ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
第1部   これからの日本に求められる科学技術人材
第1章  科学技術創造立国に向けた科学技術人材の育成・確保
第2節  期待される科学技術人材


 科学技術にかかわる活動は,多くの人々によって担われている。研究者や技術者はもちろんのこと,研究活動を補助する人,研究開発のマネジメントを行う人,研究の成果を経済・社会に活かすための活動をする人,科学技術と一般国民との間の橋渡しをする人など,様々な役割を持った人々が活動している( 第1-1-10図 )。

第1-1-10図 科学技術をとりまく人材の概念図

 そこで本報告では,「科学技術人材」を科学技術を基盤とした仕事を担う人材の総体と定義することとする。これらの科学技術人材の協働による総合力こそが,我が国の科学技術活動の水準,ひいては我が国の国力を支えていくものと考えられる。ただし,上記の定義による科学技術人材の範囲は非常に多岐にわたることから,本報告では,大学や企業において知の創造に中心的な役割を果たしている「研究者」と呼ばれる人材を中心に議論していくこととする。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ