ここからサイトの主なメニューです

小学校児童指導要録,中学校生徒指導要録,高等学校生徒指導要録,中等教育学校生徒指導要録並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の小学部児童指導要録,中学部生徒指導要録及び高等部生徒指導要録の改善等について(通知)

13文科初第193号

平成13年4月27日

附属学校を置く各国立大学長殿
各都道府県教育委員会殿
各市町村教育委員会殿
各都道府県知事殿
国立久里浜養護学校長殿


文部科学省初等中等教育局長
矢野重典

 小学校,中学校,高等学校並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校小学部・中学部・高等部の指導要録については,様式等を決定する各学校の設置者等の参考に供するよう,従来から,小学校,中学校,高等学校並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校小学部・中学部・高等部の学習指導要領の改訂に合わせて様式の参考案を作成し,改善に努めてきました。
 このたび,教育課程審議会答申「児童生徒の学習と教育課程の実施状況の評価の在り方について」(平成12年12月4日)(以下「答申」という。)を受け,各学校における指導要録の作成の参考となるよう,小学校児童指導要録については別紙第1のとおり,中学校生徒指導要録については別紙第2のとおり,高等学校生徒指導要録については別紙第3のとおり,盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の小学部児童指導要録,中学部生徒指導要録及び高等部生徒指導要録については別紙第4のとおり,それぞれの指導要録に記載する事項等をとりまとめました。
 また,中等教育学校の指導要録に記載する事項等については,前期課程は別紙第2に,後期課程は別紙第3にそれぞれ準じることとしました。
 ついては,下記並びに別紙第1,別紙第2,別紙第3及び別紙第4を十分御了知の上,指導要録の様式等を適切に定めるとともに,各学校において適切に指導要録が作成されるようお取り計らい願います。
 さらに,幼稚園(盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の幼稚部を含む。)と小学校(盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の小学部を含む。)との緊密な連携を図る観点から,幼稚園並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の幼稚部においてもこの通知の趣旨の理解が図られるようお願いします。
 「答申」にもあるように,学力については,知識の量のみでとらえるのではなく,学習指導要領に示す基礎的・基本的な内容を確実に身に付けることはもとより,それにとどまることなく,自ら学び自ら考える力などの「生きる力」がはぐくまれているかどうかによってとらえる必要があります。これからの児童生徒の学習状況の評価に当たっては,このことを適切に評価できるよう,工夫することが必要となります。
 また,指導要録は,1年間の学習指導の過程や成果などを要約して記録するものであり,その記録を確かなものにするためには,そこに至るまでの継続的な評価の充実が重要です。このため,これからの評価においては,各学校において,観点別学習状況の評価を基本とした現行の評価方法を発展させ,学習指導要領に示す目標に照らしてその実現状況を見る評価が一層重視されるとともに,児童生徒一人一人のよい点や可能性,進歩の状況などを評価するため,個人内評価が工夫されるようお願いします。それとともに,各学校において,指導と評価の一体化,評価方法の工夫改善,学校全体としての評価の取組が進められるとともに,学習の評価の内容について,日常的に児童生徒や保護者に十分説明し,共通理解が図られるようお願いします。
 さらに,国立教育政策研究所教育課程研究センター等において研究開発される評価規準等も参考にしながら,都道府県や市町村の教育センター・教育研究所等や,教員養成大学・学部等の教育研究機関においても,評価規準や評価方法等の研究開発を行い,各学校における評価の客観性・信頼性を高めるようお願いします。
 また,附属学校を置く各国立大学長,各都道府県教育委員会及び各市町村教育委員会におかれては,指導要録の改善の趣旨を踏まえ,高等学校等の入学者選抜のための資料である調査書の記載内容及び取扱い等について検討を進めるようお願いします。
 なお,各都道府県知事におかれては,所轄の学校及び学校法人等に対し,このことを十分周知されるようお願いします。
 平成3年3月20日付け文初小第124号「小学校児童指導要録,中学校生徒指導要録並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の小学部児童指導要録及び中学部生徒指導要録の改訂について」の通知は平成14年3月31日をもって,平成5年7月29日付け文初高第162号「高等学校生徒指導要録並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の高等部生徒指導要録の様式例等の改訂について」の通知は平成15年3月31日をもって,それぞれ廃止します。

 この通知は,小学校学習指導要領(平成10年文部省告示第175号),中学校学習指導要領(平成10年文部省告示第176号),高等学校学習指導要領(平成11年文部省告示第58号),盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校小学部・中学部学習指導要領(平成11年文部省告示第61号)並びに盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校高等部学習指導要領(平成11年文部省告示第62号)の下での指導要録に記載する事項等を示すものである。

1 各学校に共通する事項について

 指導要録は,児童生徒の学籍並びに指導の過程及び結果の要約を記録し,その後の指導及び外部に対する証明等に役立たせるための原簿となるものであるが,今回の改善においては,中央教育審議会答申「今後の地方教育行政の在り方について」(平成10年9月21日)の趣旨等を踏まえ,各設置者等において,地域に根ざした主体的かつ積極的な教育の展開の観点から様式等が定められるよう,「指導要録に記載する事項等」を示し,簡素化を図るとともに,「参考様式」を添付する。

2 小・中学校の指導要録について

(1)各教科の評定について,学習指導要領に示す基礎的・基本的な内容の確実な習得を図るなどの観点から,学習指導要領に示す目標に照らしてその実現状況を評価することに改める。
(2)「総合的な学習の時間」について,各学校で評価の観点を定めて,評価を文章記述する欄を新たに設ける。
(3)「生きる力」の育成を目指し,豊かな人間性を育てることが重要であることを踏まえ,「行動の記録」の項目を見直す。
(4)「生きる力」は全人的な力であることを踏まえ,児童生徒の成長の状況を総合的にとらえる工夫ができるようにする趣旨から,所見欄等を統合する。

3 高等学校の指導要録について

 各教科・科目の評定については,「関心・意欲・態度」「思考・判断」「技能・表現」「知識・理解」の四つの観点による評価を十分踏まえるとともに,「総合的な学習の時間」について,評価を文章記述する欄を新たに設ける。

4 盲学校,聾(ろう)学校及び養護学校の指導要録について

 児童生徒の障害の状態等に応じた指導の目標の実現状況の評価や個人内評価を重視することとし,「自立活動」の欄の設定,個別の指導計画を踏まえた評価の推進,教育課程や学習指導の状況及び障害の重度・重複化や多様化等に応じた適切な記録の充実などの改善を図る。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課

-- 登録:平成21年以前 --