ここからサイトの主なメニューです

平成十五年文部科学省告示第四十四号(大学設置基準第四十五条の規定に基づく新たに大学等を設置する場合の教員組織、校舎等の施設及設備の段階的な整備)

文部科学省告示第四十四号

平成十五年文部科学省告示第四十四号(大学設置基準第四十五条の規定に基づく新たに大学等を設置する場合の教員組織、校舎等の施設及設備の段階的な整備)

大学設置基準第四十五条の規定に基づき、新たに大学等を設置する場合の教員組織、校舎等の施設及設備の段階的な整備について次のように定める。

平成十五年三月三十一日

1 教員組織の段階的な整備については、次の各号に該当する場合において認めるものとする。

一 大学全体の整備に係る計画が確立し、かつ、教育研究に支障のない限度において、各年次にわたって行うものであること

二 各授業科目を開設する年次において当該授業科目の授業を担当する教員を置くことを原則として、次の表の上欄に掲げる各年次においてそれぞれ同表の下欄に掲げる必要とする教員数に占める割合以上の数の教員を置くものであること

年次

必要とする教員数に占める割合

開設時

二五%

第一年次中

二五%

第二年次中

二五%

第三年次中

二五%

三 整備に係る計画の期間中に、原則として教員が異動しないこと

2 校舎等の施設及び設備(以下「校舎等」という。)の段階的な整備については、次の各号に該当する場合において認めるものとする。

一 大学全体の整備に係る計画が確立し、かつ、教育研究に支障のない限度において、各年次にわたって行うものであること

二 各授業科目を開設する年次において当該授業科目に必要な教室を備えることを原則として、次の表の上欄に掲げる各年次においてそれぞれ同表の下欄に掲げる必要とする校舎等に占める割合以上の施設等を置くものであること

年次

必要とする校舎等に占める割合

開設時

四〇%

第一年次中

三〇%

第二年次中

三〇%

3 文部科学大臣は、大学等の設置を認可した後、当該認可時における留意事項、授業科目の開設状況、教員組織の整備状況その他の年次計画の履行状況について報告を求め、必要に応じ、書類、面接又は実地により調査することができるものとする。

附則

この告示は、平成十五年四月一日から施行する。

-- 登録:平成21年以前 --