ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第3部   科学技術の振興に関して講じた施策
第2章  科学技術の重点化戦略
第2節  国家的・社会的課題に対応した研究開発の重点化
[2]  情報通信分野


 情報通信分野における研究開発の進展は,情報通信産業やハイテク産業など知識集約的な産業の創出・拡大や,ものづくり技術の新たな展開など既存産業の革新のために重要である。また,産業のみならず日常生活までの幅広い社会経済活動に大きな変革をもたらすもので,国民が安心して安全な生活を送るための重要な基盤となりつつある。


(1) 基本的推進方策等

 コンピュータとネットワークを中心とした情報通信技術は,現代社会を形成する主要な知的・創造的基盤であるとともに,個人の生活から社会システム,科学技術の在り方に至るまでの社会全体に大きな変革を起こす原動力となるものである。

 このような情報通信分野は,第2期科学技術基本計画において特に重点を置き,優先的に研究開発資源を配分すべき分野とされている。具体的には,

○ネットワーク上であらゆる活動をストレスなく時間と場所を問わず安全に行うことのできるネットワーク高度化技術
○社会で流通する膨大な情報を高速に分析・処理し,蓄積し,検索できる高度コンピューティング技術
○利用者が複雑な操作やストレスを感じることなく,だれもが情報通信社会の恩恵を受けることができるヒューマンインターフェース技術
○上記を支える共通基盤となるデバイス技術,ソフトウェア技術

等の推進に重点を置くこととされている。

 また,基本計画を踏まえ総合科学技術会議では,平成13年9月には,知の創造と活用による世界への貢献,国際競争力と持続的展開,安心・安全で快適な生活のできる国の実現に貢献すべく「情報通信分野推進戦略」を策定し,今後5年間にわたる当該分野の現状,重点領域,当該領域における研究開発の目標及び推進方策を明確化している。本推進戦略においては,国際競争力強化等の観点から,{1}ネットワークがすみずみまで行き渡った社会に向けた研究開発領域,{2}次世代のブレークスルーをもたらし将来の新しい産業の種となる領域,{3}研究開発分野の広範な基盤技術(研究開発の情報化)等,{4}人材育成・確保が重点領域として示された。

 これらを踏まえ,文部科学省では,科学技術・学術審議会研究計画・評価分科会において,平成14年6月に「情報科学技術に関する研究開発の推進方策について」を取りまとめた。本推進方策においては,新しい時代に即した研究領域の創出,研究スタイルの構築や高度で多様性のある研究者,技術者の養成等に配慮すべきであり,文部科学省として,(ア)基礎基盤的領域の研究ポテンシャルを活用した社会への積極的貢献,(イ)高度な研究を支える情報科学技術を活用した基盤の高度化,高機能化,(ウ)高度で多様性のある研究人材の養成・確保,等の役割を果たすべきとされている。

 さらに,平成13年1月に,高度情報通信ネットワーク社会形成基本法(IT基本法)が施行され,同法に基づき設置された高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部において決定されたIT国家戦略としての「e-Japan戦略」(平成13年1月),「e-Japan戦略」に掲げた具体的な目標を実現していくために政府が迅速かつ重点的に行うべき施策等を定めた「e-Japan重点計画」(平成13年3月),「e-Japan重点計画2002」(平成14年6月)においても,情報通信分野における我が国の技術力を戦略的に強化していくことが必要であることなどについて記述されている。


(2) 主な研究開発課題

(ネットワークがすみずみまで行き渡った社会への対応と世界市場の創造に向けた「高速・高信頼情報通信システム」の構築)

 日本が優位な技術(モバイル,光,デバイス技術等)を核に,産学官の強力な連携の下で世界に先行して,ハード技術とコンテンツ(情報内容)を含むソフト技術を一体とした「高速・高信頼情報通信システム」を構築することにより,研究成果の社会・経済への迅速な還元を目指すことが要請されている。具体的な研究開発課題として,総務省では,テラビット級のトラフィックを安定かつ最適な経路で制御・管理する技術等のテラビット級スーパーネットワークに関する研究開発,超広帯域移動通信伝送技術やソフトウェア無線技術等の第4世代移動通信システム実現のための研究開発,幹線系・アクセス系のネットワークのみならず,インターネットの端から端までのすべての情報伝送処理を光領域で高品質・効率的に行うための超高速フォトニックネットワーク技術に関する研究開発,不正アクセスやサイバーテロの予防及び検知に関する技術,暗号技術,セキュリティ評価・認証技術等のネットワークセキュリティ技術に関する研究開発,文部科学省では,次世代モバイルインターネット端末や超小型大容量ハードディスク,高機能・超低消費電力メモリ等,実用化が期待できる技術等について研究を行う「世界最先端IT国家実現重点研究開発プロジェクト」,経済産業省では,光ルータ用デバイス,波長多重デバイス及びこれらのデバイスを組み合わせた光ノード装置に係る技術を開発する「フォトニックネットワーク技術の開発」,低消費電力でかつ高性能な半導体デバイスを実現する新材料・計測・解析技術を開発する「次世代半導体材料・プロセス基盤技術開発」,近接場光技術等の光学技術を用いた高速・高密度の大容量ストレージ技術に関する「大容量光ストレージ技術の開発」,シリコンに比べ生産性が高く低消費電力である有機材料を活かした素子,トランジスタ,薄型ディスプレイ等の開発を行う「高効率有機デバイスの開発」等に取り組んでいる。

(次世代のブレークスルー,新産業の種となる情報通信技術)

 次世代ヒューマンインターフェース技術,量子工学技術など新しい原理・技術を用いた次世代情報通信技術,宇宙開発(通信),ナノ技術,バイオインフォマティクスなど,融合領域において他分野との連携の下で行う高度な情報通信技術の研究開発を推進することが要請されている。

 具体的な研究開発課題として,総務省では,人の知的活動の支援や,言語などの各種のバリアを克服して世界のあらゆる人々との自由な情報交流を支援する「フレンドリーなコミュニケーション社会の研究」,超高速通信や極めて高い安全性を保証する暗号通信を目指す「量子情報通信技術の研究開発」,次世代インターネットプロトコルであるIPv6に対応した情報家電端末等の実現を目指す「情報家電のIPv6化に関する総合的な研究開発」,文部科学省では,地上インフラと相互補完し,デジタル・デバイド(情報格差)解消にも資する「超高速インターネット社会実現に向けた宇宙インフラの構築(i-space計画)」の推進等に取り組んでいる。

(研究開発基盤技術)

 欧米に比べて遅れている科学技術データベースの整備,研究所・大学を高速ネットワークで結び,遠隔地で共同研究が行えるスーパーコンピュータネットワークや仮想研究所等の技術開発及び整備を行うことが要請されている。

 具体的な研究開発課題として,文部科学省では,スーパーコンピュータネットワーク上でのリアル実験環境の実現等研究開発スタイルを変革し,新たな研究分野(融合研究領域等)の創出を目指す「『eサイエンス』実現プロジェクト」,先端的研究機関を10Gbpsの回線で接続する世界最速の研究ネットワークである「スーパーSINET構想」の推進等に取り組んでいる。

 平成14年度における情報通信分野の主な研究課題は 第3-2-3表 のとおりである。

第3-2-3表 情報通信分野の主な研究課題(平成14年度)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ