ここからサイトの主なメニューです

【別紙第3】 高等学校生徒指導要録に記載する事項等

○学籍に関する記録

 学年当初及び異動の生じたときに記入する。
 学年による教育課程の区分を設けない課程(以下「単位制による課程」という。)の場合においては,生徒にかかる記録は,「年度」を単位として行う。(指導に関する記録についても同様に取り扱う。)

1 生徒の氏名,性別,生年月日及び現住所
2 保護者の氏名及び現住所
3 入学前の経歴

 高等学校に入学するまでの教育関係の略歴を記入する。なお,外国において受けた教育の実情なども記入する。

4 入学・編入学

(1)入学
 校長が入学を許可した年月日を記入する。

(2)編入学
 外国にある学校などから編入学した場合,過去に高等学校等に在学していた者などが入学した場合について,その年月日,学年等を記入する。また,単位制による課程の場合においては,当該生徒にかかる校長が定めた在学すべき期間を記入する。

5 転入学

 他の高等学校等から転入学した生徒について,その年月日,学年,前に在学していた学校名,所在地,課程名,学科名等を記入する。また,単位制による課程の場合においては,当該生徒にかかる校長が定めた在学すべき期間を記入する。

6 転学・退学

 他の高等学校等に転学する場合には,転学先の学校が受け入れた年月日の前日を記入し,転学先の学校名,所在地,課程名,学科名,転入学年等を記入する。退学する場合には,校長が退学を認め,又は命じた年月日等を記入する。

7 留学等

 留学,休学について校長が許可した期間を記入する。留学の場合は,留学先の学校名,学年及び所在国名を記入する。

8 卒業

 校長が卒業を認定した年月日を記入する。

9 進学先・就職先等

 進学先の学校名及び所在地,就職先の事業所名及び所在地等を記入する。

10 学校名及び所在地,課程名・学科名
11 校長氏名印,ホームルーム担任者氏名印

 各年度に,校長の氏名,ホームルーム担任者の氏名を記入し,それぞれ押印する。(同一年度内に校長又はホームルーム担任者が代わった場合には,その都度後任者の氏名を併記する。)

12 各教科・科目等の修得単位数の記録

 修得した各教科・科目等ごとに修得単位数の計を記入する。留学により認定された修得単位数がある場合には,適宜工夫して記入する。なお,転入学した生徒については,前に在学していた学校における修得単位数についても記入する。

○ 指導に関する記録

 単位制による課程の場合においては,各学校における単位制による課程の特色に相応した指導要録となるよう,例えば,各教科・科目等の学習の記録を,学期ごとに区分して記述するなど工夫する。

1 各教科・科目等の学習の記録

(1)評定

ア 各教科・科目の評定は,各教科・科目の学習についてそれぞれ5段階で表し,5段階の表示は,5,4,3,2,1とする。その表示は,高等学校学習指導要領に示す各教科・科目の目標に基づき,学校が地域や生徒の実態に即して設定した当該教科・科目の目標や内容に照らし,その実現状況を総括的に評価して,「十分満足できると判断されるもののうち,特に高い程度のもの」を5,「十分満足できると判断されるもの」を4,「おおむね満足できると判断されるもの」を3,「努力を要すると判断されるもの」を2,「努力を要すると判断されるもののうち,特に低い程度のもの」を1とする。

イ 評定に当たっては,ペーパーテスト等による知識や技能のみの評価など一部の観点に偏した評定が行われることのないように,「関心・意欲・態度」,「思考・判断」,「技能・表現」,「知識・理解」の四つの観点による評価を十分踏まえながら評定を行っていくとともに,5段階の各段階の評定が個々の教師の主観に流れて客観性や信頼性を欠くことのないよう学校として留意する。その際,別添3に各教科の評価の観点及びその趣旨を示しているので,この観点を十分踏まえながらそれぞれの科目のねらいや特性を勘案して具体的な評価規準を設定するなど評価の在り方の工夫・改善を図ることが望まれる。

ウ 学校設定教科に関する科目は,評定及び修得単位数を記入するが,当該教科・科目の目標や内容等から数値的な評価になじまない科目については,評定は行わず,学習の状況や成果などを踏まえて,総合所見及び指導上参考となる諸事項に所見等を記述するなど,評価の在り方等について工夫することが望まれる。

エ 定時制又は通信制の課程に在学している生徒に対して,高等学校学習指導要領第1章第7款の4の規定により,大学入学資格検定合格科目を高等学校の各教科・科目の単位を修得したものとみなした場合は,修得単位数のみを記入する。また,高等学校学習指導要領第1章第7款の5の規定により,別科において修得した科目を高等学校の各教科・科目の単位を修得したものとみなした場合も,修得単位数のみを記入する。

(2)修得単位数

 各教科・科目等について,修得を認定した単位数を記入する。評定が1のときは,単位の修得を認めない取扱いとする。
 なお,単位制による課程の場合においては,過去に在学した高等学校において修得した教科・科目等及びその修得単位数等を記入する。

(3)総合的な学習の時間

 総合的な学習の時間における学習活動に対して,修得を認定した単位数を記入する。

(4)留学

 留学した生徒の外国の学校における学習の成果をもとに,校長が修得を認定した単位数を記入する。この場合,外国のカリキュラムを逐一,我が国の教科・科目と対比し,これらに置き換えて評価する必要はない。なお,外国の高等学校の発行する成績や在籍,科目履修に関する証明書又はその写しを添付する。

(5)その他

 専門教育に関する各教科・科目の履修による必履修教科・科目の代替,学校間連携や学校外の学修等についての単位認定を行った場合など,履修上の特記事項等について記入する。

2 総合的な学習の時間の記録

(1)学習活動

 総合的な学習の時間において行った学習活動を記入する。

(2)評価

 各学校が定めた総合的な学習の時間の目標,内容に基づいて各学校が設定した評価の観点を踏まえて,生徒の学習状況に顕著な事項がある場合などにその特徴を記入するなど,生徒にどのような力が身に付いたかを文章で記述する。
 観点については,高等学校学習指導要領第1章第4款の2に示された総合的な学習の時間のねらいなどを踏まえ,各学校において具体的に定めた目標,内容に基づき定める。

3 特別活動の記録

 特別活動における生徒の活動の状況について,主な事実及び所見を記入する。その際,所見については,生徒の長所を取り上げることが基本となるよう留意する。

4 総合所見及び指導上参考となる諸事項

 生徒の成長の状況を総合的にとらえるため,以下のような事項などを記入する。

  1. 各教科・科目や総合的な学習の時間の学習に関する所見
  2. 行動に関する所見
  3. 進路指導に関する事項
  4. 取得資格
  5. 生徒が就職している場合の事業所
  6. 生徒の特徴・特技,部活動,学校内外におけるボランティア活動,表彰を受けた行為や活動,標準検査に関する記録など指導上参考となる諸事項
  7. 生徒の成長の状況にかかわる総合的な所見

 記入に際しては,生徒の優れている点や長所,進歩の状況などを取り上げることが基本となるよう留意することが望まれる。ただし,生徒の努力を要する点などについても,その後の指導において特に配慮を要するものがあれば記入する。

5 出欠の記録

 以下の事項を記入する。

(1)授業日数

 生徒の属する学科及び学年について授業を実施した年間の総日数を記入する。ただし,転学又は退学をした生徒については,転学のため学校を去った日又は退学をした日までの授業日数を記入し,転入学又は編入学をした生徒については,転入学又は編入学をした日以後の授業日数を記入する。
 なお,単位制による課程の場合においては,授業日数については,当該生徒の履修計画にしたがって出校すべき年度間の総日数を記入する。

(2)出席停止・忌引等の日数

 以下のような日数を含めて記入する。

ア 学校教育法第11条による懲戒のうち停学の日数及び学校保健法第12条に よる出席停止の日数並びに感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関す る法律第19条,第20条,第26条及び第46条による入院の場合の日数
イ 学校保健法第13条により,臨時に学年の中の一部の休業を行った場合の日 数
ウ 忌引日数
エ 非常変災等生徒若しくは保護者の責任に帰すことのできない事由で欠席した 場合などで,校長が出席しなくてもよいと認めた日数
オ その他教育上特に必要な場合で,校長が出席しなくてもよいと認めた日数

(3)留学中の授業日数

 校長が許可した留学期間における我が国の在籍校の授業日数を記入する。

(4)出席しなければならない日数

 授業日数から出席停止・忌引等の日数及び留学中の授業日数を差し引いた日数を記入する。

(5)欠席日数

 出席しなければならない日数のうち病気又はその他の事故で生徒が欠席した日数を記入する。

(6)出席日数

 出席しなければならない日数から欠席日数を差し引いた日数を記入する。
 なお,学校の教育活動の一環として,生徒が運動や文化などにかかわる行事等に参加した場合には,出席扱いとすることができる。

(7)その他

 出欠に関する特記事項,転入学した生徒についての前に在学していた学校における出欠の概要等を記入する。

6 出校の記録

 通信制の課程においては,以下の事項を記入する。

(1)出校日数

 実際に生徒が出校した年度間の総日数を記入する。この日数には,生徒が面接指導等のために,協力校,その他学校が定めた場所に出校した日数を含むものとする。ただし,転学又は退学をした生徒については,転学のため学校を去った日又は退学をした日までの出校日数を記入し,転入学又は編入学をした生徒については,転入学又は編入学をした日からその年度の終わりまでの出校日数を記入する。

(2)その他

 出校の状況に関する特記事項のほか,ラジオ・テレビ放送の利用により,各教科・科目又は特別活動についての面接指導時間数の一部が免除された結果として出校する必要のなくなった日数,転入学した生徒について,前に在学していた学校における出欠の概要等を記入する。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

Adobe Readerのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、まずダウンロードして、インストールしてください。

-- 登録:平成22年01月 --