等学校川崎校

10

愛知県岡崎市立竜谷小学校

栃木県大田原市立若草中学校

沖縄県立与勝高等学校(H13)

11

熊本県熊本市立高平台小学校(H14)

栃木県馬頭町立馬頭中学校

沖縄県立八重山養護学校

12

愛知県岡崎市立緑丘小学校

愛媛県松山市立日浦中学校

奈良県立奈良高等学校

13

栃木県高根沢町立阿久津小学校

熊本県熊本市立東野中学校

沖縄県立宮古高等学校

(受賞年)

-- 登録:平成21年以前 --