ここからサイトの主なメニューです

文部科学省告示第163号

 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第129条の規定に基づき,平成22年11月30日から平成24年3月31日までの間における特別支援学校小学部・中学部学習指導要領(平成11年文部省告示第61号)及び特別支援学校高等部学習指導要領(平成11年文部省告示第62号)の特例を次のように定め,公布の日から施行する。

平成22年11月30日

文部科学大臣 髙木 義明

1 平成22年11月30日から平成24年3月31日までの視覚障害者,聴覚障害者,肢体不自由者又は病弱者である生徒に対する教育を行う特別支援学校(以下「視覚障害者等である生徒に対する教育を行う特別支援学校」という。)の中学部の第1学年から第3学年までの国語の指導に当たっては,平成21年4月1日から平成24年3月31日までの間における新特別支援学校小学部・中学部学習指導要領が適用されるまでの間における現行特別支援学校小学部・中学部学習指導要領の特例を定める件(平成21年文部科学省告示第39号)に示すものによるほか,平成22年11月30日から平成24年3月31日までの間における中学校学習指導要領及び高等学校学習指導要領の特例を定める件(平成22年文部科学省告示第162号)第1項に示すものに準ずるものとする。
2 平成22年11月30日から平成24年3月31日までの視覚障害者等である生徒に対する教育を行う特別支援学校の高等部の国語に属する科目の指導に当たっては,平成22年11月30日から平成24年3月31日までの間における中学校学習指導要領及び高等学校学習指導要領の特例を定める件第2項に示すものに準ずるものとする。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

-- 登録:平成22年12月 --