ここからサイトの主なメニューです

(参考資料2)義務教育諸学校教科用図書検定基準、高等学校教科用図書検定基準及び教科用図書検定規則実施細則の一部改正について(通知)

22文科初第1252号
平成22年11月30日

各教科書発行者 殿

文部科学大臣政務官
笠 浩史

義務教育諸学校教科用図書検定基準、高等学校教科用図書検定基準及び教科用図書検定規則実施細則の一部改正について(通知)

 このたび、常用漢字表(平成22年11月30日内閣告示第2号。以下「改定常用漢字表」という。)の制定等に伴い、義務教育諸学校教科用図書検定基準(平成21年文部科学省告示第33号)、高等学校教科用図書検定基準(平成21年文部科学省告示第166号)及び教科用図書検定規則実施細則(平成元年10月17日文部大臣裁定)の一部を改正しましたのでお知らせいたします。
 各教科書発行者におかれては、下記の事項に留意の上、これらの改正の内容について十分理解し、教科書の著作・編修に当たって遺漏のないようお願いします。

1.改正の内容

(1) 改定常用漢字表の制定に伴い、義務教育諸学校教科用図書検定基準、高等学校教科用図書検定基準及び教科用図書検定規則実施細則における関係規定を整理したこと。
(2) その他所要の規定を整理したこと。

2.施行時期等

(1) 改正後の規定は、平成22年11月30日から施行し、平成24年度以降の使用に係る教科用図書の検定から適用されること。ただし、施行の際現に検定の申請がされている教科用図書及び平成22年度において教科用図書の検定の申請を行うことができる種目及び期間を定める件(平成22年文部科学省告示第84号)により平成22年度において検定の申請を行うことができることとされた教科用図書の検定については、改正前の規定を適用することとされたこと。
(2) その他所要の経過措置を講じたこと。

3.留意事項

(1) 既に検定を経た教科用図書又は現在検定の申請が行われている教科用図書である平成24年度以降使用する中学校の国語の教科用図書並びに高等学校の「国語総合」及び「国語表現Ⅰ」の教科用図書については、訂正申請により、改定常用漢字表又は追加漢字一覧等を巻末に掲載する等学校において改定常用漢字表に基づく漢字指導が平成24年度から適切に行われるための措置がなされることが望ましいこと。
(2) 中学校及び高等学校の国語の教科用図書について、改定常用漢字表に基づく漢字指導を効果的に行うために教材の差し替え等が必要な場合は、中学校及び高等学校のそれぞれの検定の機会に行うこととすること。
(3) 改定常用漢字表に基づく新しい表記への対応は、平成24年度以降の使用に係る全ての教科用図書について、適宜行うこととすること。
(4) その他常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応については、「常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応について(まとめ)」(平成22年9月29日常用漢字表改定に伴う学校教育上の対応に関する専門家会議)(別添3)及び「常用漢字表の改定に伴う中学校学習指導要領の一部改正等及び小学校、中学校、高等学校等における漢字の指導について(通知)」(平成22年11月30日付け22文科初第1255号)(別添4)を参照すること。

(参 考)  常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)

【本件連絡先】
文部科学省初等中等教育局
教科書課企画係・検定調査第三係
TEL:03-5253-4111(内線2576,3295)

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

-- 登録:平成22年12月 --