ここからサイトの主なメニューです

学校施設における電気工作物の取扱いについて(依頼)

事務連絡

平成26年12月1日
各国公私立大学施設担当課
各国公私立高等専門学校施設担当課
各都道府県教育委員会施設担当課           御中
各都道府県私立学校施設担当課
独立行政法人国立高等専門学校機構施設担当課
文部科学省大臣官房文教施設企画部施設企画課

学校施設における電気工作物の取扱いについて(依頼)

 去る9月28日、岡山県岡山市内の小学校において、同校構内の関連施設に登った同校の児童が、当該施設に設置されていた電線に接触し、感電負傷する事故が発生しました(別添参照)。
 本事案は、電線接続部に係る端末処理が不適切であり、通電している当該部分が露出していたことが原因である可能性が高いと考えられます。
 電気事業法では、電気工作物の設置者においては、電気事業法に基づく電気工作物を、同法に基づく「電気設備に関する技術基準を定める省令」で定める技術基準に適合するように維持することが規定されており、学校設置者は、感電のおそれがないように保安管理する必要があります。
 ついては、各学校設置者におかれては、電気事業法令に基づき、本件同様の不適切な接続部がないかどうかの確認を行い※1、適切な保安管理業務を講じるようお願いします。
 なお、別添の通り経済産業省商務流通保安グループ電力安全課より依頼がありましたので、参考に送付します。
 このことについて、各都道府県教育委員会施設担当課にあっては、域内の各市町村教育委員会に対して、各都道府県私立学校施設担当課にあっては、所轄の私立学校等に対して周知するようお願いします。

※1学校設置者において、電気事業法第43 条及び電気事業法施行規則に基づき、保安管理業務の委託契約を結んでいる場合は電気管理技術者又は保安法人が、電気主任技術者を選定している場合は当該電気主任技術者が行う。

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設企画課環境施設企画係

電話番号:03-5253-4111(内線2288)

(大臣官房文教施設企画部施設企画課)

-- 登録:平成31年01月 --