ここからサイトの主なメニューです

文化庁選定「歴史の道百選」について

庁保記第二四号

平成八年一一月一日
各都道府県教育委員会文化財主管課長あて
文化庁文化財保護部記念物課長通知

文化庁選定「歴史の道百選」について

このたび、文化庁では、「歴史の道百選」として、選定委員会の検討を踏まえ、別紙に掲げられている七八か所の街道等を選定しました。

これは、これまでの「歴史の道」の調査・整備・活用事業の実績と蓄積を踏まえて、より一層、「歴史の道」及び地域の文化財への国民の関心と理解を深めることを目的に、都道府県教育委員会の協力により、全国各地の最もすぐれた「歴史の道」を選定委員会で厳選したものです。

今回の第一次選定では、主に明治時代まで活用された七八か所の街道・運河を選定しました。今後さらに良好な「歴史の道」を選定していく予定です。

つきましては、「歴史の道百選」の選定に当たり、多大のご協力を賜ったことを厚く感謝申しあげますとともに、管下の市町村教育委員会をはじめ、関係団体・機関に選定結果の周知をお図りくださいますよう、お願い申しあげます。

〔参考〕

一 選定委員会


委員長

丸山雍成

西南学院大学教授

委員

朝尾直弘

京都橘女子大学教授

小風秀雅

お茶の水女子大学教授

杉浦日向子

江戸時代考証家

永井路子

作家

仲野浩

東北芸術工科大学教授

新谷洋二

日本大学教授

野村和正

財団法人国土開発技術センター理事

服部英雄

九州大学助教授

二 選定の基準

(一) 原則として、土道・石畳道・道形等が一定区間良好な状態で残っているものを選定する。

(二) 他の地域との連続性を持っているものを選定する。

(三) 単体または単独の交通遺跡は、選定の対象外とする。

(四) 参詣道、信仰関係の道は、広域信仰圏(数か国規模)を有するもののみを選定する。

(五) 原則として、現用の舗装道路は選定の対象外とするが、街道としての連続性を考慮する場合に限り含める。

三 今後の整備について

今後は、文化庁で行っている「歴史の道整備活用推進事業」の他、建設省等の関係機関と調整、協力して推進していく予定です。

「歴史の道百選」街道別リスト

一 福山街道 北海道上ノ国町

二 奥州街道―蓑ケ坂・長坂・高山越 青森県三戸町・南部町・五戸町

三 羽州街道―矢立峠越 青森県碇ケ関村―秋田県大館市

四 鹿角・南部街道―梨ノ木峠越 岩手県安代町―秋田県鹿角市

五 生保内・雫石街道―国見峠越 岩手県雫石町―秋田県田沢湖町

六 北国街道―三崎山越 秋田県象潟町

七 出羽・仙台街道※―中山越・山刀伐峠越 宮城県鳴子町―山形県最上町・尾花沢市

八 陸奥上街道※ 宮城県岩出山町

九 羽州街道―金山峠越※ 宮城県七ケ宿町―山形県上山市

一〇 貞山堀運河 宮城県仙台湾沿いの岩沼市~石巻市

一一 米沢・福島街道―板谷峠越 山形県米沢市―福島県福島市

一二 万世大路―栗子峠越 山形県米沢市―福島県福島市

一三 越後・米沢街道―黒沢峠・大里峠・鷹ノ巣峠越 山形県小国町―新潟県関川村

一四 出羽三山登拝道 山形県羽黒町・朝日村

一五 佐渡路―会津街道・束松峠・滝沢峠越 福島県会津坂下町・会津若松市

一六 八十里越 福島県只見町―新潟県下田村

一七 下野街道※ 福島県田島町・下郷町・会津本郷町

一八 陸前浜街道―十王坂越 茨城県十王町

一九 日光杉並木街道※ 栃木県今市市・日光市

二〇 佐渡路―三国街道 群馬県新治村―新潟県湯沢町・大和町・川口町

二一 清水越新道 群馬県水上町―新潟県塩沢町

二二 中山道―碓氷峠越 群馬県松井田町―長野県軽井沢町

二三 下仁田街道 群馬県下仁田町・南牧村

二四 鎌倉街道―上道 埼玉県小川町・寄居町・毛呂山町

二五 見沼通船堀※ 埼玉県浦和市

二六 鎌倉街道―上総路・千葉県袖ケ浦市・市原市

二七 浜街道―鑓水峠越 東京都八王子市

二八 東海道―箱根旧街道※・湯坂道・西坂 神奈川県箱根町―静岡県函南町・三島市

二九 鎌倉街道―七口切通※ 神奈川県鎌倉市・横浜市・逗子市

三〇 松之山街道 新潟県安塚町・松代町・十日町市

三一 松本・千国街道※ 新潟県糸魚川市―長野県白馬村・小谷村

三二 北陸道―倶利伽羅峠越 富山県小矢部市―石川県津幡市

三三 臼ケ峰往来 富山県氷見市―石川県志雄町

三四 石動山道 富山県氷見市―石川県鹿島町

三五 白山禅定道 石川県尾口村―福井県勝山市―岐阜県白鳥町

三六 北陸道―木ノ芽峠越・湯尾峠越 福井県敦賀市・今庄町

三七 富士吉田口登山道※ 山梨県富士吉田市

三八 鎌倉街道―御坂路 山梨県御坂町・河口湖町

三九 棒道※ 山梨県小淵沢町・長坂町・大泉村

四〇 中山道―信濃路※ 長野県立科町・和田村・楢川村・木祖村・南木曽町・山口村

四一 野麦道 長野県奈川村

四二 中山道―東美濃路※ 岐阜県中津川市・恵那市・瑞浪市・御嵩町

四三 東海道―小夜の中山道・金谷坂・大井川川越遺跡※ 静岡県掛川市・金谷町・島田市

四四 本坂通 静岡県細江町―愛知県豊橋市・豊川市

四五 下田街道―天城越 静岡県河津町

四六 東海道―鈴鹿峠越 三重県関町―滋賀県土山町

四七 伊勢本街道―飼坂峠越 三重県美杉村―奈良県御杖村・曽爾村・榛原町・桜井市

四八 熊野参詣道 伊勢路―三重県海山町・尾鷲市 紀伊路―和歌山県広川町・日高町 中辺路※―那智勝浦町・熊野川町・田辺市

四九 宮津街道 京都府宮津市・大江町

五〇 山陰道―細野峠越 京都府三和町

五一 竹内街道 大阪府太子町

五二 山陰道―蒲生峠越 兵庫県温泉町―鳥取県岩美町

五三 柳生街道 奈良県奈良市

五四 高野山参詣道―町石道※ 和歌山県九度山町・かつらぎ町・高野町

五五 大山道―川床道 鳥取県大山町・中山町・東伯町・関金町―横手道 鳥取県大山町―岡山県久世町・湯原町

五六 智頭往来―志戸坂峠越 鳥取県智頭町―岡山県西粟倉村

五七 石見銀山街道 降路坂道―島根県温泉津町・大田市 やなしお道―邑智町

五八 広瀬・清水街道 島根県広瀬町・安来市

五九 山陽道―大山峠越・玖波 広島県東広島市・広島市・大野町・大竹市

六〇 萩往還※ 山口県萩市・旭村・山口市・防府市

六一 赤間関街道―中道筋・雲雀峠越 山口県美東町・秋吉町

六二 讃岐街道―大坂峠越 徳島県板野町―香川県引田町

六三 土佐北街道―笹ケ峰越 愛媛県川之江市・新宮村―高知県大豊町

六四 檮原街道―韮ケ峠越 愛媛県五十崎町・河辺村・野村町―高知県梼原町

六五 野根山街道 高知県奈半利町・北川村

六六 長崎街道―冷水峠越 福岡県筑穂町・筑紫野市

六七 肥前・筑前街道―脊振坂越 福岡県那珂川町―佐賀県東脊振村

六八 太閤道―唐津街道 佐賀県唐津市・鎮西町

六九 長崎街道―日見峠越・井樋尾峠越 長崎県長崎市・多良見町・諌早市・大村市

七〇 豊後街道―小倉路※ 熊本県阿蘇町・一の宮町・産山村

七一 豊前街道―鶴崎路 熊本県山鹿市・三加和町・南関町

七二 薩摩・肥後街道 熊本県水俣市―鹿児島県出水市

七三 菊池川水運 熊本県玉名市

七四 日田・中津街道 大分県日田市

七五 日田・竹田街道 大分県天瀬町

七六 飫肥街道 宮崎県日南市・北郷町

七七 東目筋・大口筋※ 鹿児島県吉田町・姶良町・加治木町

七八 国頭・中頭方西海道※ 沖縄県那覇市・浦添市・恩納村

凡例

一 道番号について

(一) 北から南へ定められた都道府県順に番号を付した。

(二) 二都府県にわたる道は、初出の番号と同一番号とした。ただし、距離が離れすぎている場合は別番号とした。

二 「街道名」について

(一) 原則として、歴史的な名称を用いた。

(二) 行き先の国名なり地名をとって街道名とするために、同一の街道は複数の名称を持つのが通例である。都府県にわたる街道(道)には、便宜的に双方向の名称を連記した「○○・△△街道」という新造名称を用いて、混乱を避ける一助とした。

(三) 前記(二)の措置をとっても「○○・△△街道」が複数あるのが通例であるため、どの街道(道)であるのかを特定するために、「○○・△△街道―××(峠)越」という呼称を用いた。

三 「時代」について

(一) 主に明治時代まで活用された古道を選定した。

(二) 一般に古代・中世に起源を有する道であっても、形を変えながら近世・近代に継続しているものが多いので、時代の特定は行わない。

(三) ただし、明治期に建設されたことが明確な道についてのみ、開通年代を明記した。

四 国史跡、整備事業について

※印を付した街道(道)は、国史跡に指定されているもの、または整備事業が終了したもの、ないしは整備事業実施中のものであることを示す。


 

名称

都道府県

選定箇所

備考

1

福山街道

北海道

寅ノ沢~上ノ国八幡神社、勝山館跡・花沢館跡周辺(上ノ国町)

 

2

奥州街道―蓑ケ坂・長坂・高山越

青森県

蓑ケ坂(三戸町)~小向~浅水~五戸(南部町・五戸町)

 

3

羽州街道―矢立峠越

青森県―秋田県

矢立峠(青森県碇ケ関村)~寺の沢~釈迦内(秋田県大館市)

 

4

鹿角・南部街道―梨ノ木峠越

岩手県―秋田県

梨ノ木峠(岩手県安代町)~湯谷峡谷(秋田県鹿角市)

 

5

生保内・雫石街道―国見峠越

岩手県―秋田県

国見峠(岩手県雫石町~秋田県田沢湖町)

 

6

北国街道―三崎山越

秋田県

三崎山旧街道(象潟町)

 

7

出羽・仙台街道※―中山越・山刀伐峠越

宮城県―山形県

中山峠(宮城県鳴子町~山形県最上町)、山刀伐峠越(山形県尾花沢市)

 

8

陸奥上街道※

宮城県

天王寺~中里(岩出山町)

 

9

羽州街道―金山峠越※

宮城県―山形県

金山峠~楢下宿(宮城県七ケ宿町~山形県上山市)

 

10

貞山堀運河

宮城県

北上・東名運河を含む全長49Km(岩沼市~石巻市)

江戸前期と明治15・20年に開削

11

米沢・福島街道―板谷峠越

山形県―福島県

大沢宿~板谷峠(山形県米沢市)~李平宿跡(福島県福島市)

 

12

万世大路―栗子峠越

山形県―福島県

苅安(山形県米沢市)~栗子峠~大滝~旧高平トンネル(福島県福島市)

明治14年開通

13

越後・米沢街道―黒沢峠・大里峠・鷹ノ巣峠越

山形県―新潟県

黒沢峠・大里峠(山形県小国町)、鷹ノ巣峠(新潟県関川村)

 

14

出羽三山登拝道

山形県

羽黒神社~荒沢寺(羽黒町)田麦俣~湯殿山・月山(朝日村)

 

15

佐渡路―会津街道・束松峠・滝沢峠越

福島県

束松峠(会津坂下町)滝沢峠(会津若松市)

 

16

八十里越

福島県―新潟県

白沢平~八十里峠(福島県只見町)~吉ケ平(新潟県下田村)

 

17

下野街道※

福島県

山王峠(田島町)~大内宿(下郷町)~栃沢(会津本郷町)

 

18

陸前浜街道―十王坂越

茨城県

十王坂~伊師町(十王町)

 

19

日光杉並木街道※

栃木県

今市~大桑(今市市)、鉢石~大沢(今市市・日光市)、今市~小倉(今市市)

 

20

佐渡路―三国街道

群馬県―新潟県

永井~三国峠(群馬県新治村~新潟県湯沢町)、二居峠越(湯沢町)、栃原峠越(大和町)、とび坂峠(川口町)

 

21

清水越新道

群馬県―新潟県

湯檜曽~清水峠(群馬県水上町~新潟県塩沢町)~清水(塩沢町)

明治18年開通

22

中山道―碓氷峠越

群馬県―長野県

坂本宿~碓氷峠(群馬県松井田町)~追分宿(長野県軽井沢町)

 

23

下仁田街道

群馬県

志賀峠越(下仁田町)~余地峠越(南牧村)

 

24

鎌倉街道―上道

埼玉県

伊勢根(小川町)~赤浜(寄居町)、大林坊~川角(毛呂山町)

 

25

見沼通船堀※

埼玉県

大間木~下山口新田(浦和市)約1km

運河・治水

26

鎌倉街道―上総道

千葉県

三ツ作(袖ケ浦市)~立野(市原市)

 

27

浜街道―鑓水峠越

東京都

道了堂~鑓水峠下(八王子市)

 

28

東海道―箱根旧街道※・湯坂道・西坂

神奈川県―静岡県

湯本~箱根関所跡、湯本~芦之湯(神奈川県箱根町)、箱根関所跡~川原谷(静岡県函南町~三島市)

 

29

鎌倉街道―七口切通※

神奈川県

大仏切通・仮粧板・巨福呂坂・亀ケ谷坂(鎌倉市)・朝夷奈切通(鎌倉市~横浜市)・名越切通(鎌倉市~逗子市)

 

30

松之山街道

新潟県

添景寺下~原山(安塚町)菅刈~薬師峠(松代町~十日町市)

上杉謙信の軍用道

31

松本・千国街道※

新潟県―長野県

大野~大網峠(新潟県糸魚川市)松沢~沓掛(長野県白馬村~小谷村)

 

32

北陸道―倶利伽羅峠越

富山県―石川県

倶利伽羅峠(富山県小矢部市~石川県津幡町)

 

33

臼ケ峰往来

富山県―石川県

日名田(富山県氷見市)~臼ケ峰~下石(石川県志雄町)

 

34

石動山道

富山県―石川県

見田窪(富山県氷見市)~石動山(石川県鹿島町)

石動山への参詣道

35

白山禅定道―加賀禅定道―越前禅定道―美濃禅定道

石川県―福井県・岐阜県

尾添~白山山頂(石川県尾口村)、平泉寺~小原峠(福井県勝山市)、石徹白~白山山頂(岐阜県白鳥町)

白山への登拝道

36

北陸道―木ノ芽峠・湯尾峠越

福井県

木ノ芽峠(敦賀市)~湯尾峠(今庄町)

 

37

富士吉田口登山道※

山梨県

北口本宮浅間神社~富士山山頂(富士吉田市)

 

38

鎌倉街道―御坂路

山梨県

金川原~御坂峠(御坂町~河口湖町)

 

39

棒道※

山梨県

甲六川~城南(小渕沢町~長坂町~大泉村)

武田信玄の軍用道

40

中山道―信濃路※

長野県

笠取峠(立科町)、青原~和田峠※(和田村)、奈良井宿~鳥居峠(楢川村~木祖村)、与川道~妻篭宿~馬篭峠※(南木曽町~山口村)

 

41

野麦道

長野県

野麦峠越(奈川村)

 

42

中山道―東美濃路※

岐阜県※

新茶屋~落合宿(中津川市)、西行塚~三城峠(恵那市)、大湫宿~細久手宿(瑞浪市)、御嵩宿~上恵土(御嵩町)

 

43

東海道―小夜の中山道・金谷坂・大井川川越遺跡※

静岡県

小夜の中山道(掛川市)、金谷坂(金谷町)、大井川川越道(島田市)

 

44

本坂通

静岡県―愛知県

西気賀~引佐峠(静岡県細江町)~本坂峠~当古(愛知県豊橋市~豊川市)

 

45

下田街道―天城越

静岡県

二本杉峠~宗太郎林道、梨本~小鍋(河津町)

 

46

東海道―鈴鹿峠越

三重県―滋賀県

関宿~鈴鹿峠(三重県関町)~土山宿(滋賀県土山町)

 

47

伊勢本街道―飼坂峠越

三重県―奈良県

飼坂峠(三重県美杉村)~神末(奈良県御杖村)・桜峠・鞍取峠(曽爾村)・石割峠(榛原町)~中垣内(桜井市)

 

48

熊野参詣道

三重県―和歌山県

伊勢路―馬越峠道(三重県海山町)~八鬼山道(尾鷲市)、紀伊路―河瀬王子~高家王子(和歌山県広川町~日高町)、中辺路※―大門坂~請川・熊野本宮旧社地~潮見峠(和歌山県那智勝浦町・熊野川町・田辺市)

 

49

宮津街道―普甲峠越

京都府

普甲峠越(宮津市~大江町)

 

50

山陰道―細野峠越

京都府

細尾峠越(三和町)

 

51

竹内街道

大阪府

春日~竹内峠(太子町)

 

52

山陰道―蒲生峠越

兵庫県―鳥取県

春来~蒲生峠(兵庫県温泉町)~山神(鳥取県岩美町)

 

53

柳生街道

奈良県

奈良~柳生(奈良市)

 

54

高野山参詣道―町石道※

和歌山県

紀ノ川船着場・慈尊院~丹生官省符神社~二ツ鳥居~高野山奥の院(九度山町~かつらぎ町~高野町)

 

55

大山道

鳥取県―岡山県

川床道―川床~地蔵峠(鳥取県大山町・中山町・東伯町・関金町)、横手道―大山寺~桝水高原(大山町)、三坂峠~湯原釘貫(岡山県久世町~湯原町)

 

56

智頭往来―志戸坂峠越

鳥取県―岡山県

市瀬~志戸坂峠(鳥取県智頭町)~坂根(岡山県西粟倉村)

 

57

石見銀山街道

島根県

降路坂道―温泉津~松山~降路坂~坂根口(温泉津町~大田市)、やなしお道―小松地~志君~粕渕(邑智町)

 

58

広瀬・清水街道

島根県

広瀬~鍵尾峠(広瀬町)~清水峠~安来(安来市)

 

59

山陽道―大山峠越・玖波

広島県

大山峠(東広島市~広島市)、向原~玖波(大野町~大竹市)

 

60

萩往還※

山口県

悴坂(萩市~旭村)、一升谷(旭村)、一ノ坂(山口市)、三田尻御茶屋・藩船倉跡(防府市)

 

61

赤間関街道―中道筋・雲雀峠越

山口県

雲雀峠~絵堂(美東町)、下の垰~秋吉(美東町~秋吉町)

 

62

讃岐街道―大坂峠越

徳島県―香川県

大坂峠(徳島県板野町~香川県引田町)

 

63

土佐北街道―笹ケ峰越

愛媛県―高知県

横峰越(愛媛県川之江市~新宮村)~馬立~笹ケ峰(新宮村)~立川柳瀬(高知県大豊町)

 

64

檮原街道―韮ケ峠越

愛媛県―高知県

宿間~泉ケ峠~水ケ峠(愛媛県五十崎町~河辺村)榎ケ峠~韮ケ峠(野村町~高知県檮原町)

 

65

野根山街道

高知県

米ケ峠~四郎ケ野峠(奈半利町~北川村)

 

66

長崎街道―冷水峠越

福岡県

内野宿(筑穂町)~冷水峠~山家宿(筑紫野市)

 

67

肥前・筑前街道―脊振坂越

福岡県―佐賀県

脊振坂(福岡県那珂川町~佐賀県東脊振村)

 

68

太閤道―唐津街道

佐賀県

神田(唐津市)~肥前名護屋城跡(鎮西町)

 

69

長崎街道―日見峠越・井樋尾峠越

長崎県

日見峠(長崎市)、井樋尾峠(多良見町~諌早市)、破篭井~鈴田(諌早市~大村市)

 

70

豊後街道―鶴崎路※

熊本県

二重の峠~車帰(阿蘇町)、滝室坂(一の宮町)、大利~山鹿(産山村)

 

71

豊前街道―小倉路

熊本県

車坂~腹切坂(山鹿市~三加和町)、肥猪町・関町・関外目~県境(南関町)

 

72

薩摩・肥後街道

熊本県―鹿児島県

小津奈木~古城陣の坂~公徳碑~袋~県境(熊本県水俣市)、境橋~野間の関跡(鹿児島県出水市)

 

73

菊池川水運

熊本県

寺田~大浜(玉名市)

 

74

日田・中津街道

大分県

石坂石畳道(日田市)

 

75

日田・竹田街道

大分県

曽田の台石畳道、台神社の石畳道(天瀬町)

 

76

飫肥街道

宮崎県

飫肥(日南市)~山仮屋(北郷町)

 

77

東目筋・大口筋※

鹿児島県

白銀坂(吉田町~姶良町)、竜門司坂(加治木町)

 

78

国頭・中頭方西海道※

沖縄県

首里大名~牧港(那覇市~浦添市)、当山~御待毛(浦添市)、仲泊―里塚~御待毛(恩納村)

 

-- 登録:平成21年以前 --