ここからサイトの主なメニューです

児童生徒の運動競技について

12文科ス第一六〇号

平成一三年三月三〇日
各都道府県教育委員会、各指定都市教育委員会、各都道府県知事、附属学校を置く各国立大学長、各国公私立高等専門学校長あて


文部科学事務次官通知

児童生徒の運動競技について

子どもの個性を伸ばし、豊かな心をはぐくむためには、学校の自主性・自律性を確立し、学校が自らの判断で特色ある学校づくりに取り組むことが必要です。このため、文部科学省では、各地域や学校における主体的かつ積極的な活動を促進することとし、国の地方公共団体や学校への関与の見直しを行っています。

児童生徒の運動競技についても、各教育委員会や学校の判断により行われることが適当であることから、文部事務次官通知「児童・生徒の運動競技について」(昭和五四年四月五日文体体第八一号)を廃止します。

運動部活動の教育的意義は大きく、その改善‘充実は重要な課題であり、文部科学省としては、昨年九月に策定したスポーツ振興基本計画に沿って、一層の支援を行うこととしています。

ついては、今後とも児童生徒の運動部活動が活発かつ適切に行われるよう御配慮願います。

以上のことについて、各都道府県教育委員会におかれては、域内の市区町村教育委員会及び関係機関に対して、また、各都道府県知事におかれては、所轄の私立学校に対して、国立大学長においては、管下の学校に対して周知を図られるようお願いします。

-- 登録:平成21年以前 --