ここからサイトの主なメニューです

一〇年経験者研修に係る評価項目等の参考例について

14初教職第一八号

平成一四年一〇月一七日
各都道府県教育委員会・各指定都市教育委員会・各中核市教育委員会・附属学校を置く各国立大学長・国立久里浜養護学校長あて
文部科学省初等中等教育局教職員課長通知

一〇年経験者研修に係る評価項目等の参考例について

標記について、「教育公務員特例法の一部を改正する法律等の公布について」(平成一四年八月八日付14文科初第五七五号文部科学事務次官通知)(以下「通知」という。)において、追って送付することとしておりました一〇年経験者研修に係る評価基準として文部科学省が想定している例を送付します。

各都道府県教育委員会におかれては、域内の関係者に対して、送付してくださるようお願いいたします。

一 一〇年経験者研修に係る評価項目等の参考例について

これまでも、各任命権者においては、教諭等の学習指導や生徒指導等に関する指導力の向上を図るため、研修や指導等を行うに当たり、教諭等のこれらに関する能力や適性等について様々な形で評価が行われてきたものと考えている。

今回、新たに設けた一〇年経験者研修も、教諭等の教科指導や生徒指導等に関する指導力の向上を趣旨としており、各任命権者においては、これまでの評価に関する経験等を基に、この「一〇年経験者研修に係る評価項目等の参考例について」を参考としつつ、各々が実施する一〇年経験者研修の具体的な内容・方法等を踏まえて、それぞれ創意工夫を凝らして評価を行い、一〇年経験者研修の円滑な実施に努めていただきたい。

二 別紙一及び別紙二の「評価項目等の参考例」について

一〇年経験者研修は、通知においても示したとおり、教諭等一人一人の専門性の向上や得意分野を伸ばすなど、教諭等のニーズに応じて実施されることを想定していることから、学習指導や学級経営等に関する評価項目を設けて評価を行うとともに、適性や研修履歴等の経験等についても評価を行うことを想定しており、これら全体をまとめて示したものが別紙一及び別紙二の「評価項目等の参考例」である。

これらの「評価項目等の参考例」は、通知の別紙一「一〇年経験者研修のイメージ案(中学校・高等学校)」及び別紙二「一〇年経験者研修のイメージ案(幼稚園)」において示している一〇年経験者研修の内容・方法等を想定して作成したものであるため、中学校及び幼稚園の教諭等を対象としており、他の学校種に係る評価項目については、これらを参考としつつ、各任命権者において、各学校種の特性等も踏まえ、様々な創意工夫を凝らして作成していただきたい。

別紙一

評価項目等の参考例について(中学校)

[Roman1 ] 評価項目について

以下の丸数字は、評価に当たっての考慮事項の例であり、これら以外の事項もあり得るものである。

一 学習指導に関する評価項目

(一) 計画

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 教材の選択が適切であり、また、教材分析が正確かつ緻密である

[cir2 ] 年間指導計画に基づき、単元目標を適切に設定するなど、教育課程を適切に実施している

[cir3 ] 補助教材、視覚教材や教育機器などの教材・教具を適切に活用するなど、授業方法を工夫している

[cir4 ] 全員参加の授業づくりに努めるとともに、個別指導やグループ別指導など指導方法を工夫し、個に応じた指導の充実を図っている

[cir5 ] 内容に応じ、体験的な学習や問題解決的な学習を重視するとともに、生徒の興味・関心を生かし、自主的・自発的な学習が促されるよう工夫している

(二) 授業の実施

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 発問、板書などの基本技術が適切である

[cir2 ] 展開の目標が明確である、教材・教具を適切に活用している等、授業の進め方が円滑である

[cir3 ] 学級全体や個々の生徒の理解度を把握し、修正や改善を行っている

(三) 評価

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 評価を工夫し、指導の改善や学習意欲の向上に生かすようにしている

(四) その他

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 言語に対する理解や関心を深め、言語環境を整える、生徒の言語活動が適正に行われるよう配慮している

[cir2 ] 家庭学習など生徒の自主的な学習態度の育成に取り組んでいる

[cir3 ] 学校図書館の活用、読書活動の工夫に努めている

[cir4 ] 学習指導に当たり、教務主任等他の教員との連携協力を適切に行うとともに、担当する分掌について的確に責任を果たしている

二 生徒指導等に関する評価項目

(一) 生徒指導

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 生徒指導について正確かつ十分に理解しており、指導の充実に向けた考え方が明確である

[cir2 ] 生徒理解を深めるとともに、様々な教育相談の手法を身に付けている

[cir3 ] 日ごろから教師と生徒の信頼関係及び生徒相互の好ましい人間関係づくりを適切に進めている

[cir4 ] 生徒が学校や学級での生活によりよく適応するとともに、現在及び将来の生き方を考え行動する態度や能力を育成することができるよう配慮している

[cir5 ] いじめなどの問題行動等の指導に対して積極的に取り組んでいる

(二) 進路指導

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 生徒が自らの生き方を考え、主体的に進路を選択できるよう、指導を行っている

[cir2 ] 進路指導の指導計画に基づき、適切な指導を行っている

(三) その他

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 生徒の日々の生活などの適切な評価に努め、記録及び指導に生かしている

[cir2 ] 障害のある生徒への理解と指導に積極的に取り組んでいる

[cir3 ] 生徒指導等に当たり、生徒指導主事等他の教員との連携協力を適切に行うとともに、担当する分掌について的確に責任を果たしている

三 学級経営その他に関する評価項目

(一) 学級経営

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 学校教育目標や経営方針などに基づき、学級経営案(及び学年経営案)を立て、その実現化を図るとともに、適宜、評価を行い、改善に努めている

[cir2 ] 学級目標や個人目標の設定を工夫し、その実現に取り組む指導が適切である

[cir3 ] 壁面利用や座席決めなど教室環境・学習環境の整備に努め、教室空間の効果的利用に努めている

[cir4 ] 校長をはじめ、校内における報告・連絡・相談が適切に行われている

[cir5 ] 授業時間以外の時間の運営を工夫し、読書活動や体力つくりなどの充実に取り組むなど特色ある学級経営に努めている

[cir6 ] 当番活動などの指導、係・委員会をはじめとする自主的な集団活動などの指導が適切である

(二) 家庭・地域等との連携

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 家庭への情報提供に努めるなど、家庭との間に好ましい関係が作られている

[cir2 ] 地域への情報提供に努めるなど、地域との間に好ましい関係が作られている

[cir3 ] 必要に応じ、学校外の関係機関との連絡・協力等が適切に行われている

(三) その他

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 日々の生活における健康・安全に十分留意した指導を行っている

[cir2 ] 学習指導、生徒指導等以外についても、学年主任等他の教員との連携協力を適切に行うとともに、担当する分掌について的確に責任を果たしている

【留意点】

(一) 一〇年経験者研修の具体的な研修内容には、「教育公務員特例法の一部を改正する法律等の公布について」(平成一四年八月八日付文部科学事務次官通知)で示したイメージ案のとおり学習指導、生徒指導等に関する研修が含まれることを想定しており、それらに関する評価項目も定められるものと考えているが、具体的な評価項目の定め方(項目の分け方、種類、詳細さ等)については、前記一から三にあるものも参考としつつ、各任命権者において、各々の実施する一〇年経験者研修の具体的な内容・方法等を踏まえて検討されたいと考えていること。

(二) 道徳、特別活動、総合的な学習の時間についても一〇年経験者研修の具体的な研修内容に含まれることを想定しているが、それらに関する評価項目の在り方については、各任命権者において、各々の実施する一〇年経験者研修の具体的な内容・方法等を踏まえて検討した上で、適切に評価されたいこと。

(三) 各評価項目の評価については、その評価結果を具体的な研修内容・方法に活用することを想定して、各任命権者において検討されたいこと。なお、参考として示すならば、

一 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる最低限の程度を満たしていない

二 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる最低限の程度を満たしている

三 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる一般的な程度を十分に満たしている

四 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる程度以上に、優れている

等に分けることが考えられること。

(四) (三)の評価方法による評価を行うとともに、各評価項目に関連して、伸ばすべき優れた点や改善すべき点など、一〇年経験者研修を実施する上で留意すべき事項を記入する欄を設けることも考えられること。

[Roman2 ] 適性の評価について

個々の教員の能力、適性等に応じて実施するという一〇年経験者研修の趣旨に鑑み、評価項目にとらわれず得意分野として伸ばすべき特に優れた指導力等を有する教科や分野等を記入する欄を設けることが考えられる。

[Roman3 ] 研修履歴等の経験等の評価について

過去の研修履歴や、それまで勤務した学校における勤務経験その他、一〇年経験者研修を実施する上で、留意すべき事項を記入する欄を設けることが考えられる。

別紙二

評価項目等の参考例について(幼稚園)

[Roman1 ] 評価項目について

以下の丸数字は、評価に当たっての考慮事項の例であり、これら以外の事項もあり得るものである。

一 幼児の指導に関する評価項目

(一) 計画

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 園の教育課程の具体的実施計画として、長期、短期の指導計画を構造的に作成している

[cir2 ] 個々の幼児の理解と発達状況に対応した指導計画を作成している

[cir3 ] 日々の保育の記録をとり、自ら検討するとともに教員間で話し合い、次の指導計画に生かしている

[cir4 ] ティーム保育の場合に、互いの考えを十分に理解し合い指導計画を作成している

(二) 環境の設定

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 幼児の自発的な活動を引き出し、ねらいを達成できる用具、材料を適切に準備し配置している

[cir2 ] 他学級との関係、自然環境、地域の特徴なども生かす保育の場の設定をしている

[cir3 ] 季節、一日の流れなどの時間的要因も環境として捉えて、保育に生かすよう配慮している

[cir4 ] 幼児の実際の活動に合わせ、的確に環境を再構成できる

(三) 保育の方法・展開

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 個々の幼児の特性を理解し、担当の幼児同士の関係を的確に把握している

[cir2 ] 温かい態度で受けとめることによって、幼児の緊張、不安をうまく解消している

[cir3 ] 個々に応じた働きかけにより、信頼関係を早期に築くことができる

[cir4 ] 幼児と共に活動することを心から楽しむことができる

[cir5 ] 幼児と共感し、満足感や心の安定を与えている

[cir6 ] 活動の中で、善悪の判断、思いやりの気持ちなどを、適切な言葉と行動で示している

[cir7 ] 個々に応じた適切な援助を行っている

二 学級経営その他に関する評価項目

(一) 学級経営

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 個々の幼児を学級の一員として大切にすることにより、幼児同士もお互いを大切にする学級になっている

[cir2 ] 施設設備の安全管理、幼児への安全指導が万全である

(二) 保護者への対応

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 家庭との連携が緊密で、個々の幼児について入園前や、家庭での生活の様子も把握し保育に生かしている

[cir2 ] 保護者と話をする機会をできるだけ設け、保育に生かすとともに子育ての相談相手となっている

[cir3 ] 事故、問題などが起きた場合の保護者への説明、対応が迅速で的確である

(三) 地域との関係

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 機会をとらえて地域の人に幼稚園を理解してもらうよう努力している

[cir2 ] 地域の行事などに積極的に参加しようとする姿勢がある

[cir3 ] 地域の人材、施設、自然などを保育に組み入れようという意識を持っている

(四) 園務

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 園全体の運営方針・目標を把握し、職務全般に反映させている

[cir2 ] 園の運営について自分のこととして常に考え、職員会議等においても建設的な発言をする

[cir3 ] 必要に応じて園長などにきちんと報告、連絡、相談を行う

(五) 向上心

(評価に当たっての考慮事項の例)

[cir1 ] 自分の保育の評価を的確に行い、改善を図っている

[cir2 ] 園など職場が用意した研修機会に積極的に参加し資質向上に努めている

[cir3 ] 自主的に園外の研修等に参加し、研修成果を実践に生かしている

【留意点】

(一) 一〇年経験者研修の具体的な研修内容には、「教育公務員特例法の一部を改正する法律等の公布について」(平成一四年八月八日付文部科学事務次官通知)で示したイメージ案のとおり幼児の指導等に関する研修が含まれることを想定しており、それらに関する評価項目も定められるものと考えているが、具体的な評価項目の定め方(項目の分け方、種類、詳細さ等)については、前記一及び二にあるものも参考としつつ、各研修実施者において、各々の実施する一〇年経験者研修の具体的な内容・方法等を踏まえて検討されたいと考えていること。

(二) 各評価項目の評価については、その評価結果を具体的な研修内容・方法に活用することを想定して、各任命権者において検討されたいこと。なお、参考として示すならば、

一 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる最低限の程度を満たしていない

二 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる最低限の程度を満たしている

三 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる一般的な程度を十分に満たしている

四 在職期間が一〇年を経過した教諭に求められる程度以上に、優れている

等に分けることが考えられること。

(三) (二)の評価方法による評価を行うとともに、各評価項目に関連して、伸ばすべき優れた点や改善すべき点など、一〇年経験者研修を実施する上で留意すべき事項を記入する欄を設けることも考えられること。

[Roman2 ] 適性の評価について

個々の教員の能力、適性等に応じて実施するという一〇年経験者研修の趣旨に鑑み、評価項目にとらわれず得意分野として伸ばすべき特に優れた指導力等を有する分野等を記入する欄を設けることが考えられる。

[Roman3 ] 研修履歴等の経験等の評価について

過去の研修履歴や、それまで勤務した幼稚園における勤務経験その他、一〇年経験者研修を実施する上で、留意すべき事項を記入する欄を設けることが考えられる。

 

 

 

 

-- 登録:平成21年以前 --