ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  付属資料
2.  科学技術基本計画(平成13年3月30日閣議決定)
第1章  基本理念
3.  科学技術政策の総合性と戦略性


 以上のような考え方に基づいて,目指すべき国の姿の実現を図るに当たり,我が国の科学技術政策には,広い視野と戦略的な取組みが必須であり,次のような視点から政策運営を行うこととする。

{1} 人間生活を支え,産業競争力の基盤となる新しい科学技術を一層発展させる必要がある。同時に,科学技術を総合的,俯瞰的に展望し,21世紀の人間社会のあり方を見据えつつ,人間社会や自然環境との調和を図っていくことが必要である。21世紀の初頭に当たり,新たに発足した総合科学技術会議において,自然科学と人文・社会科学を総合した科学技術を対象として,議論が行われることは大きな意義をもつ。
{2} 科学技術は尽きることのない知的資源であり,その振興は,未来への先行投資といえる。まず,基礎研究への継続的な投資は,知を基盤とする国の実現の基本であり,適切な評価を通して,一層推進していく必要がある。同時に,質の高い基礎研究や重点分野の研究の成果が社会や産業活動に速やかに還元され,それが次の投資につながりさらに大きな成果を育んでいくというダイナミックな循環システムを戦略的に構築する必要がある。
{3} 高度な科学技術に支えられ複雑化した現代社会では,科学技術の不適切な利用や管理により,人間の生命・身体の安全を脅かすなどの科学技術の負の側面が現れる状況が増している。こうした科学技術の両面性を踏まえて,「社会のための,社会の中の科学技術」という観点に立つことが必要である。そうした認識の下に,科学技術と社会とのコミュニケーションを確立するとともに,科学技術に携わる者は,社会と人類に対する責任を自覚し,高い倫理観をもたなければならない。
{4} 21世紀に期待される社会,産業活動,人類と自然との共生にとって必要となる知の革新のために,総合科学技術会議は,総合的,戦略的な政策を作成し,政策推進の司令塔とならねばならない。そのための戦略として,重要分野への計画的投資,研究開発のための基盤整備,厳正な評価とそれに基づく資源の効果的・効率的配分の考え方を示すとともに,その実行に当たり使命を果たす。また,科学技術の負の側面への配慮と対応を重視する。

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ