ここからサイトの主なメニューです

男女平等に関する世論調査

平成四年一一月

総理府内閣総理大臣官房広報室

男女平等に関する世論調査 目次

  • [Roman1] 調査の概要
  • [Roman2] 調査結果の概要
    • 一 男女の地位の平等について
      • (一)男女の地位の平等感
      • (二)男女が平等になるために最も重要なこと
    • 二 家庭生活について
      • (一)家庭生活上の役割分担
      • (二)家庭生活上の決定者
      • (三)家庭生活関連サービスの利用
    • 三 結婚、家庭や離婚についての考え方
      • (一)結婚について
      • (二)家庭について
      • (三)離婚について
    • 四 職業について
      • (一)働いている理由
      • (二)仕事での悩みや不満
      • (三)職場で女性は不当な扱いをされているか
      • (四)職場で不当な扱いをされていたらどうするか
      • (五)セクシャル・ハラスメントを受けた経験
      • (六)働いていない理由
      • (七)将来働く意向
      • (八)仕事をやめたり、中断したり、転職した理由
      • (九)女性が職業をもつことについての考え
      • (一〇)働いているときの子どもの面倒
    • 五 社会参加活動について
      • (一)現在の社会参加活動
      • (二)今後の社会参加活動への意向
  • [Roman3] 調査票

〔本概要を読む際の注意〕

      1. Nは質問に対する回答者数で、100%が何人の回答に相当するかを示す比率算出の基数である。なお、特に数字を示していない場合はN=3,524人(有効回収数)である。
      2. 標本誤差は回答者数(N)と得られた結果の比率によって異なるが、単純任意抽出法(無作為抽出)を仮定した場合の誤差(95%は信頼できる誤差の範囲)は下表のとおりである。
        回答の比率 10%(又は90%) 20%(又は80%) 30%(又は70%) 40%(又は60%) 50%
        N
        4,000 ±0.9 ±1.2 ±1.4 ±1.5 ±1.5
        3,500 ±1.0 ±1.3 ±1.5 ±1.6 ±1.7
        3,000 ±1.1 ±1.4 ±1.6 ±1.8 ±1.8
        2,000 ±1.3 ±1.8 ±2.0 ±2.1 ±2.2
        1,000 ±1.9 ±2.5 ±2.8 ±3.0 ±3.1
        500 ±2.6 ±3.5 ±4.0 ±4.3 ±4.4
        100 ±5.9 ±7.8 ±9.0 ±9.6 ±9.8
        なお、本調査のように層化2段抽出法による場合は標本誤差が若干増減することもある。また、誤差には調査員のミスや回答者の誤解などによる計算不能な非標本誤差もある。
      3. 質問の種類を示す記号は次のとおりである。
        • S.Q.:前問で特定の回答をした一部の回答者のみに対して続けて行った質問(Sub‐Questionの略)。
        • M.A.:1回答者が2以上の回答をすることができる質問(Multiple Answersの略)。このときM.T.(Multiple Totalの略)は回答数の合計を回答者数(N)で割った比率であり、通常その値は100%を超える。
        • 〔回答票〕:回答の選択肢を列記した「回答票」を示して、その中から回答を選ばせる質問。
      4. 結果数値(%)は表章単位未満を四捨五入してあるので、内訳の合計が計に一致しないこともある。
      5. 統計表等に用いた符号は次のとおりである。
        • ‐:回答者がいないもの
        • 0.0:表章単位に満たないが、回答者がいるもの
        • *:回答の選択肢が長いため、その一部を省略して表章してあるもの
        • ※:調査をしていない項目
      6. 本調査で用いた都市規模区分は次のとおりである。
        • 大都市 (東京都区部、政令指定都市)
        • 中都市 (人口10万人以上の市)
        • 小都市 (人口10万人未満の市)
        • 町村

[Roman1] 調査の概要

1.調査の目的

 男女平等に関する国民の意識を調査し、今後の施策の参考とする。

2.調査項目

  • (1)男女の地位の平等について
  • (2)家庭生活について
  • (3)結婚、家庭や離婚についての考え方
  • (4)職業について
  • (5)社会参加活動について

3.調査対象

  • (1)母集団 全国20歳以上の者
  • (2)標本数 5,000人
  • (3)抽出方法 層化2段無作為抽出法

4.調査時期

 平成4年11月5日~15日

5.調査方法

 調査員による面接聴取

6.調査実施委託機関

 社団法人 新情報センター

7.回収結果

  • (1)有効回収数(率)3,524人(70.5%)
  • (2)調査不能数(率)1,476人(29.5%)
    ‐不能内訳‐
    転居 133 長期不在 103 一時不在 627 住所不明 47 拒否 525 その他(病気など)41

8.男女・年齢別回収結果

年齢 標本数 回収数 回収率 年齢 標本数 回収数 回収率
男性 女性
20~29歳 391 195 49.9 20~29歳 354 221 62.4
30~39歳 403 239 59.3 30~39歳 489 387 79.1
40~49歳 579 373 64.4 40~49歳 591 464 78.5
50~59歳 527 315 59.8 50~59歳 532 407 76.5
60~69歳 408 288 70.6 60~69歳 379 332 87.6
70歳以上 169 143 84.6 70歳以上 178 160 89.9
2,477 1,553 62.7 2,523 1,971 78.1

(参考)本概要で結果を引用した過去の世論調査

  • 昭和47年10月調査「婦人に関する意識調査」(総合調査)
    (全国18歳以上の女性20,000人、有効回収数16,645人)
  • 昭和47年10月調査「婦人に関する意識調査」(男性調査)
    (全国18歳以上の男性3,000人、有効回収数2,413人)
  • 昭和54年5月調査「婦人に関する世論調査」([Roman1]部)
    (全国20歳以上の男女10,000人、有効回収数8,239人)
  • 昭和54年10月調査「婦人に関する世論調査」([Roman2]部)
    (全国20歳以上の女性10,000人、有効回収数8,103人)
  • 昭和59年5月調査「婦人に関する世論調査」
    (全国20歳以上の男女10,000人、有効回収数8,031人)
  • 昭和62年3月調査「女性に関する世論調査」
    (全国20歳以上の男女5,000人、有効回収数3,783人)

[Roman2] 調査結果の概要

1 男女の地位の平等について

(1)男女の地位の平等感

 各分野で男女の地位は平等になっていると思うか聞いた結果は、以下のとおりである。(図1)

図1 男女の地位の平等感

図1 男女の地位の平等感

[cir1] 家庭生活

 家庭生活では、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で63.8%(「男性の方が非常に優遇されている」16.8%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」47.0%)、男性で48.1%(「男性の方が非常に優遇されている」8.9%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」39.2%)、「平等」と答えた者の割合は女性で29.1%、男性で42.9%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で4.5%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」3.9%+「女性の方が非常に優遇されている」0.6%)、男性で6.2%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」5.7%+「女性の方が非常に優遇されている」0.6%)となっている。

 男女・年齢別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性の30歳代(66.4%)、40歳代(67.7%)で高くなっている。(表1)

表1 家庭生活での男女の地位
該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 56.9 13.3 43.6 35.2 5.2 4.7 0.6 2.7
〔男女〕
女性 1,971 63.8 16.8 47.0 29.1 4.5 3.9 0.6 2.7
男性 1,553 48.1 8.9 39.2 42.9 6.2 5.7 0.6 2.7
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 59.7 12.7 47.1 34.8 4.5 4.1 0.5 0.9
30~39歳 387 66.4 14.0 52.5 28.9 3.1 2.8 0.3 1.6
40~49歳 464 67.7 15.9 51.7 26.3 5.0 5.0 1.1
50~59歳 407 63.9 19.4 44.5 28.7 4.7 3.7 1.0 2.7
60歳以上 492 59.8 19.5 40.2 29.5 4.9 3.7 1.2 5.9
(男性)
20~29歳 195 48.2 7.2 41.0 42.6 6.2 5.6 0.5 3.1
30~39歳 239 51.9 6.3 45.6 40.6 5.0 4.6 0.4 2.5
40~49歳 373 58.2 8.8 49.3 35.9 4.3 4.0 0.3 1.6
50~59歳 315 44.4 10.2 34.3 46.0 7.3 6.7 0.6 2.2
60歳以上 431 39.9 10.2 29.7 48.3 7.9 7.0 0.9 3.9
〔未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 65.3 17.6 47.6 29.3 4.2 3.8 0.4 1.2
未婚 164 58.5 12.2 46.3 33.5 3.7 3.7 4.3
〔子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 64.9 17.6 47.3 28.5 4.4 3.7 0.6 2.3
子ども無し 261 56.7 11.5 45.2 33.0 5.0 4.6 0.4 5.4
[cir2] 職場

 職場では、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で63.6%(「男性の方が非常に優遇されている」20.8%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」42.9%)、男性で55.6%(「男性の方が非常に優遇されている」12.7%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」42.9%)、「平等」と答えた者の割合は女性で16.6%、男性で28.7%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で3.0%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」2.5%+「女性の方が非常に優遇されている」0.5%)、男性で5.3%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」4.8%+「女性の方が非常に優遇されている」0.5%)となっている。

 男女・年齢別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性の20歳代(67.9%)、30歳代(74.2%)、40歳代(71.6%)で高くなっている。

 女性について、都市規模別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は都市規模が大きくなるほど高くなる傾向にあり、特に東京都区部(75.6%)で高くなっている。

 女性について、職業別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は被傭者(73.4%)で高くなっている。(表2)

表2 職場での男女の地位
該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 60.1 17.2 42.9 21.9 4.0 3.5 0.5 14.0
〔男女〕
女性 1,971 63.6 20.8 42.9 16.6 3.0 2.5 0.5 16.8
男性 1,553 55.6 12.7 42.9 28.7 5.3 4.8 0.5 10.4
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 69.7 20.8 48.9 21.7 5.0 4.5 0.5 3.6
30~39歳 387 74.2 25.6 48.6 15.2 2.1 2.1 8.5
40~49歳 464 71.6 23.7 47.8 15.1 2.2 2.2 11.2
50~59歳 407 61.4 19.9 41.5 16.5 3.4 2.5 1.0 18.7
60歳以上 492 47.0 14.8 32.1 16.9 3.3 2.4 0.8 32.9
(男性)
20~29歳 195 55.9 14.9 41.0 27.2 7.7 6.2 1.5 9.2
30~39歳 239 63.2 14.6 48.5 26.8 6.3 6.3 3.8
40~49歳 373 56.6 14.2 42.4 31.6 5.9 5.9 5.9
50~59歳 315 56.8 11.1 45.7 31.1 4.8 3.5 1.3 7.3
60歳以上 431 49.7 10.7 39.0 26.2 3.5 3.2 0.2 20.6
〔都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 75.6 18.5 57.1 10.1 0.8 0.8 13.4
政令指定都市 266 69.5 21.4 48.1 13.2 1.9 1.9 15.4
中都市 694 65.1 23.5 41.6 15.4 2.4 2.0 0.4 17.0
小都市 391 60.9 20.5 40.4 20.7 3.3 2.8 0.5 15.1
町村 501 57.7 17.4 40.3 18.4 4.6 4.0 0.6 19.4
〔職業〕
(女性)
有職(小計) 1,081 67.3 21.7 45.5 21.0 3.3 2.9 0.5 8.4
自営業主 111 61.3 18.9 42.3 18.0 5.4 3.6 1.8 15.3
家族従業者 262 53.1 16.4 36.6 24.4 4.2 4.2 18.3
被傭者 708 73.4 24.2 49.3 20.2 2.7 2.3 0.4 3.7
無職(小計) 890 59.2 19.6 39.7 11.2 2.6 2.1 0.4 27.0
働いていない主婦 714 61.9 21.1 40.8 10.2 2.7 2.2 0.4 25.2
その他の無職 176 48.3 13.1 35.2 15.3 2.3 1.7 0.6 34.1
[cir3] 学校教育の場

 学校教育の場では、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で18.6%(「男性の方が非常に優遇されている」3.2%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」15.4%)、男性で11.2%(「男性の方が非常に優遇されている」1.9%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」9.3%)、「平等」と答えた者の割合は女性で58.0%、男性で63.8%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で4.6%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」3.9%+「女性の方が非常に優遇されている」0.7%)、男性で5.5%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」4.9%+「女性の方が非常に優遇されている」0.6%)となっており、男女とも「平等」と答えた者の割合が6割前後と最も高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、「平等」と答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど高くなる傾向にある。(表3)

表3 学校教育の場での男女の地位
   該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 15.4 2.6 12.7 60.6 5.0 4.3 0.6 19.1
〔男女〕
女性 1,971 18.6 3.2 15.4 58.0 4.6 3.9 0.7 18.8
男性 1,553 11.2 1.9 9.3 63.8 5.5 4.9 0.6 19.5
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 19.0 2.7 16.3 69.7 4.5 4.1 0.5 6.8
30~39歳 387 17.8 2.1 15.8 70.8 4.1 3.1 1.0 7.2
40~49歳 464 19.6 3.9 15.7 61.0 5.6 4.5 1.1 13.8
50~59歳 407 21.6 3.7 17.9 53.6 3.7 3.4 0.2 21.1
60歳以上 492 15.7 3.5 12.2 43.7 4.7 4.3 0.4 36.0
(男性)
20~29歳 195 10.3 1.5 8.7 77.4 6.2 4.6 1.5 6.2
30~39歳 239 10.5 0.4 10.0 72.4 3.8 2.9 0.8 13.4
40~49歳 373 12.6 1.3 11.3 66.2 3.8 3.2 0.5 17.4
50~59歳 315 13.0 2.9 10.2 56.5 8.6 8.6 21.9
60歳以上 431 9.5 2.6 7.0 56.1 5.3 4.9 0.5 29.0
[cir4] 政治の場

 政治の場では、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で81.7%(「男性の方が非常に優遇されている」43.7%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」38.0%)と8割を超え、男性で73.3%(「男性の方が非常に優遇されている」30.7%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」42.7%)と7割を超え、「平等」と答えた者の割合は女性で8.9%、男性で18.3%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で0.9%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」0.7%+「女性の方が非常に優遇されている」0.2%)、男性で1.7%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」1.4%+「女性の方が非常に優遇されている」0.3%)となっており、「男性の方が非常に優遇されている」と答えた者の割合(女性43.7%、男性30.7%)は男女とも他の分野に比べ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性の20歳代(86.9%)、30歳代(89.7%)、40歳代(87.5%)で高く、9割近くとなっている。

 男女・都市規模別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は男女とも都市規模が大きくなるほど高くなる傾向にあり、特に東京都区部の女性(88.2%)、政令指定都市の女性(88.0%)で高く、9割近くとなっている。(表4)

表4 政治の場での男女の地位
   該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 78.0 37.9 40.1 13.1 1.2 1.0 0.2 7.7
〔男女〕
女性 1,971 81.7 43.7 38.0 8.9 0.9 0.7 0.2 8.5
男性 1,553 73.3 30.7 42.7 18.3 1.7 1.4 0.3 6.7
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 86.9 47.5 39.4 6.8 1.4 1.4 5.0
30~39歳 387 89.7 48.6 41.1 5.7 0.5 0.5 4.1
40~49歳 464 87.5 48.1 39.4 6.7 0.2 0.2 5.6
50~59歳 407 78.4 42.0 36.4 10.3 1.5 1.0 0.5 9.8
60歳以上 492 70.3 35.4 35.0 13.4 1.2 0.8 0.4 15.0
(男性)
20~29歳 195 73.8 33.3 40.5 17.9 1.5 1.0 0.5 6.7
30~39歳 239 81.2 38.5 42.7 14.2 0.4 0.4 4.2
40~49歳 373 72.7 31.4 41.3 18.2 1.6 1.3 0.3 7.5
50~59歳 315 75.9 27.6 48.3 14.3 3.2 2.9 0.3 6.7
60歳以上 431 67.5 26.7 40.8 23.7 1.4 1.4 7.4
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 88.2 41.2 47.1 6.7 1.7 0.8 0.8 3.4
政令指定都市 266 88.0 50.0 38.0 6.4 5.6
中都市 694 82.6 45.2 37.3 7.5 0.6 0.4 0.1 9.4
小都市 391 82.4 43.0 39.4 11.3 0.8 0.8 5.6
町村 501 75.0 39.3 35.7 11.0 1.8 1.4 0.4 12.2
(男性)
東京都区部 75 82.7 40.0 42.7 9.3 5.3 4.0 1.3 2.7
政令指定都市 195 76.4 37.9 38.5 15.4 1.0 0.5 0.5 7.2
中都市 542 72.9 28.2 44.6 17.5 1.1 1.1 8.5
小都市 334 74.9 31.4 43.4 19.8 1.2 1.2 4.2
町村 407 69.5 28.0 41.5 21.1 2.5 2.0 0.5 6.9
[cir5] 法律や制度上

 法律や制度の上では、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で54.9%(「男性の方が非常に優遇されている」17.2%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」37.7%)と5割を超え、男性で40.4%(「男性の方が非常に優遇されている」10.0%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」30.5%)、「平等」と答えた者の割合は女性で30.8%、男性で48.4%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で1.5%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」1.3%+「女性の方が非常に優遇されている」0.3%)、男性で3.5%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」3.1%+「女性の方が非常に優遇されている」0.5%)となっている。

 男女・年齢別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性の30歳代(62.5%)、40歳代(61.2%)で高くなっている。

 女性について、職業別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は被傭者(58.2%)で高くなっている。(表5)

表5 法律や制度の上での男女の地位
該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 48.6 14.0 34.5 38.5 2.4 2.1 0.3 10.5
〔男女〕
女性 1,971 54.9 17.2 37.7 30.8 1.5 1.3 0.3 12.7
男性 1,553 40.4 10.0 30.5 48.4 3.5 3.1 0.5 7.7
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 53.4 15.8 37.6 40.7 2.3 2.3 3.6
30~39歳 387 62.5 17.8 44.7 29.2 1.3 1.3 7.0
40~49歳 464 61.2 19.2 42.0 26.9 1.9 1.7 0.2 9.9
50~59歳 407 51.6 18.9 32.7 33.4 1.0 0.5 0.5 14.0
60歳以上 492 46.5 14.0 32.5 29.1 1.4 1.0 0.4 23.0
(男性)
20~29歳 195 36.9 7.2 29.7 48.2 7.2 5.6 1.5 7.7
30~39歳 239 41.0 8.4 32.6 49.4 4.2 3.3 0.8 5.4
40~49歳 373 42.9 11.0 31.9 47.7 2.7 2.4 0.3 6.7
50~59歳 315 40.6 9.8 30.8 47.9 2.5 2.5 8.9
60歳以上 431 39.4 11.4 28.1 48.7 3.0 2.8 0.2 8.8
〔職業〕
(女性)
有職(小計) 1,081 56.5 18.3 38.2 31.3 1.2 0.9 0.3 11.0
自営業主 111 54.1 18.0 36.0 27.9 0.9 0.9 17.1
家族従業者 262 53.1 17.6 35.5 32.1 1.1 0.8 0.4 13.7
被傭者 708 58.2 18.6 39.5 31.5 1.3 1.0 0.3 9.0
無職(小計) 890 53.0 15.8 37.2 30.2 1.9 1.7 0.2 14.8
働いていない主婦 714 55.0 16.9 38.1 30.7 2.0 1.8 0.1 12.3
その他の無職 176 44.9 11.4 33.5 28.4 1.7 1.1 0.6 25.0
[cir6] 社会通念・慣習・しきたりなど

 社会通念・慣習・しきたりなどでは、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で78.8%(「男性の方が非常に優遇されている」28.4%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」50.4%)と8割に近く、男性で73.7%(「男性の方が非常に優遇されている」20.3%+「どちらかといえば男性の方が優遇されている」53.4%)と7割を超え、「平等」と答えた者の割合は女性で12.1%、男性で19.3%、女性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性で3.0%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」2.7%+「女性の方が非常に優遇されている」0.3%)、男性で3.2%(「どちらかといえば女性の方が優遇されている」2.6%+「女性の方が非常に優遇されている」0.5%)となっている。

 男女・年齢別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は女性の30歳代(85.0%)、40歳代(84.9%)で高くなっている。

 女性について、都市規模別に見ると、男性の方が優遇されていると答えた者の割合は都市規模が大きくなるほど高くなる傾向にあり、特に東京都区部(84.9%)、政令指定都市(84.2%)で高くなっている。(表6)

表6 社会通念・慣習・しきたりなどでの男女の地位
該当者数 男性の方が優遇されている(小計) 男性の方が非常に優遇されている どちらかといえば男性の方が優遇されている 平等 女性の方が優遇されている(小計) どちらかといえば女性の方が優遇されている 女性の方が非常に優遇されている わからない
総数 3,524 76.5 24.8 51.7 15.3 3.1 2.7 0.4 5.1
〔男女〕
女性 1,971 78.8 28.4 50.4 12.1 3.0 2.7 0.3 6.0
男性 1,553 73.7 20.3 53.4 19.3 3.2 2.6 0.5 3.9
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 79.2 26.2 52.9 16.7 2.3 2.3 1.8
30~39歳 387 85.0 34.6 50.4 11.1 1.0 1.0 2.8
40~49歳 464 84.9 31.7 53.2 8.6 2.2 1.9 0.2 4.3
50~59歳 407 76.4 26.0 50.4 13.3 3.9 3.7 0.2 6.4
60歳以上 492 69.9 23.4 46.5 13.2 5.1 4.3 0.8 11.8
(男性)
20~29歳 195 69.2 17.9 51.3 21.0 3.1 2.6 0.5 6.7
30~39歳 239 77.0 21.3 55.6 16.3 3.3 2.9 0.4 3.3
40~49歳 373 77.2 18.5 58.7 18.0 2.1 1.6 0.5 2.7
50~59歳 315 76.2 22.5 53.7 16.2 3.2 3.2 4.4
60歳以上 431 68.9 20.6 48.3 23.7 3.9 3.0 0.9 3.5
〔都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 84.9 31.9 52.9 9.2 2.5 2.5 3.4
政令指定都市 266 84.2 30.1 54.1 9.8 1.9 1.9 4.1
中都市 694 81.0 30.4 50.6 11.1 2.6 2.3 0.3 5.3
小都市 391 78.3 29.2 49.1 12.0 4.6 4.3 0.3 5.1
町村 501 71.9 23.4 48.5 15.6 3.2 2.6 0.6 9.4

(2)男女が平等になるために最も重要なこと

 今後、男女が社会のあらゆる分野でもっと平等になるために最も重要と思われるものは何か聞いたところ、「女性自身が経済力をつけたり、知識、技術を習得するなど、積極的に力の向上を図ること」と答えた者の割合は女性で28.1%、男性で27.8%、「女性をとりまく様々な偏見や固定的な社会通念、慣習、しきたりを改めること」と答えた者の割合は女性で26.3%、男性で27.3%、「法律や制度の面で見直しを行い、女性差別につながるものを改めること」と答えた者の割合は女性で12.4%、男性で13.9%、「政府や企業などの重要な役職に一定の割合で女性を登用する制度を採用・充実すること」と答えた者の割合は女性で11.1%、男性で14.7%、「女性の就業、社会参加を支援する施設やサービスの充実を図ること」と答えた者の割合は女性で11.1%、男性で7.1%となっており、男女とも「女性自身が経済力をつけたり、知識、技術を習得するなど、積極的に力の向上を図ること」、「女性をとりまく様々な偏見や固定的な社会通念、慣習、しきたりを改めること」と答えた者の割合が高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、「女性自身が経済力をつけたり、知識、技術を習得するなど、積極的に力の向上を図ること」と答えた者の割合は男性の40歳代(37.5%)で、「女性をとりまく様々な偏見や固定的な社会通念、慣習、しきたりを改めること」と答えた者の割合は男女とも20歳代(女性30.3%、男性31.8%)、30歳代(女性31.0%、男性33.1%)で、それぞれ高くなっている。

 女性について、都市規模別に見ると、「女性自身が経済力をつけたり、知識、技術を習得するなど、積極的に力の向上を図ること」と答えた者の割合は都市規模が大きくなるほど高くなる傾向にあり、特に東京都区部(36.1%)で高くなっている。

 女性について、末子年齢別に見ると、「女性の就業、社会参加を支援する施設やサービスの充実を図ること」と答えた者の割合は5歳以下の子どもをもつ者(20.8%)で高くなっている。(表7)

表7 男女が平等になるために最も重要なこと
該当者数 女性自身が積極的に力の向上を図る*1 社会通念、慣習、しきたりを改める*2 法律や制度の面で見直しを行う*3 重要な役職に女性を登用する制度を採用・充実する*4 女性を支援する施設やサービスの充実を図る*5 その他 わからない
総数 3,524 28.0 26.8 13.1 12.7 9.3 0.6 9.7
〔男女〕
女性 1,971 28.1 26.3 12.4 11.1 11.1 0.4 10.7
男性 1,553 27.8 27.3 13.9 14.7 7.1 0.8 8.4
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 28.1 30.3 8.6 14.9 15.8 0.5 1.8
30~39歳 387 25.6 31.0 11.6 11.6 17.1 0.3 2.8
40~49歳 464 29.1 27.4 15.3 12.1 11.0 5.2
50~59歳 407 30.2 23.8 13.5 11.1 8.4 0.5 12.5
60歳以上 492 27.4 22.0 11.0 7.9 6.5 0.6 24.6
(男性)
20~29歳 195 23.6 31.8 9.2 15.9 9.7 0.5 9.2
30~39歳 239 19.7 33.1 19.7 12.1 10.9 0.8 3.8
40~49歳 373 37.5 25.2 9.7 13.4 6.7 1.1 6.4
50~59歳 315 27.0 27.9 12.7 15.9 8.9 0.6 7.0
60歳以上 431 26.2 23.4 17.4 15.8 3.0 0.9 13.2
〔都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 36.1 23.5 16.8 7.6 9.2 6.7
政令指定都市 266 32.0 22.2 12.8 12.4 13.2 7.5
中都市 694 29.7 27.7 12.8 10.7 9.7 0.4 9.1
小都市 391 24.0 24.0 14.1 13.8 12.8 0.5 10.7
町村 501 25.1 29.1 9.2 9.6 11.0 0.4 15.6
〔職業〕
(女性)
有職(小計) 1,081 29.0 27.5 12.7 10.8 12.6 0.2 7.2
自営業主 111 24.3 27.9 16.2 10.8 9.0 0.9 10.8
家族従業者 262 24.0 26.7 15.6 9.2 12.6 0.4 11.5
被傭者 708 31.6 27.7 11.0 11.4 13.1 5.1
無職(小計) 890 27.0 24.9 12.0 11.3 9.2 0.6 14.9
働いていない主婦 714 27.5 25.5 12.7 11.9 10.1 0.4 11.9
その他の無職 176 25.0 22.7 9.1 9.1 5.7 1.1 27.3
〔未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 28.1 26.0 12.8 11.2 12.4 0.3 9.3
未婚 164 34.1 31.7 9.1 13.4 8.5 3.0
〔末子年齢〕
(女性)
子ども有り(小計) 1,710 26.9 25.8 12.8 11.1 11.6 0.4 11.3
5歳以下 264 20.5 29.5 11.7 14.4 20.8 0.8 2.3
6~10歳 194 28.9 29.4 12.9 12.9 13.4 2.6
11~15歳 197 26.9 25.4 13.7 11.7 16.2 6.1
16~20歳 244 33.2 28.3 14.3 10.2 8.2 5.7
21歳以上 811 26.6 23.2 12.5 9.6 8.1 0.6 19.4
子ども無し 261 36.0 29.5 9.6 11.1 7.3 6.5
  • *1 女性自身が経済力をつけたり、知識、技術を習得するなど、積極的に力の向上を図ること
  • *2 女性をとりまく様々な偏見や固定的な社会通念、慣習、しきたりを改めること
  • *3 法律や制度の面で見直しを行い、女性差別につながるものを改めること
  • *4 政府や企業などの重要な役職に一定の割合で女性を登用する制度を採用・充実すること
  • *5 女性の就業、社会参加を支援する施設やサービスの充実を図ること

2 家庭生活について

(1)家庭生活上の役割分担

 結婚している者(「結婚していないが一緒に暮らしている」者を含み、離別、死別した者を除く。以下同じ。)(2,845人)に、日常的な家事などを主に誰が分担しているか聞いたところ、いずれの家事などにおいても、男女とも「妻」が分担していると答えた者の割合が最も高くなっている。

 また、いずれの家事などにおいても、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性で高くなっている。(図2)

図2 家庭生活上の役割分担

(結婚している者に)

図2 家庭生活上の役割分担

  • (注1)中学生以下の子どものいる家庭のみ、N=1,206人
  • (注2)乳幼児のいる家庭のみ、N=546人
  • (注3)身のまわりの世話や介護など、日常的に親の世話をしている家庭のみ、N=509人
[cir1] 掃除

 「掃除」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が2.0%、「妻」が分担していると答えた者の割合が84.5%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が1.2%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が9.6%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性86.0%、男性82.7%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性8.3%、男性11.1%)で、それぞれ高くなっている。(表8)

表8 家庭生活上の役割分担 ‐掃除‐

(結婚している者に)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 2.0 84.5 1.2 9.6 2.5 0.1
〔男女〕
女性 1,560 1.9 86.0 1.3 8.3 2.4 0.1
男性 1,285 2.2 82.7 1.2 11.1 2.6 0.2
〔年齢〕
20~29歳 156 1.3 89.1 6.4 3.2
30~39歳 543 0.7 86.7 0.2 9.0 3.1 0.2
40~49歳 786 0.8 87.3 0.1 10.1 1.8
50~59歳 652 2.3 86.3 1.5 8.9 0.9
60歳以上 708 4.4 77.1 3.2 10.7 4.1 0.4
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 859 1.6 83.0 1.3 11.3 2.8
働いていない主婦 664 2.1 91.7 0.6 4.2 1.2 0.2
[cir2] 洗濯

 「洗濯」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が1.4%、「妻」が分担していると答えた者の割合が90.2%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が1.3%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が4.6%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性91.3%、男性88.9%)で高くなっている。(表9)

表9 家庭生活上の役割分担 ‐洗濯‐

(結婚している者に)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 1.4 90.2 1.3 4.6 2.4 0.1
〔男女〕
女性 1,560 1.3 91.3 1.3 3.7 2.4 0.1
男性 1,285 1.5 88.9 1.2 5.8 2.4 0.2
〔年齢〕
20~29歳 156 1.3 90.4 5.1 3.2
30~39歳 543 0.6 92.1 0.4 4.1 2.8 0.2
40~49歳 786 0.5 93.5 0.5 3.7 1.8
50~59歳 652 1.7 90.5 1.4 5.2 1.2
60歳以上 708 2.7 84.7 3.0 5.5 3.7 0.4
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 859 1.3 90.1 0.7 5.1 2.8
働いていない主婦 664 1.2 94.3 1.2 2.0 1.2 0.2
[cir3] 買物

 「買物」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が2.5%、「妻」が分担していると答えた者の割合が81.3%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が2.1%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が11.4%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性84.9%、男性77.0%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性8.5%、男性15.0%)で、それぞれ高くなっている。(表10)

表10 家庭生活上の役割分担 ‐買物‐

(結婚している者に)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 2.5 81.3 2.1 11.4 2.4 0.2
〔男女〕
女性 1,560 2.1 84.9 2.2 8.5 2.2 0.2
男性 1,285 3.0 77.0 2.0 15.0 2.6 0.2
〔年齢〕
20~29歳 156 74.4 20.5 4.5 0.6
30~39歳 543 1.5 83.6 0.2 13.3 1.3 0.2
40~49歳 786 1.4 86.0 1.0 10.9 0.6
50~59歳 652 3.4 84.8 2.0 8.6 1.2
60歳以上 708 4.4 72.7 5.4 11.2 5.8 0.6
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 859 1.7 84.3 2.0 10.0 1.9 0.1
働いていない主婦 664 2.6 87.5 1.5 6.6 1.5 0.3
[cir4] 食事のしたく

 「食事のしたく」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が0.9%、「妻」が分担していると答えた者の割合が90.0%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が1.5%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が4.2%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性91.5%、男性88.2%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性3.2%、男性5.4%)で、それぞれ高くなっている。(表11)

表11 家庭生活上の役割分担 ‐食事のしたく‐

(結婚している者に)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 0.9 90.0 1.5 4.2 3.1 0.4
〔男女〕
女性 1,560 0.8 91.5 1.5 3.2 2.6 0.4
男性 1,285 1.2 88.2 1.4 5.4 3.6 0.3
〔年齢〕
20~29歳 156 87.8 5.1 5.8 1.3
30~39歳 543 0.9 91.3 0.2 5.2 2.2 0.2
40~49歳 786 0.6 92.5 0.4 4.3 1.9 0.3
50~59歳 652 0.9 93.9 1.2 2.5 1.4 0.2
60歳以上 708 1.6 83.1 4.2 4.7 2.9 0.6
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 859 0.6 90.1 1.4 4.7 2.9 0.3
働いていない主婦 664 1.1 95.6 0.8 0.9 1.2 0.5
[cir5] 食事の後かたづけ、食器洗い

 「食事の後かたづけ、食器洗い」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が1.7%、「妻」が分担していると答えた者の割合が83.0%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が3.2%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が8.6%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性84.7%、男性80.9%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性7.3%、男性10.1%)で、それぞれ高くなっている。(表12)

表12 家庭生活上の役割分担 ‐食事の後かたづけ、食器洗い‐

(結婚している者に)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 1.7 83.0 3.2 8.6 2.8 0.7
〔男女〕
女性 1,560 1.5 84.7 3.1 7.3 2.7 0.7
男性 1,285 1.9 80.9 3.2 10.1 3.0 0.8
〔年齢〕
20~29歳 156 1.9 82.7 0.6 10.3 3.2 1.3
30~39歳 543 1.5 83.2 0.7 11.2 2.6 0.7
40~49歳 786 0.9 83.0 3.7 9.9 2.0 0.5
50~59歳 652 1.7 86.0 3.7 6.4 1.5 0.6
60歳以上 708 2.7 80.1 4.5 6.6 5.1 1.0
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 859 1.4 81.1 3.5 10.4 2.9 0.7
働いていない主婦 664 1.5 90.8 1.8 3.6 1.7 0.6
[cir6] 子どもの勉強の指導(中学生以下の子どものいる家庭)

 「子どもの勉強の指導」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が8.0%、「妻」が分担していると答えた者の割合が48.7%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が4.0%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が16.7%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性52.5%、男性43.7%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性12.5%、男性22.1%)で、それぞれ高くなっている。(表13)

表13 家庭生活上の役割分担 ‐子どもの勉強の指導‐

(結婚している者で、家庭に中学生以下の子どものいるものに)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 1,206 8.0 48.7 4.0 16.7 4.7 17.9
〔男女〕
女性 686 9.0 52.5 4.4 12.5 3.8 17.8
男性 520 6.7 43.7 3.5 22.1 6.0 18.1
〔年齢〕
20~29歳 118 2.5 39.8 15.3 0.8 41.5
30~39歳 503 8.2 53.9 1.0 21.5 0.6 14.9
40~49歳 432 10.0 54.2 3.5 11.6 4.2 16.7
50~59歳 59 6.8 42.4 11.9 13.6 6.8 18.6
60歳以上 94 6.4 10.6 22.3 18.1 33.0 9.6
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 358 11.5 50.3 4.2 14.2 2.8 17.0
働いていない主婦 318 6.6 56.3 3.8 11.0 3.8 18.6
[cir7] 乳幼児の世話(乳幼児のいる家庭)

 「乳幼児の世話」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が0.7%、「妻」が分担していると答えた者の割合が63.4%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が1.5%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が17.2%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性68.6%、男性56.5%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性14.6%、男性20.7%)で、それぞれ高くなっている。

 女性について、有職・無職別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は働いていない主婦で、「家族全員」、「その他の人」が分担していると答えた者の割合は有職者で、それぞれ高くなっている。(表14)

表14 家庭生活上の役割分担 ‐乳幼児の世話‐

(結婚している者で、家庭に乳幼児のいるものに)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 546 0.7 63.4 1.5 17.2 6.4 10.8
〔男女〕
女性 309 0.6 68.6 1.6 14.6 6.8 7.8
男性 237 0.8 56.5 1.3 20.7 5.9 14.8
〔年齢〕
20~29歳 112 69.6 21.4 3.6 5.4
30~39歳 305 0.7 66.9 0.3 17.4 3.6 11.1
40~49歳 62 1.6 64.5 8.1 25.8
50~59歳 27 51.9 3.7 11.1 25.9 7.4
60歳以上 40 2.5 25.0 15.0 22.5 32.5 2.5
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 116 0.9 53.4 2.6 22.4 12.1 8.6
働いていない主婦 188 0.5 79.3 0.5 9.6 2.7 7.4
[cir8] 親の世話(身のまわりの世話や介護など、日常的に親の世話をしている家庭)

 「親の世話」については、「夫」が分担していると答えた者の割合が2.6%、「妻」が分担していると答えた者の割合が64.2%、「子ども」が分担していると答えた者の割合が2.0%、「家族全員」が分担していると答えた者の割合が21.8%などとなっている。

 男女別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は女性(女性72.5%、男性54.1%)で、「家族全員」が分担していると答えた者の割合は男性(女性15.7%、男性29.3%)で、それぞれ高くなっている。

 年齢別に見ると、「妻」が分担していると答えた者の割合は40歳代、50歳代で高くなっている。(表15)

表15 家庭生活上の役割分担 ‐親の世話‐

(結婚している者で、家庭に日常的に親の世話をしている人がいるものに)

該当者数 子ども 家族全員 その他の人 わからない
総数 509 2.6 64.2 2.0 21.8 4.5 4.9
〔男女〕
女性 280 1.1 72.5 1.4 15.7 3.6 5.7
男性 229 4.4 54.1 2.6 29.3 5.7 3.9
〔年齢〕
20~29歳 23 4.3 26.1 43.5 8.7 17.4
30~39歳 122 2.5 56.6 1.6 27.9 4.1 7.4
40~49歳 171 2.3 70.8 1.2 18.7 4.1 2.9
50~59歳 124 1.6 74.2 0.8 18.5 1.6 3.2
60歳以上 69 4.3 56.5 7.2 17.4 10.1 4.3
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 167 1.2 71.9 1.2 18.0 4.2 3.6
働いていない主婦 110 0.9 74.5 0.9 12.7 1.8 9.1

(2)家庭生活上の決定者

 結婚している者(2,845人)に、家庭において、「土地、家屋の購入」、「家具、大型家庭電気製品の購入」、「家計費管理」について最終的に決定する者、「家庭における全体的な実権」を握っている者は、それぞれ誰か聞いたところ、「土地、家屋の購入」、「家庭における全体的な実権」については、男女とも「夫」と答えた者の割合が、「家具、大型家庭電気製品の購入」については、男女とも「夫婦」と答えた者の割合が、「家計費管理」については、男女とも「妻」と答えた者の割合が、それぞれ最も高くなっている。(図3)

図3 家庭生活上の決定者

図3 家庭生活上の決定者

[cir1] 土地、家屋の購入

 「土地、家屋の購入」については、「夫」と答えた者の割合が53.2%、「妻」と答えた者の割合が1.9%、「夫婦」と答えた者の割合が31.5%、「家族全員」と答えた者の割合が8.6%などとなっている。

 男女別に見ると、「夫」と答えた者の割合は女性(女性56.7%、男性48.9%)で、「夫婦」と答えた者の割合は男性(女性29.0%、男性34.6%)で、それぞれ高くなっている。

 年齢別に見ると、「夫」と答えた者の割合は高年齢層になるほど、「夫婦」と答えた者の割合は若年齢層になるほど、それぞれ高くなる傾向にある。(表16)

表16 土地、家屋の購入の決定者

(結婚している者に)

該当者数 夫婦 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 53.2 1.9 31.5 8.6 2.6 2.1
〔男女〕
女性 1,560 56.7 2.1 29.0 7.2 3.1 1.9
男性 1,285 48.9 1.7 34.6 10.4 2.0 2.3
〔年齢〕
20~29歳 156 40.4 3.2 34.6 12.2 5.8 3.8
30~39歳 543 45.7 0.9 35.0 10.7 6.1 1.7
40~49歳 786 54.8 1.8 33.0 7.4 1.8 1.3
50~59歳 652 56.7 3.4 31.1 6.3 0.6 1.8
60歳以上 708 56.6 1.3 26.8 9.9 2.1 3.2
[cir2] 家具、大型家庭電気製品の購入

 「家具、大型家庭電気製品の購入」については、「夫」と答えた者の割合が23.2%、「妻」と答えた者の割合が20.1%、「夫婦」と答えた者の割合が43.7%、「家族全員」と答えた者の割合が10.7%などとなっている。

 男女別に見ると、「夫」と答えた者の割合は女性(女性26.3%、男性19.4%)で高くなっている。

 年齢別に見ると、「夫」、「夫婦」と答えた者の割合は若年齢層になるほど高くなる傾向にある。(表17)

表17 家具、大型家庭電気製品の購入の決定者

(結婚している者に)

該当者数 夫婦 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 23.2 20.1 43.7 10.7 1.8 0.6
〔男女〕
女性 1,560 26.3 19.8 42.2 9.7 1.6 0.4
男性 1,285 19.4 20.5 45.4 11.8 1.9 0.9
〔年齢〕
20~29歳 156 27.6 10.9 48.7 10.3 1.9 0.6
30~39歳 543 25.4 14.0 47.5 11.2 1.8
40~49歳 786 22.4 21.1 45.2 10.3 0.5 0.5
50~59歳 652 23.0 26.1 41.7 8.1 0.8 0.3
60歳以上 708 21.6 20.3 39.7 13.0 4.0 1.4
[cir3] 家計費管理

 「家計費管理」については、「夫」と答えた者の割合が9.7%、「妻」と答えた者の割合が70.5%、「夫婦」と答えた者の割合が15.0%、「家族全員」と答えた者の割合が1.7%などとなっている。

 年齢別に見ると、「妻」と答えた者の割合は40歳代で高くなっている。

 職業別に見ると、「夫」と答えた者の割合は自営業主、家族従業者で、「妻」と答えた者の割合は被傭者で、それぞれ高くなっている。(表18)

表18 家計費管理の決定者

(結婚している者に)

該当者数 夫妻 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 9.7 70.5 15.0 1.7 2.6 0.5
〔男女〕
女性 1,560 10.4 70.5 14.5 1.8 2.4 0.3
男性 1,285 8.7 70.6 15.7 1.6 2.7 0.6
〔年齢〕
20~29歳 156 4.5 73.7 14.7 1.3 5.1 0.6
30~39歳 543 8.5 70.0 16.6 2.8 2.2
40~49歳 786 6.6 75.2 16.0 0.9 1.1 0.1
50~59歳 652 11.3 73.5 12.7 1.7 0.3 0.5
60歳以上 708 13.6 62.4 15.0 2.0 5.9 1.1
〔職業〕
有職(小計) 1,950 9.7 71.1 15.0 1.7 2.2 0.3
自営業主 431 15.1 64.7 16.7 0.9 2.3 0.2
家庭従業者 280 17.1 62.9 13.6 1.4 4.6 0.4
被傷者 1,239 6.1 75.1 14.8 2.0 1.6 0.3
無職(小計) 895 9.6 69.4 15.1 1.8 3.4 0.8
働いていない主婦 664 10.4 72.7 14.3 1.2 1.2 0.2
その他の無職 231 7.4 59.7 17.3 3.5 9.5 2.6
[cir4] 家庭における全体的な実権

 「家庭における全体的な実権」については、「夫」と答えた者の割合が61.7%、「妻」と答えた者の割合が11.6%、「夫婦」と答えた者の割合が20.5%、「家族全員」と答えた者の割合が2.7%などとなっている。

 年齢別に見ると、「夫」と答えた者の割合は高年齢層になるほど、「夫婦」と答えた者の割合は若年齢層になるほど、それぞれ高くなる傾向にある。

 都市規模別に見ると、「夫」と答えた者の割合は都市規模が小さくなるほど、「夫婦」と答えた者の割合は都市規模が大きくなるぼど、それぞれ高くなる傾向にある。

 職業別に見ると、「夫」と答えた者の割合は自営業主(69.4%)、家族従業者(67.1%)で、「夫婦」と答えた者の割合は管理・専門技術・事務職(26.6%)で、それぞれ高くなっている。(表19)

表19 家庭における全体的な実権を握っている者

(結婚している者に)

該当者数 夫婦 家族全員 その他の人 わからない
総数 2,845 61.7 11.6 20.5 2.7 3.0 0.6
〔男女〕
女性 1,560 62.4 12.4 19.1 2.4 3.2 0.5
男性 1,285 60.8 10.5 22.2 3.1 2.6 0.8
〔年齢〕
20~29歳 156 40.4 12.2 34.0 3.2 9.0 1.3
30~39歳 543 54.9 7.6 25.4 5.0 6.3 0.9
40~49歳 786 63.9 12.0 20.6 1.7 1.7 0.3
50~59歳 652 64.6 15.2 17.6 1.8 0.5 0.3
60歳以上 708 66.4 10.7 16.2 2.8 2.8 1.0
〔都市規模〕
大都市 503 56.1 15.5 26.2 1.6 0.4 0.2
中都市 1,000 58.2 12.0 23.4 3.5 2.5 0.4
小都市 604 65.2 10.1 18.9 2.0 3.3 0.5
町村 738 67.2 9.5 14.0 3.0 5.0 1.4
〔職業〕
有職(計) 1,950 62.4 11.2 20.5 2.5 2.9 0.6
自営業主 431 69.4 9.7 17.2 1.6 1.6 0.5
家庭従業者 280 67.1 10.7 16.4 1.1 4.3 0.4
被傭者 1,239 58.9 11.8 22.6 3.1 3.0 0.6
(小計)
管理・専門技術・事務職 497 56.5 9.5 26.6 4.2 2.4 0.8
生産・運輸職 456 62.7 11.2 18.9 2.4 4.2 0.7
販売・サービス職 286 57.0 16.8 21.7 2.1 2.1 0.3
無職(小計) 895 60.0 12.4 20.4 3.2 3.1 0.8
働いていない主婦 664 60.2 13.1 21.5 2.4 2.3 0.5
その他の無職 231 59.3 10.4 17.3 5.6 5.6 1.7

(3)家庭生活関連サービスの利用

 家庭生活に関連した外部のサービスを利用したいか、それとも家族の手で行いたいかを、「子どもの育児・保育」、「老人介護」、「家事」の三つについて聞いたところ、外部のサービスを利用したい(「積極的に外部のサービスを利用したい」+「一部は外部のサービスを利用したい」)と答えた者の割合が最も高いのは男女とも「老人介護」となっている。(図4)

図4 家庭生活関連サービスの利用

図4 家庭生活関連サービスの利用

[cir1] 子どもの育児・保育(託児所、ベビーシッターなど)

 「子どもの育児・保育」については、女性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が25.9%(「積極的に外部のサービスを利用したい」8.9%+「一部は外部のサービスを利用したい」17.0%)、家族の手で行いたいと答えた者の割合が55.7%(「できる限り家族の手で行いたい」31.1%+「すべて家族の手で行いたい」24.6%)となっている。

 なお、男性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が19.1%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が58.3%となっており、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は女性で高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど高くなる傾向にある。

 男女・未既婚別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は男女とも未婚の者で高くなっている。

 女性について、有職・無職別に見ると、有職者では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が30.3%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が53.7%、働いていない主婦では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が21.4%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が61.3%となっている。

 女性について、雇用形態別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は正規の職員・従業員(36.9%)で高くなっている。

 女性について、末子年齢別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は5歳以下の子どもをもつ者(40.9%)で高くなっている。(表20)

表20 家庭生活関連サービスの利用 ‐子どもの育児・保育‐
該当者数 外部のサービスを利用したい(小計) 積極的に外部のサービスを利用したい 一部は外部のサービスを利用したい 家族の手で行いたい(小計) できる限り家族の手で行いたい すべて家族の手で行いたい わからない
〔男女〕
女性 1,971 25.9 8.9 17.0 55.7 31.1 24.6 18.5
男性 1,553 19.1 6.3 12.8 58.3 31.9 26.4 22.6
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 43.9 13.1 30.8 44.3 26.2 18.1 11.8
30~39歳 387 34.9 15.5 19.4 60.5 34.6 25.8 4.7
40~49歳 464 28.4 8.6 19.8 55.4 31.7 23.7 16.2
50~59歳 407 21.1 8.1 13.0 60.0 34.6 25.3 18.9
60歳以上 492 12.2 2.6 9.6 53.7 26.8 26.8 34.1
(男性)
20~29歳 195 30.3 8.7 21.5 44.1 27.7 16.4 25.6
30~39歳 239 26.8 10.5 16.3 60.7 31.8 28.9 12.6
40~49歳 373 18.0 5.1 12.9 64.1 32.7 31.4 18.0
50~59歳 315 15.9 5.4 10.5 61.9 34.9 27.0 22.2
60歳以上 431 13.2 4.6 8.6 55.7 30.9 24.8 31.1
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 26.3 9.1 17.2 57.3 31.7 25.6 16.3
未婚 164 34.8 10.4 24.4 43.9 26.2 17.7 21.3
(男性)
結婚している 1,285 18.6 6.5 12.1 61.9 33.2 28.7 19.5
未婚 222 23.9 5.0 18.9 40.1 25.7 14.4 36.0
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 30.3 11.3 19.1 53.7 30.9 22.8 16.0
働いていない主婦 714 21.4 7.0 14.4 61.3 32.5 28.9 17.2
〔雇用形態〕
(女性)
正規の職員・従業員 358 36.9 14.8 22.1 48.9 27.7 21.2 14.2
パートタイム 340 31.2 12.1 19.1 55.0 34.1 20.9 13.8
雇用者
〔末子年齢〕
(女性)
子ども有り(小計) 1,710 25.1 8.9 16.3 58.2 32.1 26.1 16.6
5歳以下 264 40.9 18.2 22.7 58.0 31.1 26.9 1.1
6~10歳 194 35.1 12.4 22.7 59.3 36.6 22.7 5.7
11~15歳 197 31.0 11.7 19.3 57.4 31.5 25.9 11.7
16~20歳 244 22.1 7.0 15.2 60.7 34.0 26.6 17.2
20歳以上 811 17.1 4.9 12.2 57.6 30.9 26.6 25.3
子ども無し 261 30.7 8.8 21.8 38.7 24.1 14.6 30.7
[cir2] 老人介護(ホームヘルパー、老人ホームなど)

 「老人介護」については、女性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が37.7%(「積極的に外部のサービスを利用したい」11.0%+「一部は外部のサービスを利用したい」26.7%)、家族の手で行いたいと答えた者の割合が51.5%(「できる限り家族の手で行いたい」34.4%+「すべて家族の手で行いたい」17.0%)となっている。

 なお、男性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が29.0%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が57.2%となっており、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は女性で高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は女性の30歳代(44.7%)、40歳代(44.8%)で高くなっている。

 女性について、有職・無職別に見ると、有職者では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が40.3%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が49.6%、働いていない主婦では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が36.8%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が53.4%となっている。(表21)

表21 家庭生活関連サービスの利用 ‐老人介護‐
該当者数 外部のサービスを利用したい(小計) 積極的に外部のサービスを利用したい 一部は外部のサービスを利用したい 家族の手で行いたい(小計) できる限り家族の手で行いたい すべて家族の手で行いたい わからない
〔男女〕
女性 1,971 37.7 11.0 26.7 51.5 34.4 17.0 10.8
男性 1,553 29.0 8.2 20.7 57.2 35.9 21.3 13.8
〔男女・年齢〕
(女性)
60歳未満(小計) 1,479 40.8 12.1 28.7 49.4 34.1 15.3 9.8
20~29歳 221 33.5 6.8 26.7 48.9 38.9 10.0 17.6
30~39歳 387 44.7 13.4 31.3 44.7 31.5 13.2 10.6
40~49歳 464 44.8 14.2 30.6 48.3 33.6 14.7 6.9
50~59歳 407 36.4 11.3 25.1 55.5 34.4 21.1 8.1
60歳以上 492 28.7 7.7 20.9 57.7 35.6 22.2 13.6
(男性)
60歳未満(小計) 1,122 29.8 8.6 21.1 56.1 35.9 20.2 14.1
20~29歳 195 21.5 4.6 16.9 47.7 34.9 12.8 30.8
30~39歳 239 31.8 8.8 23.0 54.4 31.8 22.6 13.8
40~49歳 373 31.6 10.7 20.9 59.0 38.3 20.6 9.4
50~59歳 315 31.1 8.6 22.5 59.4 36.8 22.5 9.5
60歳以上 413 26.9 7.2 19.7 60.1 36.0 24.1 13.0
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 38.7 11.7 26.9 51.9 34.2 17.7 9.5
未婚 164 34.8 6.7 28.0 50.0 39.6 10.4 15.2
(男性)
結婚している 1,285 28.6 8.2 20.4 60.9 38.0 22.9 10.5
未婚 222 30.6 6.8 23.9 40.5 27.5 13.1 28.8
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 40.3 10.8 29.5 49.6 33.8 15.8 10.1
働いていない主婦 714 36.8 12.2 24.6 53.4 35.0 18.3 9.8
[cir3] 家事(食事、掃除、洗濯など)

 「家事」については、女性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が9.7%(「積極的に外部のサービスを利用したい」2.1%+「一部は外部のサービスを利用したい」7.6%)、家族の手で行いたいと答えた者の割合が85.9%(「できる限り家族の手で行いたい」39.3%+「すべて家族の手で行いたい」46.6%)となっている。

 なお、男性では、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合が9.1%、家族の手で行いたいと答えた者の割合が83.5%となっている。

 女性について、都市規模別に見ると、外部のサービスを利用したいと答えた者の割合は都市規模が大きくなるほど高くなる傾向にあり、特に東京都区部(16.8%)で高くなっている。(表22)

表22 家庭生活関連サービスの利用 ‐家事‐
該当者数 外部のサービスを利用したい(小計) 積極的に外部のサービスを利用したい 一部は外部のサービスを利用したい 家族の手で行いたい(小計) できる限り家族の手で行いたい すべて家族の手で行いたい わからない
〔男女〕
女性 1,971 9.7 2.1 7.6 85.9 39.3 46.6 4.4
男性 1,553 9.1 1.8 7.3 83.5 35.5 47.9 7.4
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 9.6 2.0 7.6 87.0 39.6 47.4 3.4
未婚 164 10.4 2.4 7.9 83.5 42.1 41.5 6.1
(男性)
結婚している 1,285 8.7 1.6 7.1 86.9 36.1 50.8 4.4
未婚 222 10.4 0.9 9.5 67.1 34.2 32.9 22.5
〔都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 16.8 3.4 13.4 79.8 43.7 36.1 3.4
政令指定都市 266 11.3 2.3 9.0 86.5 42.5 44.0 2.3
中都市 694 9.9 2.3 7.6 86.3 36.0 50.3 3.7
小都市 391 9.0 1.5 7.4 85.4 42.5 43.0 5.6
町村 501 7.4 1.8 5.6 86.8 38.5 48.3 5.8
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 10.3 2.1 8.1 85.4 37.9 47.5 4.3
働いていない主婦 714 9.7 2.4 7.3 87.7 41.2 46.5 2.7

3 結婚、家庭や離婚についての考え方

 結婚、家庭や離婚についての考え方についての意見を聞いた結果は、以下のとおりである。(図5)

図5 結婚、家庭や離婚についての考え方

図5 結婚、家庭や離婚についての考え方

(1)結婚について

[cir1]

 「なんといっても女性の幸福は結婚にあるのだから、女性は結婚する方がよい」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で78.2%(「賛成」34.8%+「どちらかといえば賛成」43.4%)、男性で81.5%(「賛成」44.9%+「どちらかといえば賛成」36.5%)、反対と答えた者の割合は女性で14.2%(「どちらかといえば反対」10・7%+「反対」3.5%)、男性で9.7%(「どちらかといえば反対」7.3%+「反対」2.4%)となっており、賛成と答えた者の割合は男性で、反対と答えた者の割合は女性でそれぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも高年齢層になるほど、反対と答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど、それぞれ高くなる傾向にある。

 男女・都市規模別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも都市規模が小さくなるほど、反対と答えた者の割合は男女とも都市規模が大きくなるほど、それぞれ高くなる傾向にある。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも結婚している者で子どもをもつもので、反対と答えた者の割合は男女とも未婚の者で、それぞれ高くなっている。(表23)

表23 「女性の幸福は結婚にある」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 79.6 39.2 40.4 12.2 9.2 3.0 8.2
〔男女〕
女性 1,971 78.2 34.8 43.4 14.2 10.7 3.5 7.7
男性 1,553 81.5 44.9 36.5 9.7 7.3 2.4 8.8
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 72.9 20.8 52.0 23.1 17.6 5.4 4.1
30~39歳 387 71.8 19.1 52.7 20.7 16.0 4.7 7.5
40~49歳 464 74.4 28.7 45.7 15.1 10.3 4.7 10.6
50~59歳 407 81.1 42.8 38.3 12.5 10.1 2.5 6.4
60歳以上 492 86.8 52.4 34.3 5.5 4.1 1.4 7.7
(男性)
20~29歳 195 68.2 26.2 42.1 21.0 16.4 4.6 10.8
30~39歳 239 75.7 27.2 48.5 14.2 10.5 3.8 10.0
40~49歳 373 76.4 35.1 41.3 9.9 7.2 2.7 13.7
50~59歳 315 86.7 52.4 34.3 8.3 6.3 1.9 5.1
60歳以上 413 91.2 66.4 24.8 3.0 2.3 0.7 5.8
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 70.6 26.1 44.5 21.8 16.0 5.9 7.6
政令指定都市 266 77.4 26.7 50.8 15.4 10.9 4.5 7.1
中都市 694 74.9 30.1 44.8 15.7 11.7 4.0 9.4
小都市 391 81.8 36.8 45.0 12.3 10.2 2.0 5.9
町村 501 82.0 45.9 36.1 11.0 8.2 2.8 7.0
(男性)
東京都区部 75 72.0 25.3 46.7 17.3 14.7 2.7 10.7
政令指定都市 195 76.4 40.0 36.4 13.8 9.7 4.1 9.7
中都市 542 80.4 36.9 43.5 10.1 7.9 2.2 9.4
小都市 334 82.9 50.9 32.0 8.4 5.1 3.3 8.7
町村 407 85.7 56.8 29.0 6.9 5.9 1.0 7.4
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 78.9 35.6 43.3 13.4 10.2 3.2 7.7
子ども有り 1,485 79.2 36.1 43.1 13.3 10.1 3.3 7.5
子ども無し 75 73.3 25.3 48.0 16.0 14.7 1.3 10.7
未婚 164 64.6 15.2 49.4 30.5 22.0 8.5 4.9
(男性)
結婚している 1,285 84.1 48.2 36.0 7.6 5.9 1.7 8.2
子ども有り 1,201 84.3 48.7 35.6 7.4 5.8 1.6 8.2
子ども無し 84 81.0 40.5 40.5 10.7 7.1 3.6 8.3
未婚 222 65.3 23.0 42.3 22.1 16.7 5.4 12.6
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 77.3 33.5 43.8 15.5 11.6 4.0 7.1
働いていない主婦 714 79.1 35.0 44.1 12.6 9.8 2.8 8.3
[cir2]

 「結婚は個人の自由であるから、人は結婚してもしなくてもどちらでもよい」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で66.1%(「賛成」34.0%+「どちらかといえば賛成」32.1%)、男性で58.3%(「賛成」26.9%+「どちらかといえば賛成」31.4%)、反対と答えた者の割合は女性で27.8%(「どちらかといえば反対」17.9%+「反対」9.9%)、男性で35.1%(「どちらかといえば反対」22.3%+「反対」12.8%)となっており、賛成と答えた者の割合は女性で、反対と答えた者の割合は男性で、それぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に女性の20歳代(88.2%)で高くなっている。また、反対と答えた者の割合は男女とも高年齢層になるほど高くなる傾向にある。

 男女・都市規模別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも都市規模が大きくなるほど、反対と答えた者の割合は男女とも都市規模が小さくなるほど、それぞれ高くなる傾向にある。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも未婚の者(女性92.7%、男性82.9%)で、反対と答えた者の割合は結婚している男性で子どもをもつ者(40.4%)で、それぞれ高くなっている。(表24)

表24 「結婚は個人の自由である」という考え方について
  該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 62.7 30.9 31.8 31.0 19.8 11.2 6.4
〔男女〕
女性 1,971 66.1 34.0 32.1 27.8 17.9 9.9 6.1
男性 1,553 58.3 26.9 31.4 35.1 22.3 12.8 6.6
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 88.2 52.0 36.2 8.6 5.4 3.2 3.2
30~39歳 387 78.3 43.4 34.9 18.9 15.8 3.1 2.8
40~49歳 464 69.8 39.0 30.8 24.1 17.0 7.1 6.0
50~59歳 407 62.4 29.5 32.9 30.5 18.9 11.5 7.1
60歳以上 492 46.1 17.7 28.5 44.5 25.0 19.5 9.3
(男性)
20~29歳 195 79.0 41.0 37.9 14.4 12.3 2.1 6.7
30~39歳 239 75.7 36.8 38.9 19.7 13.4 6.3 4.6
40~49歳 373 64.1 31.9 32.2 28.4 20.1 8.3 7.5
50~59歳 315 51.1 22.9 28.3 44.8 26.0 18.7 4.1
60歳以上 413 39.4 13.5 26.0 51.7 30.9 20.9 8.8
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 74.8 29.4 45.4 22.7 17.6 5.0 2.5
政令指定都市 266 77.4 42.9 34.6 18.0 11.3 6.8 4.5
中都市 694 69.6 37.5 32.1 23.8 15.4 8.4 6.6
小都市 391 69.1 35.3 33.8 26.3 16.9 9.5 4.6
町村 501 50.9 24.8 26.1 40.7 25.5 15.2 8.4
(男性)
東京都区部 75 80.0 30.7 49.3 14.7 13.3 1.3 5.3
政令指定都市 195 70.3 34.4 35.9 24.1 16.4 7.7 5.6
中都市 542 61.4 29.0 32.5 30.6 17.3 13.3 7.9
小都市 334 55.1 26.9 28.1 39.5 29.3 10.2 5.4
町村 407 46.9 19.7 27.3 46.4 27.5 18.9 6.6
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 66.3 34.3 32.1 27.9 17.7 10.2 5.8
子ども有り 1,485 65.7 33.4 32.3 28.4 18.0 10.4 5.9
子ども無し 75 78.7 52.0 26.7 17.3 12.0 5.3 4.0
未婚 164 92.7 56.7 36.0 5.5 4.3 1.2 1.8
(男性)
結婚している 1,285 54.3 25.3 29.0 39.4 24.4 14.9 6.3
子ども有り 1,201 53.2 24.7 28.5 40.4 24.9 15.5 6.4
子ども無し 84 70.2 33.3 36.9 25.0 17.9 7.1 4.8
未婚 222 82.9 38.7 44.1 9.9 8.6 1.4 7.2

(2)家庭について

[cir1]

 「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で55.6%(「賛成」19.8%+「どちらかといえば賛成」35.8%)、男性で65.7%(「賛成」26.9%+「どちらかとえいば賛成」38.8%)、反対と答えた者の割合は女性で38.3%(「どちらかといえば反対」26.4%+「反対」11.9%)、男性で28.6%(「どちらかといえば反対」20.9%+「反対」7.7%)となっており、賛成と答えた者の割合は男性で、反対と答えた者の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 昭和54年5月の調査結果と比較して見ると、賛成と答えた者の割合が男女とも低下(女性70.1%→55.6%、男性75.6%→65.7%)し、反対と答えた者の割合が男女とも上昇(女性22.8%→38.3%、男性17.4%→28.6%)している。(図6)

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも60歳以上(女性68.7%、男性77.3%)で、反対と答えた者の割合は女性の20歳代(47.1%)、30歳代(47.5%)、男性の20歳代(41.5%)で、それぞれ高くなっている。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は結婚している男性(67.9%)で、反対と答えた者の割合は男女とも未婚の者(女性50・6%、男性41.0%)で、それぞれ高くなっている。

図6 「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という考え方について

図6 「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という考え方について

 男女・子どもの有無別に見ると、賛成と答えた者の割合は子どもをもつ男性(69.5%)で、反対と答えた者の割合は男女とも子どもをもたない者(女性44.8%、男性40.5%)で、それぞれ高くなっている。

 女性について、有職・無職別に見ると、賛成と答えた者の割合は働いていない主婦(66.0%)で高くなっており、反対と答えた者の割合は有職者(47.5%)、特に被傭者(52.8%)で高くなっている。(表25)

表25 「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 60.1 23.0 37.1 34.0 24.0 10.0 5.9
〔男女〕
女性 1,971 55.6 19.8 35.8 38.3 26.4 11.9 6.1
男性 1,553 65.7 26.9 38.8 28.6 20.9 7.7 5.7
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 48.0 6.3 41.6 47.1 33.0 14.0 5.0
30~39歳 387 46.8 8.5 38.2 47.5 31.3 16.3 5.7
40~49歳 464 53.9 15.5 38.4 40.3 24.1 16.2 5.8
50~59歳 407 54.3 21.9 32.4 41.3 31.2 10.1 4.4
60歳以上 492 68.7 37.2 31.5 22.6 17.7 4.9 8.7
(男性)
20~29歳 195 52.3 15.4 36.9 41.5 30.3 11.3 6.2
30~39歳 239 66.5 17.2 49.4 26.4 18.4 7.9 7.1
40~49歳 373 59.8 18.8 41.0 31.9 22.8 9.1 8.3
50~59歳 315 64.8 29.8 34.9 31.1 21.0 10.2 4.1
60歳以上 413 77.3 42.5 34.8 19.3 16.2 3.0 3.5
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 56.0 19.8 36.2 38.5 26.3 12.2 5.5
未婚 164 42.1 6.7 35.4 50.6 36.0 14.6 7.3
(男性)
結婚している 1,285 67.9 28.4 39.5 26.8 19.5 7.4 5.2
未婚 222 50.0 15.3 34.7 41.0 30.2 10.8 9.0
〔男女・子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 56.8 20.9 36.0 37.3 25.4 11.9 5.9
子ども無し 261 47.5 13.0 34.5 44.8 33.0 11.9 7.7
(男性)
子ども有り 1,237 69.5 29.7 39.8 25.5 18.5 7.0 4.9
子ども無し 316 50.9 15.8 35.1 40.5 30.1 10.4 8.5
〔有職・無職〕
(女性)
有職者(小計) 1,081 47.2 14.5 32.7 47.5 30.8 16.7 5.3
自営業主 111 53.2 13.5 39.6 41.4 27.0 14.4 5.4
家族従業者 262 58.0 23.7 34.4 35.9 23.3 12.6 6.1
被傭者 708 42.2 11.3 30.9 52.8 34.2 18.6 4.9
働いていない主婦 714 66.0 25.6 40.3 28.2 21.8 6.3 5.9
[cir2]

 「女性は結婚したら、自分自身のことより、夫や子どもなど家族を中心に考えて生活した方がよい」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で65.2%(「賛成」24.0%+「どちらかといえば賛成」41.2%)、男性で69.0%(「賛成」27.8%+「どちらかといえば賛成」41.2%)、反対と答えた者の割合は女性で29.1%(「どちらかといえば反対」21.7%+「反対」7.4%)、男性で23.3%(「どちらかといえば反対」18.2%+「反対」5.2%)となっており、賛成と答えた者の割合は男性で、反対と答えた者の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも高年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に男女とも50歳代以上で高くなっている。また、反対と答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に男女とも20歳代(女性42.5%、男性35.4%)、30歳代(女性43.4%、男性33.5%)で高くなっている。

 男女・都市規模別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも町村で、反対と答えた者の割合は東京都区部の女性、政令指定都市の女性で、それぞれ高くなっている。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は結婚している男性で、反対と答えた者の割合は男女とも未婚の者で、それぞれ高くなっている。

 男女・子どもの有無別に見ると、賛成と答えた者の割合は子どもをもつ男性で、反対と答えた者の割合は男女とも子どもをもたない者で、それぞれ高くなっている。

 女性について、有職・無職別に見ると、反対と答えた者の割合は有職者で高くなっている。(表26)

表26 「女性は結婚したら、家族中心に生活すべき」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 66.9 25.7 41.2 26.6 20.1 6.4 6.6
〔男女〕
女性 1,971 65.2 24.0 41.2 29.1 21.7 7.4 5.6
男性 1,553 69.0 27.8 41.2 23.3 18.2 5.2 7.7
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 51.6 11.8 39.8 42.5 30.8 11.8 5.9
30~39歳 387 52.7 13.2 39.5 43.4 32.6 10.9 3.9
40~49歳 464 62.1 21.1 40.9 32.3 22.4 9.9 5.6
50~59歳 407 71.0 25.1 45.9 25.1 19.2 5.9 3.9
60歳以上 492 79.5 40.0 39.4 12.2 10.6 1.6 8.3
(男性)
20~29歳 195 54.4 17.4 36.9 35.4 28.2 7.2 10.3
30~39歳 239 58.6 16.7 41.8 33.5 26.4 7.1 7.9
40~49歳 373 63.3 19.8 43.4 27.1 20.1 7.0 9.7
50~59歳 315 73.3 31.1 42.2 21.0 16.2 4.8 5.7
60歳以上 413 83.1 42.9 40.1 10.7 8.8 1.9 6.3
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 61.3 16.0 45.4 33.6 26.1 7.6 5.0
政令指定都市 266 62.4 20.3 42.1 32.0 24.4 7.5 5.6
中都市 694 64.6 24.5 40.1 29.3 20.9 8.4 6.2
小都市 391 64.5 23.3 41.2 30.9 24.6 6.4 4.6
町村 501 69.3 27.9 41.3 25.0 18.2 6.8 5.8
(男性)
東京都区部 75 73.3 17.3 56.0 21.3 21.3 5.3
政令指定都市 195 62.6 29.7 32.8 28.2 22.1 6.2 9.2
中都市 542 67.3 26.0 41.3 24.7 19.4 5.4 7.9
小都市 334 67.1 26.6 40.4 24.3 18.0 6.3 8.7
町村 407 74.9 31.9 43.0 18.7 14.3 4.4 6.4
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 65.6 23.6 42.1 29.6 21.9 7.8 4.7
未婚 164 50.6 10.4 40.2 41.5 31.1 10.4 7.9
(男性)
結婚している 1,285 71.3 29.6 41.7 21.8 16.9 4.9 6.9
未婚 222 52.3 13.5 38.7 34.2 27.9 6.3 13.5
〔男女・子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 66.9 25.7 41.2 27.7 20.4 7.3 5.4
子ども無し 261 54.4 13.0 41.4 38.7 30.3 8.4 6.9
(男性)
子ども有り 1,237 71.8 30.2 41.6 21.3 16.2 5.0 7.0
子ども無し 316 57.9 18.0 39.9 31.3 25.6 5.7 10.8
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 61.6 21.8 39.8 34.0 24.2 9.8 4.3
働いていない主婦 714 68.9 24.8 44.1 25.2 20.7 4.5 5.9
[cir3]

 「結婚しても必ずしも子どもをもつ必要はない」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で32.2%(「賛成」13.4%+「どちらかといえば賛成」18.8%)、男性で28.6%(「賛成」11.5%+「どちらかといえば賛成」17.1%)、反対と答えた者の割合は女性で59.0%(「どちらかといえば反対」28.1%+「反対」30.9%)、男性で63.4%(「どちらかといえば反対」31.1%+「反対」32.3%)となっており、賛成と答えた者の割合は女性で、反対と答えた者の割合は男性で、それぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも若年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に男女とも20歳代(女性47.5%、男性47.4%)で高くなっている。また、反対と答えた者の割合は男女とも高年齢層になるほど高くなる傾向にある。

 男女・都市規模別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも都市規模が大きくなるほど、反対と答えた者の割合は男女とも都市規模が小さくなるほど、それぞれ高くなる傾向にある。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも未婚の者(女性51.8%、男性49.1%)で、反対と答えた者の割合は結婚している男性(67.5%)で、それぞれ高くなっている。

 男女・子どもの有無別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも子どもをもたない者(女性48.3%、男性46.8%)で、反対と答えた者の割合は男女とも子どもをもつ者(女性61.4%、男性68.8%)で、それぞれ高くなっている。(表27)

表27 「必ずしも子どもをもつ必要はない」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 30.6 12.6 18.0 60.9 29.4 31.5 8.5
〔男女〕
女性 1,971 32.2 13.4 18.8 59.0 28.1 30.9 8.8
男性 1,553 28.6 11.5 17.1 63.4 31.1 32.3 8.0
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 47.5 17.6 29.9 44.3 29.4 14.9 8.1
30~39歳 387 41.9 15.5 26.4 50.9 29.2 21.7 7.2
40~49歳 464 34.7 16.8 17.9 56.9 33.2 23.7 8.4
50~59歳 407 28.0 12.3 15.7 62.2 27.5 34.6 9.8
60歳以上 492 18.9 7.7 11.2 71.1 22.2 49.0 10.0
(男性)
20~29歳 195 47.7 20.5 27.2 43.1 27.7 15.4 9.2
30~39歳 239 36.4 12.6 23.8 54.8 29.3 25.5 8.8
40~49歳 373 32.7 14.7 18.0 59.2 33.8 25.5 8.0
50~59歳 315 19.7 7.6 12.1 73.3 33.3 40.0 7.0
60歳以上 413 18.6 7.0 11.6 73.5 29.7 43.9 7.9
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 38.7 11.8 26.9 52.9 37.0 16.0 8.4
政令指定都市 266 37.2 18.4 18.8 54.5 27.4 27.1 8.3
中都市 694 33.3 14.8 18.4 55.6 26.2 29.4 11.1
小都市 391 33.8 12.8 21.0 59.8 31.7 28.1 6.4
町村 501 25.3 9.8 15.6 66.7 25.9 40.7 8.0
(男性)
東京都区部 75 49.3 17.3 32.0 49.3 41.3 8.0 1.3
政令指定都市 195 33.8 15.9 17.9 55.9 31.3 24.6 10.3
中都市 542 30.6 10.1 20.5 59.8 27.1 32.7 9.6
小都市 334 28.4 12.0 16.5 63.8 32.9 30.8 7.8
町村 407 19.7 9.8 9.8 74.0 32.9 41.0 6.4
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 32.2 13.4 18.8 59.0 28.3 30.7 8.8
未婚 164 51.8 23.8 28.0 41.5 26.2 15.2 6.7
(男性)
結婚している 1,285 25.1 10.2 14.9 67.5 31.8 35.6 7.5
未婚 222 49.1 19.8 29.3 40.1 27.5 12.6 10.8
〔男女・子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 29.8 12.2 17.5 61.4 28.3 33.1 8.8
子ども無し 261 48.3 21.5 26.8 42.9 26.4 16.5 8.8
(男性)
子ども有り 1,237 23.9 9.8 14.1 68.8 32.2 36.6 7.3
子ども無し 316 46.8 18.4 28.5 42.1 26.9 15.2 11.1
[cir4]

 「女性は仕事をもつのはよいが、家事・育児はきちんとすべきである」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で83.9%(「賛成」46.3%+「どちらかといえば賛成」37.6%)、男性で87.7%(「賛成」47.4%+「どちらかといえば賛成」40.3%)、反対と答えた者の割合は女性で12.4%(「どちらかといえば反対」10.0%+「反対」2.4%)、男性で8.1%(「どちらかといえば反対」6.8%+「反対」1.3%)となっており、賛成と答えた者の割合は男性で、反対と答えた者の割合は女性で、それぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は男性の50歳代(93.0%)、60歳以上(90.0%)で、反対と答えた者の割合は女性の20歳代(16.7%)、30歳代(16.8%)で、それぞれ高くなっている。

 男女・都市規模別に見ると、反対と答えた者の割合は東京都区部の女性(18.5%)で高くなっている。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は結婚している男性(88.6%)で、反対と答えた者の割合は未婚の女性(17.7%)で、それぞれ高くなっている。

 男性・子どもの有無別に見ると、賛成と答えた者の割合は子どもをもつ男性(89.2%)で高くなっている。(表28)

表28 「女性は仕事をもつのはよいが、家事・育児はきちんとすべきである」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 85.6 46.8 38.8 10.5 8.6 1.9 3.9
〔男女〕
女性 1,971 83.9 46.3 37.6 12.4 10.0 2.4 3.7
男性 1,553 87.7 47.4 40.3 8.1 6.8 1.3 4.2
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 81.0 43.9 37.1 16.7 14.5 2.3 2.3
30~39歳 387 79.1 33.1 46.0 16.8 14.0 2.8 4.1
40~49歳 464 83.6 45.0 38.6 14.2 11.6 2.6 2.2
50~59歳 407 85.3 50.1 35.1 11.8 7.9 3.9 2.9
60歳以上 492 88.2 55.9 32.3 5.9 5.3 0.6 5.9
(男性)
20~29歳 195 83.6 39.0 44.6 11.8 9.7 2.1 4.6
30~39歳 239 87.0 35.1 51.9 7.1 5.4 1.7 5.9
40~49歳 373 83.1 42.1 41.0 10.7 8.8 1.9 6.2
50~59歳 315 93.0 54.9 38.1 5.4 4.4 1.0 1.6
60歳以上 413 90.0 57.1 32.9 6.7 6.3 0.5 3.2
〔男女・都市規模〕
(女性)
東京都区部 119 77.3 26.1 51.3 18.5 14.3 4.2 4.2
政令指定都市 266 80.1 44.0 36.1 16.2 12.8 3.4 3.8
中都市 694 85.2 45.4 39.8 12.1 9.9 2.2 2.7
小都市 391 87.2 49.6 37.6 10.0 8.2 1.8 2.8
町村 501 83.2 51.1 32.1 11.4 9.2 2.2 5.4
(男性)
東京都区部 75 94.7 28.0 66.7 4.0 4.0 1.3
政令指定都市 195 81.5 47.2 34.4 10.3 7.7 2.6 8.2
中都市 542 86.5 44.1 42.4 9.4 8.1 1.3 4.1
小都市 334 86.8 49.1 37.7 8.1 6.9 1.2 5.1
町村 407 91.6 54.1 37.6 6.1 5.2 1.0 2.2
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 84.2 45.9 38.3 12.5 9.9 2.6 3.3
未婚 164 79.3 40.9 38.4 17.7 15.9 1.8 3.0
(男性)
結婚している 1,285 88.6 49.0 39.6 7.8 6.6 1.2 3.6
未婚 222 82.0 34.2 47.7 10.4 8.1 2.3 7.7
〔男女・子どもの有無〕
(女性)
子ども有り(小計) 1,710 84.1 46.8 37.3 12.1 9.6 2.5 3.8
末子年齢 5歳以下 264 79.2 34.1 45.1 15.5 12.5 3.0 5.3
6~10歳 194 80.4 35.1 45.4 16.5 13.4 3.1 3.1
11~15歳 197 83.2 46.2 37.1 14.2 12.7 1.5 2.5
16~20歳 244 82.0 48.4 33.6 16.8 11.9 4.9 1.2
21歳以上 811 87.4 53.5 33.9 8.0 6.3 1.7 4.6
子ども無し 261 82.8 42.9 39.8 14.6 13.0 1.5 2.7
(男性)
子ども有り 1,237 89.2 50.1 39.0 7.4 6.3 1.1 3.4
子ども無し 316 82.0 36.7 45.3 10.8 8.9 1.9 7.3
〔雇用形態〕
(女性)
正規の職員・従業員 358 81.3 41.6 39.7 16.8 14.2 2.5 2.0
パートタイム雇用者 340 85.3 49.1 36.2 12.6 9.4 3.2 2.1

(3)離婚について

[cir1]

 「結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよい」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で44.6%(「賛成」18.7%+「どちらかといえば賛成」25.9%)、男性で44.0%(「賛成」17.5%+「どちらかといえば賛成」26.5%)、反対と答えた者の割合は女性で43.5%(「どちらかといえば反対」27.3%+「反対」16.2%)、男性で44.2%(「どちらかといえば反対」28.3%+「反対」15.9%)となっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は女性では若年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に20歳代(63.8%)で高くなっている。男性では20歳代(52.3%)、30歳代(56.5%)で高くなっている。また、反対と答えた者の割合は女性では高年齢層になるほど高くなる傾向にあり、男性では50歳代以上で高くなっている。

 男女・未既婚別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも未婚の者で、反対と答えた者の割合は男女とも結婚している者で、それぞれ高くなっている。

 男女・子どもの有無別に見ると、賛成と答えた者の割合は男女とも子どもをもたない者で、反対と答えた者の割合は男女とも子どもをもつ者で、それぞれ高くなっている。(表29)

表29 「相手に満足できないときは離婚すればよい」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 44.4 18.2 26.2 43.8 27.8 16.1 11.8
〔男女〕
女性 1,971 44.6 18.7 25.9 43.5 27.3 16.2 11.9
男性 1,553 44.0 17.5 26.5 44.2 28.3 15.9 11.8
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 63.8 28.1 35.7 29.0 23.1 5.9 7.2
30~39歳 387 54.8 22.0 32.8 37.0 28.7 8.3 8.3
40~49歳 464 45.5 20.5 25.0 42.2 25.6 16.6 12.3
50~59歳 407 38.1 14.5 23.6 48.4 29.7 18.7 13.5
60歳以上 492 32.7 13.8 18.9 52.2 27.6 24.6 15.0
(男性)
20~29歳 195 52.3 25.6 26.7 39.5 30.3 9.2 8.2
30~39歳 239 56.5 20.9 35.6 31.8 23.0 8.8 11.7
40~49歳 373 43.7 18.2 25.5 41.6 28.4 13.1 14.7
50~59歳 315 39.4 15.2 24.1 49.8 30.8 19.0 10.8
60歳以上 431 36.9 13.0 23.9 51.5 28.5 23.0 11.6
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 44.0 18.3 25.8 44.2 27.6 16.6 11.8
未婚 164 65.9 31.7 34.1 25.0 20.7 4.3 9.1
(男性)
結婚している 1,285 41.4 16.0 25.4 46.6 29.3 17.3 12.0
未婚 222 58.6 25.7 32.9 31.5 24.3 7.2 9.9
〔男女・子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 42.2 17.2 25.0 45.6 28.0 17.7 12.2
子ども無し 261 60.5 28.7 31.8 29.5 23.0 6.5 10.0
(男性)
子ども有り 1,237 40.9 15.4 25.5 46.8 29.2 17.6 12.3
子ども無し 316 56.0 25.6 30.4 34.2 25.0 9.2 9.8
〔参考〕「相手に満足できないときは離婚すればよい」という考え方について
該当者数 共鳴できる ある程度理解できる あまり賛成できない まったく反対である わからない
(注1)昭和47年10月調査(女性)(注2) 16,645 2.8 18.6 43.7 27.3 7.5
(注1)昭和47年10月調査(男性)(注2) 2,413 3.7 17.3 44.6 26.6 7.8
(注2)昭和54年5月調査総数 8,239 2.8 20.0 47.8 23.5 5.9
(女性) 4,590 2.7 20.9 47.2 22.9 6.3
(男性) 3,649 2.8 18.9 48.7 24.2 5.5
(注3)昭和59年5月調査総数 8,031 3.7 26.6 48.8 16.7 4.2
(女性) 4,431 4.1 29.0 47.9 14.7 4.3
(男性) 3,600 3.2 23.6 50.0 19.2 4.1
  • (注1)調査対象は、全国18歳以上の者である。
  • (注2)質問文は、「『結婚しても相手に満足できないときは、いつでも離婚すればよい』という考え方についてはどうでしょうか。」となっている。
  • (注3)質問文は、「『結婚しても相手に満足できないときは、いつでも離婚すればよい』という考え方がありますが、あなたはどう思いますか。」となっている。
[cir2]

 「一般に、今の社会では離婚すると女性の方が不利である」という考え方については、賛成と答えた者の割合は女性で65.2%(「賛成」31.9%+「どちらかといえば賛成」33.3%)、男性で51.8%(「賛成」19.6%+「どちらかといえば賛成」32.3%)、反対と答えた者の割合は女性で19.7%(「どちらかといえば反対」14.3%+「反対」5.4%)、男性で29.1%(「どちらかといえば反対」19.5%+「反対」9.6%)となっており、賛成と答えた者の割合は女性で、反対と答えた者の割合は男性で、それぞれ高くなっている。

 男女・年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は女性の20歳代から40歳代で高くなっている。

 女性について、末子年齢別に見ると、賛成と答えた者の割合は10歳以下の子どもをもつ者と子どもをもたない者で高く、7割を超えている。(表30)

表30 「離婚すると女性の方が不利である」という考え方について
該当者数 賛成(小計) 賛成 どちらかといえば賛成 反対(小計) どちらかといえば反対 反対 わからない
総数 3,524 59.3 26.5 32.9 23.8 16.6 7.2 16.8
〔男女〕
女性 1,971 65.2 31.9 33.3 19.7 14.3 5.4 15.1
男性 1,553 51.8 19.6 32.3 29.1 19.5 9.6 19.1
〔男女・年齢〕
(女性)
20~29歳 221 71.5 29.9 41.6 20.8 14.5 6.3 7.7
30~39歳 387 76.0 39.3 36.7 14.5 10.9 3.6 9.6
40~49歳 464 68.1 38.1 30.0 20.3 14.2 6.0 11.6
50~59歳 407 60.0 29.7 30.2 23.8 17.7 6.1 16.2
60歳以上 492 55.7 23.0 32.7 19.3 14.2 5.1 25.0
(男性)
20~29歳 195 50.3 19.0 31.3 32.3 20.5 11.8 17.4
30~39歳 239 56.9 19.7 37.2 29.7 21.8 7.9 13.4
40~49歳 373 55.5 20.4 35.1 25.5 15.0 10.5 19.0
50~59歳 315 45.4 19.4 26.0 34.3 24.1 10.2 20.3
60歳以上 431 51.3 19.3 32.0 26.7 18.3 8.4 22.0
〔末子年齢〕
(女性)
子ども有り(小計) 1,710 64.3 32.0 32.2 19.9 14.6 5.3 15.8
5歳以下 264 71.6 36.7 34.8 18.9 13.3 5.7 9.5
6~10歳 194 76.3 39.2 37.1 13.4 9.8 3.6 10.3
11~15歳 197 69.5 42.1 27.4 21.3 15.7 5.6 9.1
16~20歳 244 67.2 34.0 33.2 18.9 13.9 4.9 13.9
21歳以上 811 56.8 25.8 31.1 21.7 16.0 5.7 21.5
子ども無し 261 71.6 31.0 40.6 18.4 12.6 5.7 10.0

4 職業について

(1)働いている理由

 女性の有職者(1,081人)に、現在働いている理由を挙げてもらったところ、「生計を維持するため」を挙げた者の割合が39.4%、以下、「家計の足しにするため」(38.8%)、「将来に備えて貯蓄するため」(38.8%)、「自分で自由に使えるお金を得るため」(36.6%)などの順となっている。(複数回答)

 なお、男性の有職者(1,298人)では、「生計を維持するため」を挙げた者の割合が85.9%、以下、「働くのが当然だから」(50.1%)、「将来に備えて貯蓄するため」(44.2%)、「自分で自由に使えるお金を得るため」(28.8%)などの順となっている。(複数回答、図7)

図7 働いている理由

図7 働いている理由

 女性について、年齢別に見ると、「家計の足しにするため」、「教育資金を得るため」を挙げた者の割合は30歳代、40歳代で、「将来に備えて貯蓄するため」、「自分で自由に使えるお金を得るため」、「視野を広げたり、友人を得るため」を挙げた者の割合は20歳代で、それぞれ高くなっている。

 女性について、雇用形態別に見ると、「生計を維持するため」、「将来に備えて貯蓄するため」、「自分の能力・技能・資格をいかすため」を挙げた者の割合は正規の職員・従業員で、「家計の足しにするため」、「時間的に余裕があるから」を挙げた者の割合はパートタイム雇用者で、それぞれ高くなっている。(表31)

表31 働いている理由

(有職者に、複数回答)

該当者数 生計を維持するため 家計の足しにするため 将来に備えて貯蓄するため 自分で自由に使えるお金を得るため 仕事をすることが好きだから 生きがいを得るため 働くのが当然だから 家業であるから 視野を広げたり、友人を得るため 時間的に余裕があるから 教育資金を得るため 自分の能力・技能・資格をいかすため 住宅ローンなど借金の返済のため 社会に貢献するため その他 特に理由はない わからない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 1,081 39.4 38.8 38.8 36.6 26.3 26.2 26.0 24.5 24.3 18.9 17.7 16.2 9.3 8.9 1.1 0.4 0.1 353.3
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 137 34.3 21.9 59.9 68.6 19.7 19.7 27.0 5.1 38.0 13.9 6.6 23.4 7.3 8.8 0.7 0.7 355.5
30~39歳 217 35.0 50.2 39.2 39.2 24.9 27.2 22.6 16.6 26.7 20.3 29.5 23.5 8.3 10.1 373.3
40~49歳 330 39.4 43.6 39.4 32.4 26.1 24.5 23.0 23.6 25.2 21.2 30.0 15.8 13.3 9.7 0.3 0.6 368.2
50~59歳 264 43.2 36.0 35.6 32.6 29.5 28.8 29.9 29.9 21.6 18.9 6.8 11.7 8.7 7.6 1.1 0.4 342.4
60歳以上 133 44.4 30.8 21.1 18.0 29.3 30.1 30.1 48.9 9.8 15.8 0.8 6.8 3.8 7.5 5.3 0.8 303.0
〔雇用形態〕
(女性)
正規の職員・従業員 358 43.6 40.8 54.7 48.6 27.4 31.3 28.5 0.8 31.3 14.2 20.7 26.3 13.1 14.8 0.6 0.3 396.9
パートタイム雇用者 340 30.0 54.7 36.8 47.1 28.8 26.2 15.6 0.3 32.9 36.5 23.5 10.9 8.8 7.6 1.5 0.6 361.8

(2)仕事での悩みや不満

 女性の有職者(1,081人)に、今の仕事で悩んでいることや、不満に思っていることを挙げてもらったところ、「収入が少ない、収入が安定していない」を挙げた者の割合が19.9%、「休暇・休日が少ない、休暇がとりにくい」を挙げた者の割合が17.6%と高く、以下、「勤務時間が長い、残業が多い」(8.2%)、「職場の人間関係がよくない」(6.7%)、「能力が正当に評価されていない」(5.1%)、「雇用、身分、地位が不安定である」(4.6%)、「昇進の可能性が低い」(4.5%)、「自分の技能や能力がいかせない」(4.1%)、「性別による差別がある」(4.0%)などの順となっている。なお、「特にない」と答えた者の割合が55.7%となっている。(複数回答)

 男性の有職者(1,298人)では、「収入が少ない、収入が安定していない」を挙げた者の割合が26.5%、以下、「休暇・休日が少ない、休暇がとりにくい」(20.8%)、「勤務時間が長い、残業が多い」(14.9%)などの順となっている。(複数回答)

 女性について、年齢別に見ると、「性別による差別がある」を挙げた者の割合は若年齢層になるほど高くなる傾向にある。また、「職場の人間関係がよくない」、「責任ある仕事をまかされていない」を挙げた者の割合は20歳代で、「雇用、身分、地位が不安定である」を挙げた者の割合は30歳代で、それぞれ高くなっている。(表32)

表32 仕事での悩みや不満

(有職者に、複数回答)

該当者数 ある(小計) 収入が少ない、収入が安定していない 休暇・休日が少ない、休暇がとりにくい 勤務時間が長い、残業が多い 職場の人間関係がよくない 能力が正当に評価されていない 雇用、身分、地位が不安定である 昇進の可能性が低い 自分の技能や能力がいかせない 性別による差別がある 教育・訓練を受ける機会が少ない 責任ある仕事をまかされていない その他 特にない わからない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 1,081 43.8 19.9 17.6 8.2 6.7 5.1 4.6 4.5 4.1 4.0 3.1 2.2 1.9 55.7 0.5 137.9
男性 1,298 50.1 26.5 20.8 14.9 4.6 5.8 4.8 5.4 4.5 0.3 5.0 1.3 1.8 49.3 0.6 145.6
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 137 49.6 24.1 20.4 10.9 10.9 7.3 1.5 8.0 7.3 7.3 4.4 5.8 1.5 50.4 159.9
30~39歳 217 50.2 19.8 20.3 9.2 7.8 6.0 9.7 6.0 5.1 5.1 4.6 2.8 0.9 48.8 0.9 147.0
40~49歳 330 44.5 20.0 16.7 7.9 7.9 5.5 5.2 3.6 3.0 4.2 3.0 1.2 1.2 55.5 134.8
50~59歳 264 38.6 17.8 16.7 8.0 4.5 4.2 3.4 4.5 4.2 3.0 1.9 1.5 2.7 60.6 0.8 133.7
60歳以上 133 36.1 19.5 14.3 5.3 1.5 2.3 0.8 0.8 1.5 1.5 1.5 3.8 63.2 0.8 116.5
〔雇用形態〕
(女性)
正規の職員・従業員 358 52.0 20.1 24.3 12.3 11.7 8.9 4.2 9.2 5.9 8.1 4.5 3.6 1.7 48.0 162.6
パートタイム雇用者 340 38.8 20.6 7.6 1.5 8.8 4.7 9.7 4.4 3.8 3.5 2.1 2.4 0.9 60.9 0.3 131.2

(3)職場で女性は不当な扱いをされているか

 女性の有職者(1,081人)に、今の職場では、仕事の内容や待遇面で、女性は、男性に比べ不当な扱いをされていると思うか聞いたところ、不当な扱いをされていると思うと答えた者の割合が12.8%、別にそのようなことはないと思うと答えた者の割合が78.0%となっている。

 なお、男性の有職者(1,298人)では、女性は不当な扱いをされていると思うと答えた者の割合が10.8%、別にそのようなことはないと思うと答えた者の割合が75.6%となっている。

 女性について、年齢別に見ると、不当な扱いをされていると思うと答えた者の割合は20歳代で高くなっている。(図8)

図8 職場で女性は不当な扱いをされているか

図8 職場で女性は不当な扱いをされているか

 続いて、不当な扱いをされていると思うと答えた女性(138人)に、それは具体的にはどのようなことか二つまで挙げてもらったところ、「賃金に差別がある」を挙げた者の割合が61.6%と最も高く、以下、「能力を正当に評価しない」(26.8%)、「昇進、昇格に差別がある」(25.4%)、「補助的な仕事しかやらせてもらえない」(18.1%)などの順となっている。

(複数回答)

 なお、男性(140人)では、「賃金に差別がある」を挙げた者の割合が47.1%、「昇進、昇格に差別がある」を挙げた者の割合が47.1%、以下、「補助的な仕事しかやらせてもらえない」(27.1%)、「能力を正当に評価しない」(19.3%)などの順となっている。(複数回答、表33)

表33 不当な扱いの内容

(女性は不当な扱いをされていると思うと答えた有職者に、複数回答)

該当者数 賃金に差別がある 能力を正当に評価しない 昇進、昇格に差別がある 補助的な仕事しかやらせてもらえない 女性を幹部職員に登用しない 結婚したり子どもが生まれたりすると退職しなければならない 教育・訓練を受ける機会が少ない 定年が男性より早い その他 わからない 計(M.T.)
(女性)
有職者 138 61.6 26.8 25.4 18.1 10.1 9.4 6.5 5.8 4.3 0.7 168.8
(内)被傭者 121 63.6 24.0 26.4 19.8 11.6 9.1 7.4 6.6 3.3 0.8 172.7
正規の職員・従業員 79 59.5 21.5 35.4 19.0 11.4 8.9 8.9 5.1 3.8 173.4
パートタイム雇用者 40 70.0 27.5 7.5 22.5 12.5 10.0 5.0 10.0 2.5 2.5 170.0
(男性)
有職者 140 47.1 19.3 47.1 27.1 17.9 5.7 6.4 3.6 1.4 175.7
(内)被傭者 122 46.7 18.0 50.8 24.6 20.5 4.9 7.4 4.1 0.8 177.9

(4)職場で不当な扱いをされていたらどうするか

 女性の有職者(1,081人)に、もし、男性に比べ職場で不当な扱いをされていたら、最終的にはどのようにすると思うか聞いたところ、「上司と話し合う」と答えた者の割合が23.6%と最も高く、以下、「同僚に相談する」(19.4%)、「その職場を辞めてしまう」(15.0%)、「何もしない、我慢する」(12.7%)などの順となっている。

 年齢別に見ると、「上司と話し合う」、「同僚と相談する」と答えた者の割合は若年齢層になるほど、「何もしない、我慢する」と答えた者の割合は高年齢層になるほど、それぞれ高くなる傾向にある。(表34)

表34 職場で不当な扱いをされていたらどうするか

(女性の有職者に)

該当者数 上司と話し合う 同僚に相談する その職場を辞めてしまう 何もしない、我慢する 社長や経営者に直訴する 労働組合に持ち込む 公的裁定の場に持ち込む* その他 わからない
総数 1,081 23.6 19.4 15.0 12.7 7.1 4.8 1.5 0.6 15.3
〔年齢〕
20~29歳 137 29.9 31.4 16.8 8.0 4.4 5.8 3.6
30~39歳 217 26.3 23.0 17.5 8.3 6.0 6.5 1.4 0.5 10.6
40~49歳 330 24.8 17.3 18.5 11.2 8.5 4.2 1.2 0.9 13.3
50~59歳 264 20.5 16.3 13.3 15.2 8.3 4.9 3.0 0.8 17.8
60歳以上 133 15.8 12.8 3.8 23.3 6.0 2.3 0.8 0.8 34.6
〔雇用形態〕
被傭者 708 28.7 21.6 18.2 10.7 5.8 6.4 1.0 0.1 7.5
正規の職員・従業員 358 29.9 23.5 14.5 9.2 6.7 9.5 1.7 5.0
パートタイム雇用者 340 27.6 19.7 22.1 12.4 5.0 2.9 0.3 0.3 9.7

*公的裁定の場(平等に関する委員会、裁判所など)に持ち込む

(5)セクシャル・ハラスメントを受けた経験

 女性の有職者(1,081人)に、職場における、いわゆるセクシャル・ハラスメント(性的いやがらせ)を受けた経験についてあてはまるものを挙げてもらったところ、「自分が直接経験したことがある」を挙げた者の割合が5.5%、「同じ職場の女性で経験した人がいる」を挙げた者の割合が6.7%、「自分の職場では、経験した人がいるという話は聞いたことがない」を挙げた者の割合が72.1%などとなっている。(複数回答)

 なお、男性の有職者(1,298人)では、「同じ職場の女性で経験した人がいる」を挙げた者の割合が4.1%、「自分の職場では、経験した人がいるという話は聞いたことがない」を挙げた者の割合が74.8%などとなっている。(複数回答)

 女性について、年齢別に見ると、「自分が直接経験したことがある」、「同じ職場の女性で経験した人がいる」を挙げた者の割合は若年齢層になるほど高くなる傾向にあり、特に20歳代(「自分が直接経験したことがある」13.9%、「同じ職場の女性で経験した人がいる」14.6%)で高くなっている。(表35)

表35 セクシャル・ハラスメントを受けた経験

(有職者に、複数回答)

該当者数 自分が直接経験したことがある 同じ職場の女性で経験した人がいる 同じ職場の男性で経験した人がいる 自分の職場では聞いたことがない* 言葉自体知らない その他 わからない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 1,081 5.5 6.7 0.5 72.1 10.0 0.7 6.0 101.4
男性 1,298 0.5 4.1 1.0 74.8 9.2 0.5 10.6 100.7
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 137 13.9 14.6 1.5 65.0 3.6 0.7 3.6 102.9
30~39歳 217 6.5 8.8 0.9 72.8 4.6 0.5 8.8 102.8
40~49歳 330 6.1 5.5 0.3 75.5 6.7 1.2 6.1 101.2
50~59歳 264 2.3 4.2 75.0 12.5 0.8 5.7 100.4
60歳以上 133 3.0 63.9 28.6 4.5 100.0
〔雇用形態〕
(女性)
被傭者 708 7.3 8.5 0.6 67.5 7.9 1.1 9.2 102.1
正規の職員・従業員 358 10.3 9.8 0.8 69.8 6.4 0.8 5.6 103.6
パートタイム雇用者 340 4.4 7.4 0.3 65.9 9.1 1.2 12.4 100.6

*自分の職場では、経験した人がいるという話は聞いたことがない

(6)働いていない理由

 女性の無職の者(890人)に、働いていない理由を挙げてもらったところ、「高齢だから」を挙げた者の割合が30.7%と最も高く、以下、「育児の負担が大きいから」(20.2%)、「経済的に働く必要がないから」(19.7%)、「健康や体力に自信がないから」(18.3%)、「配偶者や子どもなど家族が望まないから」(14.7%)、「家事の負担が大きいから」(12.9%)などの順となっている。(複数回答)

 年齢別に見ると、「育児の負担が大きいから」を挙げた者の割合は20歳代、30歳代で、「配偶者や子どもなど家族が望まないから」を挙げた者の割合は40歳代で、「家事の負担が大きいから」を挙げた者の割合は30歳代、40歳代で、「希望どおりの仕事が得られないから」を挙げた者の割合は20歳代、40歳代で、「親や病気の家族の世話をするため」を挙げた者の割合は40歳代、50歳代で、それぞれ高くなっている。

 末子年齢別に見ると、「育児の負担が大きいから」を挙げた者の割合は5歳以下の子どもをもつ者で、「配偶者や子どもなど家族が望まないから」を挙げた者の割合は6歳以上20歳以下の子どもをもつ者で、「家事の負担が大きいから」を挙げた者の割合は15歳以下の子どもをもつ者で、それぞれ高くなっている。(表36)

表36 働いていない理由

(無職の者に、複数回答)

該当者数 高齢だから 育児の負担が大きいから 経済的に働く必要がないから 健康や体力に自信がないから 配偶者や子供など家族が望まないから 家事の負担が大きいから 希望どおりの仕事が得られないから 家にいるのが当然だから 親や病気の家族の世話をするため 職業をもたない方が自分のやりたいことができるから 働くことに向いていないから 現在、学校に通つているから 働くことが好きでないから その他 特に理由はない わからない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 890 30.7 20.2 19.7 18.3 14.7 12.9 9.8 8.9 7.4 5.8 3.3 1.5 0.9 2.1 4.7 0.6 161.5
〔年齢〕
(女性)
60歳未満(小計) 531 5.1 33.3 19.6 17.5 19.6 17.5 15.3 8.7 9.2 6.6 4.3 2.4 1.3 2.4 5.1 0.8 168.7
20~29歳 84 58.3 10.7 6.0 15.5 16.7 20.2 2.4 1.2 2.4 1.2 15.5 2.4 1.2 1.2 154.8
30~39歳 170 66.5 17.6 7.1 17.1 19.4 12.9 4.7 3.5 7.6 3.5 1.2 2.4 2.9 0.6 167.1
40~49歳 134 2.2 6.7 26.9 27.6 26.9 22.4 18.7 11.2 17.2 8.2 6.7 2.2 3.0 4.5 0.7 185.1
50~59歳 143 16.8 4.2 20.3 27.3 18.2 11.2 11.9 14.7 13.3 6.3 4.9 1.4 2.1 10.5 0.7 163.6
60歳以上 359 68.5 0.8 19.8 19.5 7.5 6.1 1.7 9.2 4.7 4.7 1.7 0.3 1.7 4.2 0.3 150.7
〔末子年齢〕
(女性)
子ども有り(小計) 805 31.2 22.2 20.6 18.3 15.5 13.9 9.1 9.1 7.3 5.7 3.4 0.7 1.9 4.8 0.6 164.3
5歳以下 165 86.7 15.8 3.0 15.2 21.2 9.7 3.0 0.6 4.8 2.4 0.6 1.2 1.2 165.5
6~10歳 67 37.3 26.9 16.4 23.9 25.4 16.4 10.4 16.4 7.5 3.0 4.5 4.5 192.5
11~15歳 59 1.7 3.4 27.1 15.3 37.3 22.0 18.6 8.5 11.9 10.2 5.1 3.4 5.1 6.8 176.3
16~20歳 63 4.8 6.3 19.0 34.9 22.2 15.9 17.5 14.3 14.3 4.8 9.5 3.2 1.6 6.3 1.6 176.2
21歳以上 451 54.8 1.1 20.8 22.2 10.6 8.2 5.3 10.4 6.9 5.3 2.7 0.2 1.8 5.8 0.4 156.5
子ども無し 85 25.9 1.2 10.6 18.8 7.1 3.5 16.5 7.1 8.2 7.1 2.4 15.3 2.4 4.7 3.5 134.1
〔将来働く意向〕(女性)
すぐにでも働きたい 46 17.4 21.7 6.5 6.5 8.7 10.9 37.0 8.7 2.2 2.2 4.3 4.3 130.4
将来は働きたい 306 2.3 48.0 13.7 16.0 16.0 18.0 13.4 2.9 7.8 5.9 2.0 3.9 1.0 2.6 4.6 158.2
働くつもりはない 538 48.0 4.3 24.2 20.6 14.5 10.2 5.4 13.0 7.1 6.1 4.3 0.9 1.7 4.8 0.9 166.0

(7)将来働く意向

 女性の無職の者(890人)に、将来働きたいか聞いたところ、働きたいと答えた者の割合が39.6%(すぐにでも働きたい5.2%+将来は働きたい34.4%)、働くつもりはないと答えた者の割合が60.4%となっている。

 末子年齢別に見ると、働きたいと答えた者の割合は5歳以下の子どもをもつ者で高くなっている。(表37)

表37 将来働く意向

(無職の者に)

該当者数 働きたい(小計) すぐにでも働きたい 将来は働きたい 働くつもりはない
〔男女〕
女性 890 39.6 5.2 34.4 60.4
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 84 94.0 9.5 84.5 6.0
30~39歳 170 81.8 8.8 72.9 18.2
40~49歳 134 50.0 2.2 47.8 50.0
50~59歳 143 25.9 5.6 20.3 74.1
60歳以上 359 8.4 3.3 5.0 91.6
〔末子年齢〕
(女性)
子ども有り(小計) 805 37.9 4.7 33.2 62.1
5歳以下 165 88.5 6.1 82.4 11.5
6歳~10歳 67 70.1 9.0 61.2 29.9
11歳~15歳 59 59.3 5.1 54.2 40.7
16歳~20歳 63 33.3 1.6 31.7 66.7
21歳以上 451 12.4 4.0 8.4 87.6
子ども無し 85 55.3 9.4 45.9 44.7

(8)仕事をやめたり、中断したり、転職した理由

 女性(1,971人)に、今までに仕事をやめたり、中断したり、あるいは転職した理由を挙げてもらったところ、「結婚のため」を挙げた者の割合が35.0%と最も高く、以下、「出産・育児(出産休暇、育児休暇は除く)のため」(21.4%)、「自分の健康や体力的な問題のため」(6.9%)、「高齢になったから」(6.6%)、「仕事の内容が合わなかったため」(5.2%)、「親や病気の家族の世話をするため」(5.2%)などの順となっている。なお、女性で、今までに仕事をやめたり、中断したり、あるいは転職したことがある者の割合は女性全体の72.3%となっており、「今までに仕事をやめたり、中断したり、転職したことはない」と答えた者の割合が17.6%、「今までに働いたことはない」と答えた者の割合が6.8%となっている。(複数回答)

 男性(1.553人)では、「労働条件に対して不満があったから」を挙げた者の割合が10.8%、以下、「仕事の内容が合わなかったため」(9.7%)、「高齢になったから」(9.2%)などの順となっている。なお、男性で、今までに仕事をやめたり、中断したり、あるいは転職したことがある者の割合は男性全体の49.6%となっており、「今までに仕事をやめたり、中断したり、転職したことはない」と答えた者の割合が46.6%となっている。

(複数回答)

 女性について、年齢別に見ると、「結婚のため」、「出産・育児(出産休暇、育児休暇は除く)のため」を挙げた者の割合は30歳代、40歳代で高くなっている。(表38)

表38 仕事をやめたり、中断したり、転職した理由

(複数回答)

該当者数  仕事をやめたり、中断したり、転職したことがある(小計) 結婚のため 出産育児のため* 自分の健康や体力的な問題のため 高齢になったから 仕事の内容が合わなかったため 親や病気の家族の世話をするため 労働条件に対して不満があったから よりよい条件の仕事があったから 長期勤続しにくい職場の雰囲気だから 家業につくため 会社側の都合のため 配偶者の転勤のため 家族の理解・協力が得にくいから 大学などに行ったり、資格をとるため その他 特に理由はない 今までに仕事をやめたり、中断したり、転職したことはない 今までに働いたことはない わからない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 1,971 72.3 35.0 21.4 6.9 6.6 5.2 5.2 4.5 3.7 3.2 2.9 2.7 2.1 1.6 0.6 1.9 3.2 17.6 6.8 3.2 134.3
男性 1,553 49.6 1.2 0.1 6.6 9.2 9.7 1.6 10.8 9.1 4.1 3.3 4.8 0.3 0.3 0.8 4.0 5.5 46.6 1.4 2.3 121.8
〔年齢〕
(女性)
60歳未満(小計) 1,479 75.8 40.6 25.8 6.2 1.0 6.5 5.2 5.7 4.5 4.1 3.0 2.5 2.5 2.0 0.7 1.6 2.7 17.5 4.5 2.2 138.7
0~29歳 221 62.0 23.5 23.5 5.0 12.2 2.3 10.4 4.5 5.0 2.3 0.9 1.8 1.8 0.9 1.4 31.2 5.4 1.4 133.5
30~39歳 387 85.5 49.9 36.4 6.2 6.2 3.1 7.5 4.1 5.2 1.8 1.6 3.6 2.3 0.8 1.6 1.8 10.9 2.8 0.8 146.5
40~49歳 464 80.8 48.7 26.1 6.7 0.4 6.3 6.7 5.0 5.0 4.1 4.1 3.0 2.2 2.4 0.4 1.9 2.8 12.9 4.3 1.9 144.8
50~59歳 407 68.3 31.9 16.7 6.1 3.2 3.9 7.1 2.5 4.2 2.7 4.4 2.9 2.7 1.2 0.2 1.5 4.2 21.6 5.7 4.4 127.3
60歳以上 492 62.0 18.1 8.1 9.1 23.4 1.4 5.1 0.6 1.2 0.4 2.6 3.5 0.8 0.6 0.2 2.8 4.9 17.9 13.8 6.3 120.9

(9)女性が職業をもつことについての考え

 一般的に、女性が職業をもつことについて、どう考えるか聞いたところ、「女性は職業をもたない方がよい」と答えた者の割合は女性で2.8%、男性で5.7%、「結婚するまでは、職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は女性で10.8%、男性で14.8%、「子どもができるまでは、職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は女性で11.1%、男性で15.1%、「子どもができたら職業をやめ、大きくなつたら再び職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は女性で45.4%、男性で39.2%、「子どもができても、ずつと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合は女性で26.3%、男性で19.8%となつており、「子どもができたら職業をやめ、大きくなつたら再び職業をもつ方がよい」、「子どもができても、ずつと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合は女性で、「女性は職業をもたない方がよい」、「結婚するまでは、職業をもつ方がよい」、「子どもができるまでは、職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は男性で、それぞれ高くなつている。

 女性について、年齢別に見ると、「子どもができたら職業をやめ、大きくなつたら再び職業をもつ方がよい」、「子どもができても、ずつと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合は30歳代、40歳代で高くなつている。(図9)

図9 女性が職業をもつことについての考え

図9 女性が職業をもつことについての考え

 女性について、有職・無職別に見ると、「子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は働いていない主婦で、「子どもができても、ずつと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合は有職者で、それぞれ高くなっている。

 女性について、雇用形態別に見ると、「子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい」と答えた者の割合はパートタイム雇用者で、「子どもができても、ずっと職業を続ける方がよい」と答えた者の割合は正規の職員.従業員で、それぞれ高くなっている。

 女性について、子どもの有無別に見ると、「子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい」と答えた者の割合は子どもをもつ者で高くなっている。(表39)

表39 女性が職業をもつことについての考え
該当者数 女性は職業をもたない方がよい 結婚するまでは、職業をもつ方がよい 子供ができるまでは、職業をもつ方がよい 子供が大きくなったら再び職業をもつ方がよい* 子供ができても、ずっと職業を続ける方がよい その他 わからない
〔男女〕
女性 1,971 2.8 10.8 11.1 45.4 26.3 1.3 2.3
〔男女・未既婚〕
(女性)
結婚している 1,560 2.8 10.1 10.8 46.3 26.9 1.0 2.1
未婚 164 1.2 17.1 15.2 37.8 26.8 0.6 1.2
(男性)
結婚している 1,285 6.1 14.8 14.2 39.9 20.5 1.6 3.0
未婚 222 3.6 12.6 18.9 36.9 18.9 2.7 6.3
〔有職・無職〕
(女性)
有職者 1,081 2.8 9.0 10.0 44.4 31.6 0.7 1.5
働いていない主婦 714 2.5 13.0 12.7 48.2 19.2 1.7 2.7
〔雇用形態〕
(女性)
正規の職員・従業員 358 2.2 8.1 9.2 39.4 38.3 0.6 2.2
パートタイム雇用者 340 1.8 9.1 12.4 48.5 26.2 0.9 1.2
〔子どもの有無〕
(女性)
子ども有り 1,710 2.9 9.6 10.9 46.7 26.1 1.5 2.3
子ども無し 261 2.3 18.0 12.6 37.2 27.2 0.4 2.3

*子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい

〔参考〕 女性が職業をもつことについての考え
該当者数 女性は職業をもたない方がよい 結婚するまでは、職業をもつ方がよい 子供ができるまでは、職業をもつ方がよい 子供が大きくなったら再び職業をもつ方がよい* 子供ができても、ずっと職業を続ける方がよい その他 わからない
(総数)
昭和59年5月調査 8,031 7.8 13.5 11.9 41.2 18.1 7.6
(注2)
昭和62年3月調査 3,783 4.3 13.7 12.6 48.0 14.5 7.0
(注3)
今回調査 3,524 4.1 12.5 12.9 42.7 23.4 1.5 2.9
(女性)
昭和47年10月調査 16,645 7.8 18.6 12.3 39.5 11.5 10.3
(注1)
昭和54年10月調査 8,103 7.0 11.3 10.8 39.2 20.1 11.6
昭和59年5月調査 4,431 6.1 11.1 10.6 45.3 20.1 6.9
(注2)
昭和62年3月調査 2,148 3.4 10.2 11.3 51.9 16.1 7.0
(注3)
今回調査 1,971 2.8 10.8 11.1 45.4 26.3 1.3 2.3
(男性)
昭和47年10月調査 2,413 15.9 26.2 15.6 20.9 9.7 11.6
(注1)
昭和59年5月調査 3,600 9.8 16.4 13.4 36.1 15.7 8.6
(注2)
昭和62年3月調査 1,635 5.4 18.2 14.3 42.8 12.4 7.0
(注3)
今回調査 1,553 5.7 14.8 15.1 39.2 19.8 1.7 3.6
  • *子どもができたら職業をやめ、大きくなったら再び職業をもつ方がよい
  • (注1)調査対象は、全国18歳以上の者である。
  • (注2)質問文 一般的に女性が職業をもつことについて、どのようにお考えになりますか。
    • 選択肢
      • (ア)職業をもち、結婚や出産の後も仕事を続ける方がよい
      • (イ)職業をもち、結婚や出産などで一時期家庭に入り、育児が終わると再び職業をもつ方がよい
      • (ウ)職業をもち、結婚を契機として家庭に入る方がよい
      • (エ)職業をもち、出産を契機として家庭に入る方がよい
      • (オ)職業をもたない方がよい
    • わからない
  • (注3)質問文 一般的にいって、女性の職業と生活設計について、どのようにお考えになりますか。
    • 選択肢
      • (ア)結婚や出産の後も仕事を続ける方がよい
      • (イ)結婚や出産などで一時家庭に入り、育児が終わると再び職業をもつ方がよい
      • (ウ)結婚を契機として家庭に入る方がよい
      • (エ)出産を契機として家庭に入る方がよい
      • (オ)職業をもたない方がよい
    • わからない

(10)働いているときの子どもの面倒

 子どもをもつ女性(1,710人)に、働いている(いた)ときに、5歳以下の子どもの面倒は誰がみているか(いたか)挙げてもらったところ、「夫(妻)が面倒をみている(いた)」を挙げた者の割合が24.3%、「親兄弟や親戚に面倒をみてもらっている(いた)」を挙げた者の割合が23.9%、「保育施設にあずけている(いた)」を挙げた者の割合が19.4%などの順になっている。なお、「働いた経験はあるが、子どもが5歳以下のときには働いていない(いなかった)」と答えた者の割合が29.9%、「今までに働いたことはない」と答えな者の割合が6.6%となっている。

 現在5歳以下の子どもをもつ女性(264人)では、「保育施設にあずけている(いた)」を挙げた者の割合が23.1%と最も高くなっている。

(複数回答、表40)

表40 働いているときの子どもの面倒

(子どもをもつ者に、複数回答)

該当者数  5歳以下の時に働いている(いた)(小計) 夫(妻)が面倒をみている(いた) 親兄弟や親戚に面倒をみてもらっている(いた) 保育施設にあずけている(いた) 勤め先が提供する施設にあずけている(いた) 近所の人や、友人同士が交代で面倒をみる*1 産後休暇、育児休暇中である*2 ベビーシッターや家政婦に来てもらう*3 近所の保育サービスを利用している(いた)*4 その他 5歳以下のときには働いていない(いなかった)*5 今までに働いたことはない 計(M.T.)
〔男女〕
女性 1,710 63.5 24.3 23.9 19.4 1.2 1.1 0.9 0.5 0.5 6.0 29.9 6.6 114.3
男性 1,237 98.8 80.0 19.4 18.5 0.1 0.3 0.2 0.2 0.6 1.0 1.2 121.3
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 84 64.3 16.7 21.4 23.8 2.4 1.2 1.2 10.7 34.5 1.2 113.1
30~39歳 344 66.0 18.6 18.3 28.8 2.3 0.6 2.0 0.3 0.6 9.0 31.1 2.9 114.5
40~49歳 443 65.5 25.3 24.2 25.3 0.9 1.6 0.5 0.5 0.9 4.7 30.2 4.3 118.3
50~59歳 382 65.7 28.5 23.3 17.3 1.3 1.0 1.6 0.8 4.7 28.5 5.8 112.8
60歳以上 457 57.5 25.6 28.7 7.4 0.2 1.1 0.2 0.7 0.2 5.0 29.1 13.3 111.6
現在5歳以下の子どもをもつ女性 264 65.5 18.6 18.6 23.1 2.7 1.5 1.9 0.4 1.1 12.5 31.8 2.7 114.8
  • *1 子どもをもつ近所の人や、友人同士が交代で、それぞれの子どもたちの面倒をみている(いた)
  • *2 産後休暇、育児休暇中である(産後休暇、育児休暇をとった)
  • *3 ベビーシッターや家政婦に来てもらって、面倒をみてもらっている(いた)
  • *4 保育ママなど、近所の人がやっている保育サービスを利用している(いた)
  • *5 働いた経験はあるが、子どもが5歳以下のときには働いていない(いなかった)

5 社会参加活動について

(1)現在の社会参加活動

 現在、仕事以外に、家庭の外で活動をしているものを挙げてもらったところ、女性では、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」を挙げた者の割合が16.0%と最も高く、以下、「スポーツサークル活動」(10.7%)、「PTAの役員・委員」(9.0%)、「文化・教養・学習活動」(8.9%)、「スポーツ以外の趣味活動」(8.3%)、「社会奉仕などのボランティア活動」(6.3%)などの順となっている。なお、「どれにも参加していない」と答えた者の割合が56.8%となっている。(複数回答)

 男性では、「スポーツサークル活動」を挙げた者の割合が15.3%、以下、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」(12.4%)、「社会奉仕などのボランティア活動」(7.7%)、「スポーツ以外の趣味活動」(7.3%)などの順となっている。なお、「どれにも参加していない」と答えた者の割合が60.1%となっている。(複数回答)

 男女別に見ると、参加しているものがある者の割合は女性で高くなっており、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」、「PTAの役員・委員」、「文化・教養・学習活動」を挙げた者の割合は女性で、「スポーツサークル活動」を挙げた者の割合は男性で、それぞれ高くなっている。

 女性について、年齢別に見ると、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」を挙げた者の割合は40歳代で、「PTAの役員・委員」を挙げた者の割合は30歳代で、「スポーツ以外の趣味活動」を挙げた者の割合は50歳代で、それぞれ高くなっている。

 女性について、末子年齢別に見ると、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」、「PTAの役員・委員」を挙げた者の割合は6歳以上15歳以下の子どもをもつ者で高くなっている。(表41)

表41 現在の社会参加活動

(複数回答)

該当者数 参加しているものがある(小計) 婦人会、自治会子ども会などの地域活動 スポーツサークル活動 スポーツ以外の趣味活動 文化・教養・学習活動 社会奉仕などのボランティア活動 PTAの役員・委員 宗教活動 消費者、住民運動 政治活動 その他 どれにも参加していない 計(M.T.)
総数 3,524 41.8 14.4 12.7 7.8 7.5 6.9 6.4 3.0 1.1 0.9 1.1 58.2 120.1
〔男女〕
女性 1,971 43.2 16.0 10.7 8.3 8.9 6.3 9.0 3.5 1.3 0.4 0.8 56.8 121.9
男性 1,553 39.9 12.4 15.3 7.3 5.7 7.7 3.1 2.3 0.8 1.5 1.5 60.1 117.8
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 221 33.5 7.7 12.7 7.2 6.3 0.9 1.8 2.3 0.9 0.5 66.5 106.8
30~39歳 387 49.6 18.6 13.2 4.7 5.4 4.1 23.8 3.6 2.3 0.3 0.8 50.4 127.1
40~49歳 464 53.0 20.0 15.1 8.4 10.6 7.1 16.4 3.9 1.7 0.4 47.0 130.6
50~59歳 407 40.5 16.7 8.1 12.3 10.6 9.1 0.7 2.0 2.2 0.2 0.5 59.5 121.9
60歳以上 492 35.6 13.4 5.9 8.1 9.8 7.3 0.6 4.7 0.6 1.6 64.4 116.5
〔末子年齢〕
子ども有り(小計) 1,710 45.0 18.1 10.4 8.0 8.8 6.7 10.4 3.6 1.5 0.2 0.8 55.0 123.5
5歳以下 264 42.0 17.0 7.2 2.7 5.7 3.4 13.3 4.2 2.3 1.1 58.0 114.8
6~10歳 194 66.5 28.4 18.6 6.2 7.2 6.7 36.6 4.1 2.6 1.0 33.5 144.8
11~15歳 197 62.9 25.4 15.7 7.6 9.6 6.1 26.9 4.1 2.0 1.5 37.1 136.0
16~20歳 244 38.9 14.8 13.5 8.6 9.4 7.4 6.1 2.0 1.6 61.1 124.6
21歳以上 811 38.2 15.2 7.2 10.1 9.9 7.6 0.5 3.6 0.9 0.2 1.0 61.8 117.9
子ども無し 261 31.8 2.7 13.0 10.0 9.2 3.8 2.7 1.1 0.8 68.2 111.5

(2)今後の社会参加活動への意向

今後参加してみたい活動を挙げてもらったところ、女性では、「文化・教養・学習活動」を挙げた者の割合が16.8%、以下、「スポーツサークル活動」(15.7%)、「社会奉仕などのボランティア活動」(15.4%)、「スポーツ以外の趣味活動」(14.9%)、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」(8.6%)などの順となっている。なお、「参加したいとは思わない」と答えた者の割合が44.2%となっている。(複数回答)

男性では、「スポーツサークル活動」を挙げた者の割合が19.1%、以下、「スポーツ以外の趣味活動」(13.6%)、「社会奉仕などのボランティア活動」(11.5%)、「文化・教養・学習活動」(10.2%)などの順となっている。なお、「参加したいとは思わない」と答えた者の割合が51.8%となっている。(複数回答)

男女別に見ると、参加してみたいものがある者の割合は女性で高くなっており、「文化・教養・学習活動」、「社会奉仕などのボランティア活動」を挙げた者の割合は女性で、「スポーツサークル活動」を挙げた者の割合は男性で、それぞれ高くなっている。

女性について、年齢別に見ると、「文化・教養・学習活動」を挙げた者の割合は20歳代、40歳代で、「社会奉仕などのボランティア活動」を挙げた者の割合は40歳代、50歳代で、「婦人会、自治会、子ども会などの地域活動」、「PTAの役員・委員」を挙げた者の割合は30歳代で、それぞれ高くなっている。(表42)

表42 今後の社会参加活動への意向

(複数回答)

該当者数 参加してみたいものがある(小計)   スポーツサークル活動 スポーツ以外の趣味活動 文化・教養・学習活動 社会奉仕などのボランティア活動 婦人会、自治会子ども会などの地域活動 宗教活動 PTAの役員・委員 消費者、住民運動 政治活動 その他 参加したいとは思わない 計(M.T.)
総数 3,524 52.5 17.2 14.3 13.9 13.7 7.6 2.5 2.3 1.2 0.8 1.2 47.5 122.2
〔男女〕
女性 1,971 55.8 15.7 14.9 16.8 15.4 8.6 2.8 3.1 1.3 0.4 1.1 44.2 124.4
男性 1,553 48.2 19.1 13.6 10.2 11.5 6.3 2.0 1.4 1.0 1.3 1.4 51.8 119.4
〔年齢〕
(女性)
20~29歳 221 58.8 24.0 16.7 21.3 9.5 5.0 1.8 1.4 0.5 1.4 0.9 41.2 123.5
30~39歳 387 64.3 27.6 16.5 15.0 13.4 11.4 2.8 8.8 1.8 0.8 35.7 133.9
40~49歳 464 66.4 17.2 16.2 22.4 22.2 8.8 3.4 4.7 1.5 1.1 33.6 131.3
50~59歳 407 54.8 11.5 16.0 16.0 18.9 8.4 2.0 0.5 2.5 0.2 0.7 45.2 121.9
60歳以上 492 38.6 4.7 10.6 11.8 10.4 8.1 3.5 0.2 0.6 1.8 61.4 113.0

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成21年以前 --