ここからサイトの主なメニューです

中学校保健体育における武道指導の充実について(依頼)

23ス参体第2号
平成23年4月7日
附属学校を置く各国立大学法人担当課長
各都道府県・指定都市教育委員会学校体育主管課長 殿
各都道府県私立学校主管課長
文部科学省スポーツ・青少年局
体育参事官 長登   健

中学校保健体育における武道指導の充実について(依頼) 

 文部科学省では、平成20年3月に中学校学習指導要領の改訂を行い、平成24年度から全面実施されることとなっており、新たに必修となる武道を安全かつ円滑に実施するため、指導者、施設及び用具等の条件整備を進めています。
 特に、指導者については、その養成・確保が重要となっており、教員に対する研修の充実や、授業において外部指導者を活用することなどが有効であると考えております。その一つとして、武道の専門的な指導が可能な元警察官の方に、教員に対する実技研修会の講師や、授業における外部指導者として御協力いただく場合が考えられるところです。
 このため、文部科学省においては、平成23年3月28日付けで警察庁に対して別紙のとおり、中学校における武道の指導の充実を図るため、各都道府県教育委員会又は各市区町村教育委員会から、各都道府県警察等に対して、武道の外部指導者の紹介について依頼があった場合には、退職警察官等の協力について配慮いただけるよう、関係機関に対し周知を依頼し、警察庁から平成23年4月6日付けで都道府県の警察をはじめ関係機関に対して周知した旨の連絡があったところです。
 つきましては、各学校の設置者におかれては、武道の指導に関して、警察関係機関等とも連携しながら、充実を図るとともに、安全面に関しては、既に発出している平成22年7月14日付け22ス企体第7号の通知等を参考にして、設置する当該学校に対して、周知し、引き続き、適切に対応いただきますようお願いします。
 また、これらのことについて、都道府県教育委員会及び都道府県私立学校主管課におかれては、域内の市区町村教育委員会、所管の学校に対しても周知されるよう併せてお願いします。

お問合せ先

スポーツ・青少年局参事官(体育・青少年スポーツ担当)

(スポーツ・青少年局参事官(体育・青少年スポーツ担当))

-- 登録:平成24年01月 --