ここからサイトの主なメニューです

学位の種類及び分野の変更等に関する基準の一部を改正する件(平成29年文部科学省告示第111号)

文部科学省告示第百十一号


学校教育法(昭和二十二年法律第二十六号)第四条第五項及び学校教育法施行令(昭和二十八年政令第三百四十号)第二十三条の二第二項の規定に基づき、学位の種類及び分野の変更等に関する基準(平成十五年文部科学省告示第三十九号)を次のように改正する。


 平成二十九年九月八日

文部科学大臣 林  芳正            


別表第一学士、修士及び博士の項の次に次のように加える。

学士(専門職)

文学関係、教育学・保育学関係、法学関係、経済学関係、社会学・社会福祉学関係、理学関係、工学関係、農学関係、薬学関係、家政関係、美術関係、音楽関係、体育関係、保健衛生学関係(看護学関係)、保健衛生学関係(リハビリテーション関係)、保健衛生学関係(看護学関係及びリハビリテーション関係を除く。)


同表短期大学士の項の次に次のように加える。

短期大学士(専門職)

文学関係、教育学・保育学関係、法学関係、経済学関係、社会学・社会福祉学関係、理学関係、工学関係、農学関係、家政関係、美術関係、音楽関係、体育関係、保健衛生学関係(看護学関係)、保健衛生学関係(リハビリテーション関係)、保健衛生学関係(看護学関係及びリハビリテーション関係を除く。)


 附則
この告示は、平成三十一年四月一日から施行する。


参考

お問合せ先

高等教育局高等教育企画課新たな高等教育機関プロジェクトチーム

-- 登録:平成29年09月 --